自分の足で立つ

パートナーの受け応えにイラっとして気づく自分の未熟さと本当の思い

私たち夫婦にとって、平日は、朝、子供が起きてくるまでが、夫婦(コミュニケーション&スキンシップ)時間。
(ゆっくり過ごしたり、コミュニケーションしたくて、2人とも、早起きになるという。笑)

なぜ、私たち夫婦がコミュニケーションやスキンシップを大事にするかは後述するとして。
今回は、つい先日の出来事からまた新たな自分の人(オンナ)としての強烈な内面の幼さが浮き彫りになったので、
また、やっちゃった

もっとみる

自分軸

大切なのは、自分で感じること。
言われていることを鵜呑みにするのではなく、否定するのでもなく。
自分で感じ、考え、判断すること。

その際に大事なのは、自分のフィルター。
詰まってない?
曇ってない?
何か色がついてない?

自分の肌がどう感じているか。
自分の中が何を言っているか。
慌てることもないから、急かさず感じる。

大切なのは自分の感覚。
長く、考えることばかりしてきたから、少しリハビリ

もっとみる
わーい❗️
1

「幸せ」は差し出されるもの?

私たち夫婦、結婚生活6年目に突入しました。

6年・・・響きは、まだ初々しさ残る年数だなぁなんて思うのですが。

いやぁ〜、私たちの場合、1人で生きるのに精一杯な初婚(ダーリン)×母娘で生きるのに必死な子連れ再婚(私)コンビ。笑

本来10年以上かけて取り組んでいくような数々の現実やテーマを前に、自分たちの器(精神力)を急ピッチで鍛え、整えて行く必要がありました。

さらに見て見ぬフリしてきたお互

もっとみる

恋心を抱かせることよりも、自分の足で立つことのほうが大事だと思う。

 よく芝居の現場で、「恋心を利用している人間」を見かける。私の印象だと、女性に多いかな。権力のある人に自分に対する恋心を抱かせて、次の仕事をゲットしようという様子。権力や決定権を持った人というのはある意味、とても孤独とプレッシャーを抱えて生きてるから、コロッといくのである。

よくないと思う。

恋心を抱かせることよりも、

まず、自分の足で立つ。

それが何よりも大事だと思うのは私だけではないは

もっとみる

自分の足で立つ

人は1人では生きていけない。

人は1人で生まれて、1人で死んでいく。

どちらも人生において

重要なこと。

*****

依存体質なことを自覚している。

割りと若い頃から。

結婚も依存だった。

依存している方が楽。

生きていることに期待がないから

希望とかより

楽を選ぶ。

誰かに寄りかかって

サポートしてる風にするくらいで

生きていることが楽だと思っていた。

妻とか母って

もっとみる
わーい!ありがとうございます゚+.゚(´▽`人)゚+.゚
19

介入したがるオンナ

我が家、3人中3人とも、パパっ子。

「パパがいい〜!」って言われる。なんなら、泣かれる。
おい、1週間のうち、どんだけかーさんが君たちの世話してると思ってんだ。
かーさん=ラスボス
的な扱いだけど、なかなか、心地よかったりもする。
パパとそれぞれ親子関係を育んでいる子供たちは、嬉しそうだし、そんな姿を見られる私も嬉しいから。

よく言われるのは

「パパっ子なのは、ママがパパのこと大好きだからよ

もっとみる

植物エッセンス48日目

おはようございます。みきです。

最近、夜は早めに眠くなる。

22:30に布団に入った。

目が覚めたのが3時過ぎだった。

お水をぐびっと飲んで、また布団に入ったのだけど、今度は寝れない💦

布団でうだうだ考えごとしてたら、睡眠に入れなくて、さっき起きた。6時前。

私が常々思ってることの一つに、たまたまそこで一緒に働くことになったとしても、その人は私にとって縁のある人なんだということ。

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます❣️

コロナ診断について

計画された?  パンデミックの映像、5つ目です。

コロナ診断について。死亡者を増やす、コロナ患者を増やすための操作について話されています。

なぜ操作しなければならないのでしょうか?

なぜコロナ患者が増えなければならないのでしょうか?

それを考えるきっかけとなればと思います。興味を持ち、知ることから始まります。他人事のようですが、地球で起こっていることは宇宙で起こっていることでもあり、私自身

もっとみる

コロナウイルスについて

計画された? パンデミックの4つ目の動画になります。コロナウイルスについて。研究所から漏れ出た?様子ですね。

前の動画にも少しふれてありますが、HIVやエボラ出血熱、ジカウイルスなどもワクチンから作られた疾患だと見て取れます。様々な情報が今出ていますので、自らが調査し、読み、考えていただきたいと思います。依存ではなく自立ですね。このコロナを通して情報との関わり方、そして自分の在り方を確立し、自分

もっとみる

フィクションであるしフィクションでない。

「青生つみき」という存在は私であって、私ではない。

私はこのnoteという場に、「青生つみき」を通して自分とは違う何かを描こうとしている。

だから、ここに書く話は身勝手で、我が儘で、赤裸々で、言葉足らずで、少し酸素が足りてない。

勿論、体験したことを通して言葉を紡いでいる。
その言葉を綺麗事で着飾っている、というのは否定しない。

純粋無垢な文章を書き出す事を私はしない。

そうやって私

もっとみる
お目にかかれて光栄です。
2