育成年代の指導

新着の記事一覧

6月19日(日):怒鳴らないスポーツ指導の現場づくり

幼児期〜児童期に必要だと思うこと。

いつか全国に広げたい、OITA夢プロジェクト。その根底には確たる育成理念が存在する

#6 ジュニアアスリートの指導法

①ゲーム中心の練習の構成-TGfU型-

有料
300

怯えるスポーツからの脱却

指導者と指導される側の意思疎通

ユースから65人がJに内定という記事

1年前