気持ちよく1日の仕事を終えるために

おはようございます。 365日連続投稿にチャレンジ中のふくさちです。 本日は339日目。 昨日、仕事中に参加した社外研修にて 「成功する人はクイックにPDCAサイクルを回している。  振り返り、うまく行っていない時はすぐに新しい一手を打っている。 という話を聞きました。 そのためには、振り返りの仕組みを作ることが大事だと改めて感じました。 テレワークになって依頼、その日の予定タスク(宣言)と終業時に成果報告を仲の良いメンバーにチャットで行っています。 全く強制で

スキ
3
+3

#5-2 インサイドセールスのKPI(設定したKPIの効果測定)

第4章はインサイドセールスの採用について、 第5章は実際にインサイドセールス部隊が立ち上がってからの組織と成功するための条件設定 と内容にある程度大きな区切りがあったので更新の間があっても大丈夫と自分に言い聞かせました。 が、#5-2は第5章の続きなので、早速続けて_ 参考図書 第5章 成約率を高めるインサイドセールスのKPI(再掲)・インサイドセールスは従来の営業活動に比べて分析、改善がしやすく、その成果を最大化することが可能 ・「感覚」やアバウトな、「数値の把握」に

スキ
1

久々の「スポーツ」は楽しかったです

先週末は友達のグループ5人でテニス合宿へ。 実はテニスをやるのは16年ぶり(その当時も4-5回やっただけですが)。元々運動神経が極端に鈍い(ASDあるあるです)ため苦手意識もあり、筋トレ以外の運動は20年近くほぼ皆無でした。 そして土曜日のお昼に久々にラケットを持ってテニスコートへ。いざやってみると下手ぶりは想像以上でした。そもそもサーブでボールをラケットに当てることすらできず、ボールの往復をいつも筆者が止めてしまい、恥ずかしいやら申し訳ないやら。 ラケットに当たった音も、

スキ
5

『知覚動考』

最近、この言葉を知った。初めてこの文字の羅列を見たときは何と読めばいいのかわからなかった。 ちかくどうこう? 違う。ともかくうごこうと読むらしい。この言葉を知ってから、この言葉が好きになった。人生において、大切なことはこの言葉が示してくれていると。 知る⇒覚える⇒動く⇒考える このサイクルをいかに早く回し続けるか。とにかく私たちは行動しなければ何も得ることができない。何かと言い訳をつけては、考えているふりをする。動けない理由をとにかく考えて、結局行動しない。それでは何

スキ
30

032 「PDCAの本質」誰でも無自覚のうちにPDCAを回している

何人かの中小企業経営者から「PDCAなんていらない」と言われたことがある。 「PDCAなんていらない」とする理由 ・当社は走りながら考えるが社風、PDCAなんて悠長なことはしない  ・「まずプランを~」なんて言っている時点で終わっている ・そもそもPDCAは大企業のやり方、中小企業はDDDDだ。 まあ、それなりに納得しそうな理由だよね。 でも、これって正しい考え方なのだろうか。 本当にそうだとしたら、なぜみんな「PDCA!」「PCDA!」って言うのだろう。 それはP

スキ
11
+3

「褒められない」のは悪いことじゃない

自分も他人も、褒めることで成長できると言われているようです。 しかし、中には自分も他人も褒められない人もいると思います。 では、褒められない人は成長できないのでしょうか? 私は違うと思っています。 ということで、今回は「褒めること」について書いてみようと思います。 最後までお付き合いいただけると幸いです。 ーーーーーーーーーー 褒めるという行為は、観察力と発信力に分けることが出来ると思います。 褒めるべきポイントを見つけなければ、そもそも褒めることは出来ません

スキ
46

念願かなって電子書籍出版しました

以前から電子書籍を書いていました。 なかなか進みませんでしたが、書き上げることが出来ました。 本日から三日間の0円キャンペーンを実施しています。 (2冊) お時間ある方は是非読んでみて下さい。(^^♪ こちらです。 ↓ 最初に、【小さな目標を達成しよう!】(目標達成の実用書として) を手掛けたのですが、そのうちにこの書籍を 使った小説でも書いてみようかな? と思い書きました。 お気づきの方も多いと思いますが、 これって 【もし高校野球の女子マネージャーがドラッカ

スキ
8

#92 ピャッと行ってチャッとやる【書評】OODA LOOP

◾️要約ハード面で劣る相手に勝つにはソフト面を強化する。 焦点と方向性(ビジョン)を定め、そこに向けて各人が相互信頼のもと、現場が適切に意思決定し、行動できるようにすべき。 そうした組織文化が醸成されれば自主的にOODAループが回る。 スピード重視で未開の地を耕し続けることが組織の繁栄につながる。 ◾️感想勝利に向けてPDCAよりも素早く、現場で臨機応変に動かないといけない。 世の中の流れは早いから。 しっかりと計画を立て、承認してもらって、その通りに動く。 そしてまたその

スキ
1

仕事のできない人は『報告』も下手

[要旨] 銀行にきちんと融資申込ができない経営者の方は、会社の状況を適切に把握できていないので、事業を改善する活動もできないことになります。自社の状況を報告できる状態にまとめることは、銀行のためではなく、まず、自社のために必要であり、その能力も、経営者の方には欠かせません。 [本文] 書籍編集者の藤吉豊さんが、東洋経済オンラインに、「仕事のできない人は『報告』のコツがわかってない」というタイトルで寄稿をしていました。その中に、「ビジネスの報告で、具体的に話す方法は、(1

スキ
1

【私の働き方】仕事を復習する習慣を持つ

毎日の仕事に追われてしまったり、なんとなく仕事しているとあっという間に一日が過ぎてしまいます。私も油断していると結構してしまいます。そして、そういうときって仕事ではあんまり成長実感がなかったりします。 入社一年目の教科書でも「仕事において復習することは非常に大切である」と書かれており、これは入社年月がどれだけ立ったとしても同じだと思います。 では、今日は一緒にどうやって仕事をしていくのかを一緒に考えてみましょう! Step①:仕事に取り掛かる前に1日の目標と計画を立てる

スキ
16