元ハリガネロックのユウキロック氏を占ってみた〜牡羊座水星が強い例〜

毎日投稿46日目。今日は、元ハリガネロックのユウキロック氏を占ってみようと思います。

※自分にとって、ブログの記事は占いの取り扱い説明書です。一対一の鑑定であれば太字の文章が占いの結果として伝える部分です。

◆ホロスコープを見てみた

ツカミで滑るのは嫌なので、早速ホロスコープを読みます。

1972年4月16日生まれ、出生時間不明、大阪府池田市生まれです。

太陽牡羊座、月牡牛座ですので、戦

もっとみる
押して頂きありがとうございます🙏
2
世界一高い山はエベレストですが,世界一硬い物質はなに?
3

アッパレライブスポンサー様募集 観覧予約も!

アッパレライブ133
8/21(金) 中野twl
第一部 16時40分開場 17時開演 終演18時
第二部 19時40分開場 20時開演 終演21時

アッパレライブ134
8/22(土) 中野twl
第一部 16時40分開場 17時開演 終演18時
第二部 19時40分開場 20時開演 終演21時

ともに入場料1000円
予約、問い合わせ
hajimefukamachi@yahoo.co.j

もっとみる
ノーフィアー!
2

史上最高のM-1王者がブラックマヨネーズである理由

M-1グランプリの2020が始まっている。
今のご時世なので、異例の大会になることは間違いない。

昨年が神回だったのは周知の通り。
偶然か、必然か、全ての要素がバチっと音を立ててハマり、最高のM-1グランプリを作り上げた。

神回だったこともあるのか、2019年は決勝出場コンビ全組が恩恵を受けたと思われる。

優勝したミルクボーイは言わずもがな
準優勝のかまいたちさんも明らかに売れっ子の仲間入り

もっとみる
ありがとうございます!
2

努力至上主義の現在~量から質へ~

戦後日本の教育現場において、啓蒙されてきた努力至上主義の内実は「量」だった。

しかし、21世紀以後、努力の内実には「量」だけではなく、「質」が加えられたのである。

量だけを追及する旧来の努力至上主義に対しては、「いくら努力しても、どうにもならないことがある」という正論が、カウンターとして、ある程度は有効だったのだが、潮目が変わり始めたのは、イチローが日米通算2000本安打を達成した2004年だ

もっとみる

【8月号】「今しかこんなことないんでね」ーー人気急上昇のすゑひろがりずが自分を見失わないでいられる理由

2019年のM-1グランプリ決勝進出、さぁこれからテレビへ……という矢先にやってきたコロナ禍の中で、すゑひろがりずはYouTubeチャンネルで圧倒的人気を集めてみせた。「∞ホール時代の人気は底辺の底辺」という2人は、半年で激変した状況をどう受け止めているのか。三島が嘆く、南條の意外な変化とは――!?

――∞ホールで発行しているフリーペーパー「月刊芸人SHIBUYA」の表紙と巻頭企画の予定だったの

もっとみる
あざまる水産よいちょまる!
658

2020 M-1・キングオブコントの出場候補はこれだ!

今年もお笑いの賞レースが開催されますね。一時は開催が危ぶまれましたが、予選などが今月から始まりつつあります。

関西では、ABCお笑いクランプリとYTV漫才新人賞が既に開催されて、観客は減らしてはいましたが、普段通りの漫才の形式でみることができ、よかったです。

そこで、かなり気が早いですが、賞レースの出場候補になるのでは?と噂になっているコンビをご紹介します!予習しましょう!!

キングオブコン

もっとみる
もっと言ってくれていいんやで!
22

すごい冷房が効いてる

おはようございます。

週の始まり月曜日、皆さんいかがお過ごしですか。

僕はといえば、それはそれは寝る前にぐずりまして。

働き出したとき、さすがに30近くになると仕事って当たり前に行くもんだと思ってましたけど、この世に当たり前なんてひとつもないです。

-------------------------

今週のprankですが、動画がたくさんでます。

ほぼサラリーマンみたいな動画スケジュー

もっとみる
ありがとう!大量のゲームボーイカラーをあげよう!
9

悪魔の双子“ダイタク”について

お笑いが好きだ。

その中でも一番に推している芸人が、一卵性の双子漫才師“ダイタク”。一部芸人やファンの間では「悪魔の双子」と呼ばれている。

今回はその悪魔の双子について少し。

※先に断っておきます、これから先に書かれていることは芸人さんが最も嫌うであろう「素人が芸人やその芸風についてアレコレ言う」やつです。何らかの理由でこのページに飛んできたダイタクさん始め芸人さん、ダイタクのファンの方及び

もっとみる

【2月号】巻頭インタビュー・ニューヨーク

M-1グランプリ2019で、悲願の決勝初進出を果たしたニューヨーク。結果は残念ながら616点で最下位に沈んだが、年始の2人は決して落ち込んではいなかった。2人が2019年の1年間で得たものとは――。

――少し時間がたってしまいましたが、昨年は初めてM-1グランプリ決勝進出を果たしました。別の媒体で2019年初頭にインタビューさせてもらったとき「このままでいるとフェイドアウトしていくから、今年は自

もっとみる
ハーイ!3時のヒロインよ!
29