世界のビジネスは面白い!-雇用を創って市場を自分たちで拡大しちゃえ!IMPALAのcase-

こんにちは。BeDo+サービス全般担当のMegumiです。

”グローバルマネジメント”の授業でとてもわくわくしてディスカッションが盛り上がったケースを勉強しました。
アフリカのモザンビークで2011年に発売された”IMPALA”というキャッサバで作られたビールについてのビジネスストーリーです。

SABMillerというグローバル企業がご存知ですか?世界最大級の醸造メーカーで、”持続可能性”を戦

もっとみる
スキ、ありがとうございます♡
7

ヤンゴンの環状鉄道の車窓から…最後にミャンマーの人々への願いを込めて

こんにちは。

ミャンマー環状線の話もこれで最後になります。

3時間の乗車時間もとうとう終わり。

夜はすっかり暗くなって、電車に乗っていた客はかなり少なくなっていた。

そんな中、僕は向かい側の椅子に座っていた夫婦をずっと観察していた。おそらく二人とも30台後半くらい。奥さんが何度も旦那さんに何気なく話しかけるけど、旦那さんはずっとスマホをいじっていて、顔を見る素振りも見せない。まるで奥さんが

もっとみる
その判断、最高です

「中国のハワイ」海南島の将来。

こんにちは。
中国人集客専門プロモーション会社、MARU(大阪)のブログです。    
海南島とは、中国の海南省が大部分を占める、中国最南部の島で、ベトナムに近く位置しています。
「中国のハワイ」とも呼ばれ、国際観光島として免税や開発が進み、毎年中国の連休には大勢の国内観光客で賑わう島です。

今年、海南島の新しい経済計画が発表され、全島免税化や個人所得税の上限15%などの税制が香港と似ていること

もっとみる

日本ってすごいけど、ほんとに大丈夫?ミャンマー人が感じた違和感…

こんにちは。

先日、1年前日本語ボランティアをしていた時に知り合ったミャンマー人の友人の家に泊まりに行きました。

彼は日本にきてから6年くらい?(忘れてしまった)で、設計事務所で設計士として働いています。日本語もペラペラで日本語検定N2を持っています。
僕と彼の会話は、基本、日本語でおこなって、自分がミャンマー語を勉強していることもあって、ちょっとだけミャンマー語を挟みながら会話をしていました

もっとみる
ありがとうございます!幸せな一日になりますように!
3

SDGsの原点がここに。世界各国代表が集った、初めての地球環境保護「国連人間環境会議」

1972年6月5日から16日まで、ストックホルムでの会議

1960年代から大規模な社会構造を変革する産業革命は始まりました。紡績工業や蒸気機関の発明・急速な発展は相まって地球環境の大気や水を汚染し始め、それがやがて人の尊厳を失い、また自然破壊へと導かれていくのでした。

この会議では26項目にも及ぶ「人間環境宣言」が締約されたのです。人類は社会経済の発展と引き換えに大いなる罪を犯し、ここに地球再

もっとみる
スキ、感謝でございまする。
3

中国留学に至るまでの回想 その4

2005-04-28 21:49:45

その冬、10日間上海に行った。

日本からは単身で行って、
現地で叔母、叔父と合流。

実はそれまで海外旅行って言ったら、
母の里帰りとかで台湾にしか行ったことなかった。

もちろん中国は初めて。

着いてすぐ、何と言うか…、
初めての中国やったからかも知れへんけど、
すごく高揚感を感じた。

空港から市内へ向かう車の中から見える、
“上海”の空気。

もっとみる
ありがとうございます_(._.)_
3

発展の象徴

戦後復興から高度経済成長の過程で経済発展の象徴と言われたのビル群。高くそびえ立つガラス張りのぴっかーんとしたビル。オフィスやレストラン、住宅など様々な用途で使われている。ここ数年でも新しく商業施設としてビルが建つなど未だに高層ビルの見栄えの良さは別格のものだ。

そもそも広いオフィスを構えることは発展に必要なことなのか

経済の発展における大切な要素は「効率」と「利益」だ。従来、企業においてオフィ

もっとみる
もう一個頼むわ
2

経済発展が引き起こした人間が受ける代償

自然って穏やかなイメージが
ありますよね。

ナチュラルとか、優しいとか。

人間と馴染みのよさが自然
と僕は解釈してます。

時には壮大で
厳かな気持ちにさ
せてくれるもの
でもありますが

ところがまずはブラジルで

自然現象だけど、
これ自然て言える?というレベル。
時間的には16秒も
発光し続けた雷もあります。

1本の雷としては
世界最長です。

ちなみに
700キロは日本で言うと、

もっとみる
僕もあなたがスキです!(^v^)
27

経済(学)を理解する最重要前提、それは全員が金持ちにはなれないということ。重要なのは流束という概念

ああ、俺の話に当たり前に出てくるこの概念自体も、そういえばまだ社会で誰も言ってないんだっけか・・ 説明しとくか。

既存の主要経済学・各国政府の実践的政策の前提には致命的な間違いがいくつかある。重要な順に以下。

・お金の価値は(モノに対しても人同士でも)相対的であるために、(貯蓄・収入額で測った場合)全員が金持ちどころか、経済的に豊かといわれる状態には決してなれない。

・マクロ経済の成功指標が

もっとみる
こんな応援しにくい?記事にもいいねできる貴方の粋な心に拍手&感謝!
4

コロナ禍を乗り切る勇気を与えてくれるような、日本の歴史の教訓はどんなものがあるでしょうか? 「アフター・コロナは地獄」。 そういう風潮を多く目にしますので。

はじめに

ここのところ、「アフター・コロナは地獄」「コロナ後の日本は衰退していく一方だ」「巨額な国債発行で財政が破綻する」などの発言や論調が多くなってきたように思います。

私は職業柄もあって、日本の経済発展を長期時系列で考えることが多いのですが、そう簡単にこの国がだめになってしまうようにはとても思えません。

この国にはもっと厳しい現実を乗り越えてきた歴史と先人達の知恵があります。「煽りに乗っ

もっとみる
ありがとうございます。
2