重粒子線

さわらぬ神に祟りなしの科学!光速の式Ç=30万kmから、光の1秒の長さが、30万km四…

光は、線とも考えら、粒とも考えられえると言えるのであるが、。そこから、抜け出した、抵抗帯びて遅く成った気がゆるりゆらりと、陽気を放ち、やがて、鮮やかに、煌めいて、煌めかされて、ミラクルくるリされる事で、光は、光として映るのであるが、。物質は、この抵抗値(闇の孤独の身である為光を招…

予期せぬ出来事─私の闘癌記─|作家・石原慎太郎 特別寄稿

作家で元東京都知事の石原慎太郎氏(87)が、“難治がん”のすい臓がんから奇跡の生還を果たしていた。そんな石原氏が、『文藝春秋』に闘病の様子などを綴った手記を寄せた。これは、地獄の底から予期せず這い上がった男の国への最後の建言である──。/文・石原慎太郎(作家) 石原氏 芥川賞で有名…

☆おっさん骨肉腫(肺転移)闘病記 〜その16〜

さて、私は外科手術をああだこうだと保留にして半年ほど、何をしていたでしょうか。 まず挙げられるのは重粒子線療法です。以前経験していますから、副作用は含まず治療の楽さはよく知っています。ですが、以前入院した時は、「また再発などあったら言ってください、料金も今回の分でもう一度払わなく…

セカンドオピニオンの重要性について

勇気をもって意思表示。セカンドオピニオンの積極的活用を! セカンドオピニオンは医師を変えることと誤解している人がいますが、患者さんにとって最善となる治療を患者さんと主治医で決めるために別の医師の意見を聞くことが趣旨です。 ※セカンドオピニオンを聞いて、その結果別の医師の治療を受け…