見出し画像

#26 非日常を提供する、とは

朱珠/Suzu Inamoto

非日常。
それは、その人の日常によって決まる。

今日の私にとっての非日常は、
空港に行くことだった。

それだけで、とても面白かったのだ。

朝から関空へ。
3年ぶりに飛行機に乗る。

とにかく見るもの全てに
テンションがあがっている。
大きく見える飛行機。
チェックイン。

仁川空港に着いたら、
関西弁でアナウンス。
おおきに、って言ってる。
チェジュ航空のおもてなし。
エンターテイメント。

非日常は、意外と身近にある。
でも、実際に体験するまでには
壁があるものなのか。

空港は近くにあるけれど、
どこかに行く予定がなければ
空港に行かないように。

だとしたら、今回は
「韓国に行こう!」と誘ってくれた
先輩の後押しが非日常への入口だった。
その先輩が、韓国を愛していて
行きたい!と思わせてくれたから。

「非日常を提供する」とは、
誰かが日常から一歩外へ踏みだす
ちょっぴり億劫でドキドキすることを
応援したり、手助けしたり、
おもしろいよ!って言ってみたり
すること
なのかもしれない。


photo:
韓国のカフェで飲んだ韓方茶と、韓国のフルーツポンチ「ファチェ」。ベースは、お茶。目にも身体の中にも、美しい時間。この非日常を、日常にしたいなあ。

この記事が参加している募集

夏の思い出

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
朱珠/Suzu Inamoto

サポートいただき、ありがとうございます! 有料noteを読んで、学びにして、また書きたいと思っています。