連結会計

20210815

20210815

朝から簿記2級の勉強しとるけど 連結精算表で思考回路停止中笑笑 解説見ながら仕分け書いてるけど 解説の最初にタイムテーブルが書いてあって え?何それ?の状態で数時間😅 仕分け書き写したけど、タイムテーブルが1番わからん😅 これを精算表に転記するのは今から🤣 これだけで午前中済んでしまった。 またふくしままさゆき先生の動画見よ。

"のれん"

"のれん"

のれんと聞くとお店の入り口にかかっている布を思い浮かべる人が多いと思います。 しかし、この記事ではその" のれん "ではなく、会計におけるのれんについて書きたいと思います。 会計におけるのれんとは のれん とは、企業の買収・合併の際に発生する、「買収された企業の時価評価純資産」と「買収価額」との差額のことである。     ( ウィキペディアより ) 簿記や会計について勉強したことが無い人は、全く意味が分からないと思います。 私も初めて簿記で、のれんという言葉が出てき

スキ
13
①タイの税務 源泉税、法人税に関する記事まとめ

①タイの税務 源泉税、法人税に関する記事まとめ

スキ
1
収益認識基準注記「収益の分解情報」のポイント解説

収益認識基準注記「収益の分解情報」のポイント解説

当コラムでは連結決算・開示実務に関する主要な論点について、解説していきます。 はじめに 2021年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首より、企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」及び企業会計基準適用指針第30号「収益認識に関する会計基準の適用指針」が本適用されます。  そこで、今回は収益認識基準適用後の最初の四半期から必要になる注記「収益の分解情報」について解説します。基準等を読むと決まった開示の型があるわけではなく、開示する会社に判断がゆだね

スキ
12
【導入事例】KDDI株式会社

【導入事例】KDDI株式会社

DivaSystem Dx3-Advanceにより海外子会社データの可視化を実現 KDDI株式会社は、au・UQ mobileブランドによるモバイル通信サービスはもちろん、ブロードバンドインターネットサービスやICTソリューションを国内はもとより世界に向けて提供し、世界62都市、100以上の海外拠点を展開されています。 世界各地で順調に拠点数を拡大する中、KDDI株式会社にとって長年の課題となっていたのが各子会社(特に海外子会社)に対してのガバナンス体制の強化でした。この

スキ
4
DXを視野に入れた海外拠点管理のポイント Vol.2

DXを視野に入れた海外拠点管理のポイント Vol.2

本コラムは、2020年10月1日発売の「旬刊経理情報(中央経済社刊)」に寄稿した記事を3回に分けて転載しています。(過去分はこちら Vol.1) 4つの事例にみる 海外拠点管理の対応のポイント 【この章のエッセンス】 ●エクセル中心だった海外統括拠点のサブ連結をシステム化することで、これまでできなかった柔軟な運用とガバナンス強化を両立できる。 ●リモート化とそれに伴うガバナンス強化をどのように両立していくか、また対応においては親会社と海外統括拠点の関係性の考慮が重要となる

スキ
1
【導入事例】三菱地所株式会社

【導入事例】三菱地所株式会社

グループ全体のガバナンス向上につながった 海外地域統括拠点管理を実現 三菱地所株式会社は、国内屈指の不動産ディベロッパーとして三菱グループの中核を担い、オフィスビルのプロパティマネジメントを手がける三菱地所プロパティマネジメント株式会社や、住宅事業を手掛ける三菱地所レジデンス株式会社など、国内に多くの連結子会社を持つ一方、海外にも複数の連結子会社を有し、グローバルにビジネスを展開しています。 海外拠点の事業規模の拡大により、Excelによる決算処理が難しくなっていたことや

スキ
1
DXを視野に入れた海外拠点管理のポイント Vol.1

DXを視野に入れた海外拠点管理のポイント Vol.1

本コラムは、2020年10月1日発売の「旬刊経理情報(中央経済社刊)」に寄稿した記事を3回に分けて転載しています。 DXを視野に入れた海外拠点管理のポイント (1)経済活動の停滞  いうまでもなく、緊急事態宣言や各国の国境の閉鎖により、これまでの経済活動の延長線上では立ち行かない状況となっている。 現在は経済活動再開により多少回復傾向にあるが、観光・宿泊、外食、自動車業界を始め多くの企業にネガティブなインパクトが出ており、複数のポートフォリオを組むことが一般的となった現行

スキ
2
【導入事例】SHIMADZU (ASIA PACIFIC) PTE LTD.

【導入事例】SHIMADZU (ASIA PACIFIC) PTE LTD.

四半期決算業務を8日短縮、さらに経営管理高度化を実現 SHIMADZU (ASIA PACIFIC) PTE LTD.は株式会社島津製作所のアジア統括会社として1989年に設立され、製品販売およびマーケティング、アプリケーション開発、技術サポートを提供しています。 これまで親会社の株式会社島津製作所では、グループ本社の連結決算業務においてDivaSystem LCAを利用していましたが、2017年より地域統括会社のSHIMADZU (ASIA PACIFIC) PTE L

スキ
1
【導入事例】ヤマトマネージメントサービス株式会社

【導入事例】ヤマトマネージメントサービス株式会社

システム活用を伴走支援する「プレミアムサポート」により 財務会計部全体の意識変革に取り組む 「宅急便」のヤマト運輸を中心としたヤマトグループのシェアードサービス会社として2004年に設立されたヤマトマネージメントサービス株式会社。グループの間接部門として人事・会計業務を担い、グループ全体の業務効率化に貢献されています。 10年以上前にDivaSystem LCAを導入され、子会社39社、持分法適用会社19社を数えるグループの連結決算業務にご活用いただいています。この度、デ

スキ
1