経営者の孤独

『スラムダンク』から考える、チーム作りと孤独の関係|サイボウズ式編集長・藤村能光×小説家・土門蘭

2019年8月31日、書籍『未来のチームの作り方』(SPA!BOOKS)の発売を記念したトークイベントが「BOOK LAB TOKYO」(東京・渋谷)で開催されました。

登壇したのは『未来のチームの作り方』の著者・藤村能光さんと、書籍『経営者の孤独。』の著者・土門蘭さん。さらに、『未来のチームの作り方』担当ライターの阿部光平さんと、『経営者の孤独。』の企画発起人・徳谷柿次郎も参加。

「孤独とい

もっとみる

「インタビュイーに恋をする」作家・土門蘭と編集者・徳谷柿次郎、それぞれの取材術

2019年8月3日、『経営者の孤独。』(ポプラ社刊)の出版を記念し、著者の土門蘭さんとHuuuu代表・徳谷柿次郎によるトークイベントが銀座 蔦屋書店にて開催されました。

「土門さんと柿次郎が、お互いにインタビューし合う」というコンセプトで開かれた今回のイベント。ふたりのインタビュー術から作家と編集者の関係、紙とWebの違いまで、縦横無尽に語られた当日の様子をレポートします。

「土門さんはいい女

もっとみる
うれしい!ありがとうございます
129

『経営者の孤独。』ができるまで【Huuuuの視点から】

先月、書籍『経営者の孤独。』がポプラ社から発売になりました。

こちらはもともと、ウェブマガジン「BAMP」上で2018年7月から連載されていたコンテンツ。そして、最初から書籍化を前提に立ち上げられたプロジェクトでした。

このnoteではHuuuuとしての視点から、プロジェクト開始〜書籍化までの裏側を紹介します。

「紙のBAMP」を作りたかった

連載が生まれた大きなきっかけは、Huuuu代表

もっとみる
うれしい!ありがとうございます
17

【報告】Huuuuは「BAMP」運営から撤退します

2019年7月末、Huuuuは小さな声を届けるウェブマガジン「BAMP」運営から撤退することになりました。

撤退(てったい):部隊が、陣地・根拠地を捨ててしりぞくこと。更に広く、今まで行っていた分野、営業していた地域から手を引くこと

表現的には撤退がぴったりきます。

CAMPFIRE&BASEの合同オウンドメディアとして2017年5月に立ち上げたメディアなんですが、私自身が独立するタイミング

もっとみる
「徳谷」の姓は全国に1000人ぐらいです
95

僕と『孤独』

京都で働いていたころ、会社の先輩に繋げてもらい知り合った1人の女性がいる。ライター・土門蘭さん。当時から「音読」(おとよみ)というフリーペーパーを発行されていた。

土門さんとは2回くらいしか会ったことはない。しかも飲み会。それでも、妙に印象に残っていて、FACEBOOKでの投稿や記事のシェアをひそかに楽しんでいた。

土門蘭さんの新書「経営者の孤独。」

そんな彼女が近日、新しい本を出した。小さ

もっとみる

就活生ライター、『経営者の孤独。』を読む。

『経営者の孤独。』という、いい本がある。

Webマガジン「BAMP」での連載が書籍化されたもので、新規インタビューも2本収録されている。

自分自身BAMPで書かせてもらうこともある身だし(これとこれ)、見知った人が何人もこの企画のために動いていたから、読まない理由はなかった。

けれど仮にそういうバックグラウンドが一切なかったとしても、僕はこの連載を好きになっていただろうなと思う。

経営者は

もっとみる
My name is love
17

シモダテツヤと柿次郎の「経営者の孤独」

BAMPで連載している「経営者の孤独」が、7月13日にポプラ社から書籍になって発売された。WEB連載から書籍へ。これは当初から思い描いていたストーリーで、この連載の一応発案者となっている私にとってはあらゆる感情が幾つも織り重なった”手に取れる物質”ともいえる。

経営者と社員の関係性

この企画を思いついたのは、前職の株式会社バーグハンバーグバーグの元代表であるシモダテツヤ(以下、あだ名のしもやん

もっとみる
これはいい夢
197

『柳下今井のハッシュタグラジオ』この番組は、校閲者の柳下恭平と編集者の今井雄紀が、特定の「ハッシュタグ」についてのんびり話す番組です。なお、番組の公式ハッシュタグは #柳下今井 です。よろしくどうぞ。お問合せはこちら→https://twitter.com/yanaima_htr

第39回のハッシュタグは
#経営者の孤独 #集中できる場所 #肩書き
の3本です。

2018.12.07 柳下今

もっとみる
感謝です。TDLホーンテッドマンションのキャストは、絶対に笑いません。
4

孤独と一緒に生きていてよかったと思えた日

通りすがりの誰かの言葉に立ちすくむことがある。ほとんどの場合は、一瞬ハッとして世界がどこかに飛んで、でも、すぐまた元いた自分の視界に戻っていく。まるで閃光を受けたあとのように。

だけど、今回はそうではなかった。立ちすくみ、本当にしばらく動けなかった。仕事の原稿があるのに、それより大事なことが「いまここ」にあるような気がしてずっと考え続けることになったのだ。

その「言葉」の持ち主は、わざわざの平

もっとみる
あ、ありがとうございます!
22

辛い時こそ笑って!

いつも悩みとか無さそう、
毎日楽しそうだよね!

そう言われる人たちはほんと、自分のやりたいことを貫いてる人だなと思います。

でも、そんな人達こそ、辛い気持ちをグググーッと隠してると思う。

そして、そう言う人こそ、人を導いて、ささえる事が出来るんじゃないかなー。

私はまだまだ弱い自分を晒してしまう事があるけれど、本当に凄い人達って、それこそ苦労の裏面の笑顔が凄い。
そしてその笑顔も無理してな

もっとみる