NHKスペシャル/証言と映像で綴る原爆投下全記録を見て。

2020年08月06日のNHKスペシャルを見た。

題名は、証言と映像で綴る原爆投下全記録。

自らの「正義」のために、投下を決定したアメリカ。降伏を決断できないまま、あの日を迎えてしまった日本。(Twitter、NHKスペシャル公式アカウントより引用)

と言う視点で、番組が展開された。
題名の通り、映像や写真が多く映し出された。

個人的に特に印象に残ったのは、原爆投下後の広島長崎のカラー化写

もっとみる
わたしもスキっ!!❤️
1

決戦! 長篠の戦い その30

前回に引き続き、織田信長についてみていきたい。
信長を語る時、世界の情勢を抜きにして語ることはできないだろう。
長篠の戦い(設楽ヶ原の戦い)に勝利できた信長の勝利の要因は何だったのだろうか。
6月末にNHKで2週にわたって放送されたドキュメンタリー『NHKスペシャル 戦国 激動の世界と日本 』。地球規模の視点から戦国日本の驚きに満ちた姿を描いたシリーズ。1周目は天下統一をめざす織田信長と豊臣秀吉が

もっとみる
ありがとう!Thank you!

7/21(火) あれ? 学科間違えたかな?

みなさんこんばんは。69日目になりました。

今日も暑い一日でした。ちょっと所用があって夕方に外出しましたが、その時も暑かったです。熱帯夜っちゅうやつもそろそろかもしれないですね。(クーラーつけてるので関係ないですが、)

さて、今日はいくつか出来事があったので一つずつ書いていきます。

せっかくなので小学生の作文風に書いていきますか。

「今日書きたいことは3個あります。

一つ目は、今日見たテ

もっとみる

楽にはさせん

重症では家族に会えなくて辛いだろうが一瞬で楽にはさせん。じっくりと苦しみを味わうといい。苦しみたくなければせいぜい感染しないように頑張ってみせろ、人間よ。

もっとみる

今日のNHKの21時のは、BGMが、気持ち悪いのだな。チャンネル、変えよう!

気持ちが悪いBGMひくな!

☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

僕たちは結論よりも途中過程を面白がっている。

こんばんは。

今日は、珍しく、土曜日なのにも関わらず、13時~18時まで授業があり、18時半からのバイトになんとかギリギリ間に合うことのできた大学3年生です。

(コロナで大学が始まるのが遅れたつけが回ってきている気がする、、、)

さて、そんな理由で投稿が遅れたのですが、今日は、「僕たちは結論よりも途中過程を面白がっている。」というテーマでお話していこうと思います。

以前にも僕の記事で「結果

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
4

NHKスペシャル、いつもの「気持ちの悪いBGM」と違ったので、HP見たら、川井憲次さん!!!

https://www.nhk.or.jp/special/jintai/

☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

『やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実』を読んでみました😄

知り合いの方が良かったと言っていたので、手に取りました。

NHKスペシャル取材班 著
2015年9月7日 1刷発行

そもそも、腸内フローラって何でしょう。
腸の中にはたくさんの細菌が住み着いていて、人間が食べたものをエサにして、互いに競い合い、助け合いながら生きる“生態系”を作っているらしいです。
その細菌たちの生態系のことを腸内フローラと呼ぶようです。
なんか、わかったようなわからないような

もっとみる
ありがとうございます😄
3

敗戦直後の「地獄」は、物資の隠匿に狂奔したエリートの不正によってもたらされた〔後編〕 貴志謙介『戦後ゼロ年 東京ブラックホール』より

五輪イヤーの実相に迫るノンフィクション『1964 東京ブラックホール』の刊行を記念し、前編に引き続いて、著者・貴志謙介氏の前著『戦後ゼロ年 東京ブラックホール』の第三章「隠匿に狂奔するエリート」を公開します。
 焼野原となった東京では、敗戦の年の国家予算に相当するほどの物資が隠匿され、結果、庶民の生活はひっ迫しました。ヤミ物資の存在を聞きつけ、市民たちは元陸軍倉庫や外務省に押しかけます。彼らを待っ

もっとみる
「スキ」してくださり感謝です♪
7

敗戦直後の「地獄」は、物資の隠匿に狂奔したエリートの不正によってもたらされた〔前編〕 貴志謙介『戦後ゼロ年 東京ブラックホール』より

五輪イヤーの「闇」を描くノンフィクション『1964 東京ブラックホール』の刊行を記念して、著者・貴志謙介氏の前著『戦後ゼロ年 東京ブラックホール』の中でも、大きな話題を集めた第三章「隠匿に狂奔するエリート」を公開します。
 1946年、敗戦の翌年、東京湾で大量の財宝が発見されました。金、銀、プラチナ――、当時の金額で20億ドルに上るとされた財宝は、はたしてどこから来て、どこへ消えたのでしょうか?

もっとみる
今後ももっともっと「スキ」していただける記事をご用意します!
9