韓方茶

薬膳始動

薬膳始動

今日は米沢市で開催している鷹山大学へ行ってきた 今日はまず体験会で先生がいろんな韓方茶 を準備していて、皆さん宝石を見るようにいろいろな綺麗な茶葉をこれ何?これ何?と 先生もワタワタw とても賑やかで素敵な体験会 何より私の薬膳の勉強会への火がついた こんなに知識が豊富な方とお近づきになれるなんて! なんとなく自分も賢くなった気になっちゃうw でも講義を受けられるなんてチャンスだ! 一生懸命予習していこう!!! gwは彼は仕事、親戚は帰ってこれない、 こ

#32 回復するときを言葉にしてみたら、未来の自分へのプレゼントになった

#32 回復するときを言葉にしてみたら、未来の自分へのプレゼントになった

先日「#私の回復じかん」という ハッシュタグを見つけた。 生きる知恵を共有しあえるって 素敵だなあ、 誰かの知恵を教えてもらえるって ありがたいことだなあと 思って読んでいた。 だから、ささやかだけれど 私も書いてみることにした。 回復したなあと感じるのは、 どんなときだろう。 誰かとお喋りした帰り道。 本を読み終えたあと。 一人で、その記憶を味わっている時間。 過去について想いを巡らしたあと、 かもしれない。 場所はどこでもいい、気がする。 帰り道の電車の中

スキ
8
#26 非日常を提供する、とは

#26 非日常を提供する、とは

非日常。 それは、その人の日常によって決まる。 今日の私にとっての非日常は、 空港に行くことだった。 それだけで、とても面白かったのだ。 朝から関空へ。 3年ぶりに飛行機に乗る。 とにかく見るもの全てに テンションがあがっている。 大きく見える飛行機。 チェックイン。 仁川空港に着いたら、 関西弁でアナウンス。 おおきに、って言ってる。 チェジュ航空のおもてなし。 エンターテイメント。 非日常は、意外と身近にある。 でも、実際に体験するまでには 壁があるものなのか

スキ
1
寒い日は、生姜でぽかぽかあたたまる

寒い日は、生姜でぽかぽかあたたまる

今日はさむい。外を歩いていると、12月ころの「いよいよ本格的に冬になるなぁ」というようなあの寒さを思い出す。今は3月だ。先週20度近くになったかと思えば、突然10度を切るような寒さになったりするからかなわない。 母とずっと行きたかったレストランでランチをしたあとに入ったカフェで迷わず頼んだのは、ホットレモンジンジャー。こんなにさむい日には、からだを温めてくれる生姜に限る。生姜のスライスがふんだんに入っていて、ハチミツの甘さの中にほんのり生姜のピリッとした辛味がきいていい。

スキ
2