起業家精神

起業家スピリッツ!各国で違う起業に向けての考え方

起業に対する温度感の差にびっくり! 「経営者の友人から、韓国の人は起業家精神が旺盛で、ずっと会社員で働こうと思っている人は少ないんだよね。」と聞いたことがあります。 どのくらい差があるのかなと思い、調べてみたら驚く差が! 参考https://www.meti.go.jp/policy/newbusiness/houkokusyo/H3

本日も《スカイプレッスン|Frankと学ぶ実践ビジネス英語(超上級)》を受講いただき、ありがとうございました。今日は起業家精神・海外投資の話題で盛り上がりました b^^)――:http://frankyoshida.com/experts-at-practicalenglish/?p=25822

第12回「生きる力」を育てる早期起業家教育

過去2回でアメリカやフィンランドにおける早期起業家教育の話をした。 歴史やそれぞれの背景によって早期起業家教育の導入の目的や手法は様々だ。 今日は、中東の国、サウジアラビアの早期起業家教育の話をしたい。 まずは出会いの話から。 初めて、サウジアラビアを訪れたのは、2001年のアメリカ・…

第11回 フィンランドが「輸出」した早期起業家教育

第10回でアメリカの早期起業家教育について触れたが、今日はフィンランドの起業家教育について触れてみたい。 PISA(OECDが行う15歳の共通テスト)でフィンランドがトップクラスになってからフィンランドの教育には大きな注目が集まり多くの報告書や論文などを目にするようになった。 私がフィンラ…

挑戦は覚悟が試される。君は本当に覚悟があるか?

さて、今日は学校の気づき。 自分がティーチャーズアソシアでやろうとしている『アントレプレナーシップ(起業家精神)』を燃え上がらせるセミナー。 僕がこの起業家精神にはかなりの情熱を注ごうと思っている。 なにしろ、これは僕の人生が変わったからだ。 働き方が変わってしまったどころではな…

第10回 アメリカの早期起業家教育事情

最近よく質問される。 「そもそも他の国ではどんな早期起業家教育が行われているのですか?」 色々な国のがあるが今日はアメリカの様子を紹介したい。 創業前の1990年代の終わり、シカゴにある「アントレプレナーシップ」を涵養する施設を見学した。その後、何度か足を運び、現地の様子を視察。 子供…

第9回 日本で一番創業率が高い県はどこ?

前回、ベトナム・ダナンの幼稚園などの封鎖と、それを乗り越えようと奮闘している起業家精神溢れるベトナムの人達の様子をお伝えした。 あれから1週間近く経った。市中感染は増加傾向だ。そのような中でもダナンの人達の「起業家精神=アントレプレナーシップ」は今日も健在だ。 翻って私達の日本…

第8回 ベトナムのSELFWING V-KIDS幼稚園3度目のロックダウン!

ベトナムの新型コロナウイルスの累計の感染者数は、5月5日現在で2996人とのレポートが来た。5月5日の感染者数ではない。COVID-19の警戒が始まってから1年数か月たった現在までの累積数だ。 ベトナムはCOVID-19をコントロールし、今年もプラスの成長率が予測されている国だ。 何故か? 徹底した入…

やりたいビジネスがあって起業したいけど、金が無い状況で考えること

日本は起業しない民族のような言われ方をよくするが、実際のところそんなことないんじゃないか。とも密かに思っている。 確かに数字を見れば欧米などに比べて日本の起業件数は低い。その理由を考えたときに、起業したい人はこういう手続きを踏んだら起業できますよ。という知識を誰かから教わったこと…

「生ジョッキ缶」タイプの発想は技術と訓練で大量生産できる

空前のヒットとなった「生ジョッキ缶」2021年上半期の明るいニュースでランキングを作ったなら、おそらくアサヒビールの「生ジョッキ缶」の大ヒットはTOP5に入るだろう。あまりにも好調な売れ行きに生産が追い付かず、急遽一次販売停止となったエピソードまで含めて非常にアサヒビールらしい。 …