日曜日+α

何故か物凄く誰かに肯定してもらいたくて私のほうを向いてほしくて見てほしくてそんな気持ちがすごくて頭がゴチャゴチャになってる。それを冷静にこうやって文章にしてる自分、普通にお菓子食べながら家族と話してる自分、でも全部の自分に共通してるのが、切りたい切りたい切りたい切りたい切りたい切りたい切りたい切りたい切りたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死

もっとみる

2020年9月27日 日曜日

今日は11時半には起きれた。けど昨日やってない分の洗い物とか洗濯物が待ってると思うとベッドから出れない。あと風呂にも入らなきゃいけない。 風呂には入りたかったから何とか身体を起こした。
日曜日はママがいるからいつもしなきゃいけないのプレッシャーで常にお腹が痛くて心臓がもう本当に爆発するんじゃないかってくらいバクバクいってて1週間の中で土日が死ぬほど苦手な曜日になってた。

もっとみる

読まれなかった遺書

ついにこの日がきてしまいました。
いろいろなことを考えてきたけれど、やっぱり無理みたいです。
もう耐えられない。

自分がこの世界にいることが嫌でしかたがなくて。

僕はずっと、変わらない物が欲しかった。
自分を含め、人、世界、気持ち。全て変わってしまう。すぐに。

今の僕は自分も人も現実も信じられない。
だんだん汚れていくから。
ずるくて、ひきょうで、人を信じることも出来なくて。
この世界も同じ

もっとみる

生きるも死ぬも自由だ

書いてる途中で女優さんの訃報が入ってきたので、ちょっと寝かせてみるだけみる。
書いてることは変わらないけど、その方を思いながら書いたわけじゃないので。

そんなに死にたいわけでもそんなに生きたいわけでもないなと、物心ついた時から思っていた。
1番最初に遺書を書いてみたのは5歳の時なので、当時既に自分が選べる選択肢のなかに死はあったんだなと思う。

芸能人や著名人が死ぬとさ、言うよね。
そんなに美し

もっとみる

2020年9月26日 土曜日

また夜中にこんなに死にたいなら死ねる今なら死ねるの感情と早く寝ないと早く寝ないとと感情で頭バグってた。朝起きれなかったらどうしようとか起きれないなら死にたいとかわけのわからんことばっか考えてた。死にたくなるとすぐ、○○できないなら死にたい死ぬしか方法がない!って思うしその思考しかできない。

予定があると起きなきゃ起きなきゃって意識して何回も目が覚めて全く寝た気しないけどちゃんと9時15分に起きれ

もっとみる

2020/09/26【2週間ぶりの誓い】

最近現実を生きすぎてしまって幻想をさぼってしまった。びっくりするほど本を読んでいなくて、空想に浸るより物質世界に染まっていて、全ての物事の正確な方程式を眺めて、幻想を逃避する現実逃避的な日々でした。
ただこれだけが正しいとされる道筋なんてないけど一つの正解があるように、朝から晩まで受信した電波に踊らされて、気がつけば10月が始まります。
現実に足を乗せている毎日の中で、茶色くて苦い液体で口にな

もっとみる
生きる希望をありがとう。
1

2020年9月25日 金曜日

全く寝れなくてスマホいじりながら朝の7時まで起きてた。青空文庫の小説をずっと読んでた。江戸川乱歩の「人間椅子」と小酒井不木の「変な恋」と宮沢賢治の「注文の多い料理店」 は読了した。 途中までなのが夢野久作「ドグラ・マグラ」江戸川乱歩「影男」小泉八雲「耳無し芳一」フランツ・カフカ「変身」 ドグラ・マグラは昔読んだけど内容を何となくしか覚えてないから読み直してる。というかカフカは文庫本を持ってるからそ

もっとみる

2020年9月24日 木曜日

1つめのやつが1日目じゃなくてこれが1日目の日記なのでは?って思った。

今日はリスカも納得いく深さまで切れなかったし数もちょっとだけでリスカも満足にできないからこれは家事も全くできないなでも洗い物だけでもしておこうあとは怠惰すると思いながらも洗い物した後掃除機もかけたし玄関の整理もした。言うて玄関に出てる靴4足を揃えて片しただけですが。でもこんなこと家にいるんだからやるの当たり前だしなんなら他の

もっとみる