耳の不安がほぼ解消した!

こんばんは、yurikoです。
今日は耳鼻科に行ってきました。
数年前に耳鼻科で軽度難聴と診断されていたので、その経過観察のためです。
数年前に通院していた病院は待ち時間が長く、
平日のみで行きにくかったので、
今回新しい病院に変えました。
数年前の診察では、「軽度難聴」。
生活に支障はないけど、投薬しましょうという感じでした。
正直前回の病院は、先生が優しすぎるというか、
「こうやっていこう!」

もっとみる

クラシック音楽ってなに?

こんにちは。Deaf.エリーゼです。

ある聴覚障害者からこんなことを言われました。
「クラシック音楽ってなに?眠くなるイメージしかない」と。

たしかに、実際に楽器を演奏したり、興味があって聞いたりしないと、
イメージが湧かないですね。

そこで今日は、「クラシック音楽とは何ぞや?」をわかりやすく書いてみたいと思います。

聴覚障害者から見たクラシック音楽のイメージとは・・・

・長い
・詳しく

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
6

『聲の形』を金ローでリアタイしようとしたけど序盤の音読シーンでトラウマがフラッシュバックして無意識に涙溢れて過呼吸になった話は、また今度。

『どんな最期を迎えて死ぬんだろう』
5

◆オーディトリーニューロパシー(36):補聴器購入の補助費の申請

・わたくしが購入予定の補聴器は片方168,000円する。両耳だと336,000円(非課税)。パソコン2、3台は買えてしまう。
・身体障害者手帳を持っていると補助金(補装具費)の申請ができる。申請に必要な医学的判定書(意見書)の作成を先日の診察で主治医の先生にお願いした。両耳につけるので両耳購入で申請したい→両耳で申請するとまずはねられる→だめもとでがんばって申請したい、などとやりとりを以前したこと

もっとみる

◆オーディトリーニューロパシー(34):ASSR(聴性定常反応)

・都内の病院でASSRという脳波検査を受けた。ABRの時と同じくベッドに寝て音を聞くだけ。今回は眼はつぶっていても眠らないようにと言われた。頑張っていられたのははじめのうちで途中すっかり眠ってしまった。だいじょうぶですよと言われたが…。
・結果、通常の純音聴力検査(なぜかほぼ正常という結果になってしまう)との乖離が大きかった。これで私の聴力の閾値が推定できて、補聴器の適切な調整に使えると思ったのに

もっとみる

◆オーディトリー・ニューロパシー(33):続めまいの検査

・都内の病院でめまいの検査の続き。今日は新しく導入されたばかりという検査を受けた。部屋に入ったら主治医の先生ほか検査技師の先生など何人も待ち構えていてびびる。
・ちょっときつめのゴーグルをつけて腰掛けて準備完了。壁にはられたシール(注視点)を見つづける。その間に検査者が後ろからわたしの頭を両手で持って「ぶん」と急に回転させる。
・眼球の動きを記録しているので検査の間はずっと目を見開いていないといけ

もっとみる

◆オーディトリー・ニューロパシー(32):マガーク効果も起きない

・大学で担当している教養科目の「心理学」の授業で聴覚の現象も少し取り上げた。そのうちのひとつがマガーク効果。音声だけで聞いた場合と音声+口の動きでは聞こえ方が異なる(下記リンクの動画で実際に聞くことができる)。
・ためしに自分も聞いてみたが、説明のとおりに感じられないことがわかった。音声+口の動きだと比較的安定して/ga/なんだけど、音声だけだと/ga/、/ba/、/da/とまちまちになる。
・し

もっとみる

オーディトリー・ニューロパシー(31):知らないおじさんに怒鳴られる

・夏の暑い季節になると、補聴器がエアコンの動作音とセミの音ばかりとってしまい、補聴器がただの雑音発生器となってしまう。豊かな雑音の間からかいくぐってくる音声をどうにかキャッチしないといけない。
・ドラッグストアのレジ待ちで並んでいたら、後ろで大きな声がするので何かと思ったら、知らないおじさんが自分に向かって何か怒鳴っていた。
・「聞こえないのか」とかなんとか言ってた気がする。気がするっていうのは、

もっとみる

生きやすさと過ごしやすさ

わたしは、最近よく生きやすさ、過ごしやすさについてよく考えることがある。

わたし自身、軽度の難聴のお陰で他の人より不自由で生きにくいな…理解してもらえるとは思ってないけどお願いしながら一緒に進んでいかなきゃいけないという謙虚さが何よりこの病気がある上で大事で。そのことにとても苦しさを感じることがある。

難聴でも過ごしやすい世の中に…と願うことがあるけれど、難聴でも生きやすい、過ごしやすいって全

もっとみる

【聴覚支援学校の榊原 宏章 #03】一側聾なら、「いっそ苦労」しよう。

こんにちは。小野寺です。

このnoteは片耳が聞こえない15才、
中学三年生の君へ贈るメッセージです。

聴覚支援学校の榊原宏章先生の
続きをどうぞ!(前回はコチラ)

■片耳が聞こえない十五の君へ

――― 最後に、片耳難聴で悩んでいる中学生に向けたメッセージをお願いします。

同じ学校のクラスメイトに、
片耳難聴が自分一人だけだとしたら、

「なんで自分だけ」って思いますよね。

聴こえにく

もっとみる
嬉しい!シェア歓迎です!
6