その問いに、答えは用意されていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジリジリと鳴くセミこの木に今何匹いるか当てよう答えないけど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熱い夏の夜、母と2人で東京タワーまで散歩をした。

ところがひょんなことから口論となり、沈黙が生まれる。

セミの声がうるさく脳に響いてくるようになった。喧嘩さえしていなければ。。

もっとみる

おそらの世界

『きっと、あの雲のあたりじゃないかな』

望んでいなかった中絶手術の翌日、僕らは家から少し歩いたところにある、川沿いの土手を歩いている。

おこちゃんが『無脳症』ということがわかった夜、僕は必死になって無脳症という病気について調べた。

そして調べれば調べた分だけ、『無脳症』というものは絶望的で、救いの無い病気だということを理解するほか無かった。

そんなときに、僕は同じようにお腹の子が無脳症と宣

もっとみる
またワクワクと前に進めます♪ありがとうございました(*´∀`)ノノシ
10

夏の終わり、ふたりで

実習で1か月以上地元に帰るからしばらく離ればなれになる。

院試が終わった日に会おうとなって、いつもの駅まで電車に乗った。

待ち合わせの時間を過ぎてもなかなか来ないからどうしたんだろうと思っていると、右手に何か袋を持った彼がやってきた。

「おなかすいた!」と言うと「すし買った」と袋を見せてくれた。
いつも列ができている人気のお寿司屋さんで、気になっていたお店だった。今日はおすしでーーーす!とみ

もっとみる
嬉しいの極み!
1

都会の雑踏に佇む聖地

今もなお現役の名画座・新文芸坐の想い出。

今更語る必要もない名画座の雄、新文芸坐。あくまで個人的なテイストで言えば、オールナイト等のプログラムも含め、過去の名作から近年の若手監督作品まで、そのバリエーション、視野の広さは日本国内で随一である。日本映画文化を背負う最も大きな礎の一つであると言っても過言では無い。



最初に新文芸坐に向かったのは、タルコフスキーの「ストーカー」上映だった。ご存知

もっとみる

2020年夏のプレイリスト

すっかり秋の気配です。

個人的にはあっという間に過ぎ去った感の
ある2020年夏でした。

毎週火曜20時(日曜朝7時半再放送)から
放送している「The Bookmarcs Radio Marine Café」マリンFM(86.1)で
オン・エアーした今年の夏の想い出達です
(7月8月にかけた曲)。

休日のお供に是非✨

もっとみる

スペイン北部巡礼の道を歩く、「サン•ジャックへの道」(フランス映画)

スペイン北部、巡礼の道

スペイン語では、道は「camino(カミーノ)」ですので、この巡礼の道も「El Camino(エル カミーノ)」と呼ばれることもあります。

この巡礼の道のそもそもの由来は、1000年以上前に遡ります。西暦813年ごろ、イエスの12使途の一人、聖ヤコブの墓がスペイン北部サンティアゴ・デ・コンポステーラという都市で発見されたことにあります。 

これによりピレネー山脈から、

もっとみる
ありがとうございます!ごゆっくりどうぞ!
17

夏の思い出。

なつが く〜れば
おもいだす〜

はるかな おぜ〜
とお〜い そら〜

朝のラジオ配信で、先日歌った童謡『夏の思い出』。
歌詞の中に出てくる知らない言葉を調べて、
へぇそうなんやぁと知る喜びを感じた。

水芭蕉、今まで生きてきて知らなかったよ。
きっとどこかで会って、通り過ぎたこともあっただろうに。

水芭蕉の花のこと、
「つくしんぼみたいなのが真ん中に一本生えてて、そのまわりを大きな白い花びらが

もっとみる
しあわせ!ありがとうございます♡
2

夏の残り香

というわけで、すっかり朝晩は涼しくなってきましたね。

日中もだいぶ暑さが収まってきてます。

そんな中、先日仕事終わりに公園があったので

夜風に当たりがてら、少しだけ寄ってみました。

すると薄暗くなった園内では

悪戯盛りの男の子たちがワイワイはしゃいでいて、

そのお母さんたちは楽しそうに談話していて、

サークル終わりの学生たちが帰りを惜しむように話をしていて、

花火をしだす子たちもい

もっとみる
ありがとうございます!できたらでシェアもお願いしまっす!!
13