体験したことがないことを想像してもらうのは難しい

こんばんは!wifiの通信が最近調子悪くて5Gを心待ちにしているoriこと「Giga難民予備軍」です。

今回はコミュニケーションにおいて相手が体験したことをないことを想像してもらうのってめちゃ難しいなぁということについて話していきたいと思います。一気に書いていきたいと思います。

テーマ通りではあるのですが、相手が体験したことがないことを想像してもらうのって非常に難しいと個人的には思っています。

もっとみる
嬉しいです!これからも頑張っていきたいと思います!
13

父親がモラハラだと気づいてこれからの関係を良くさせるために向き合った

先日、口論から発展して実の父親がモラハラであることに気づき、かといって縁を切りたいわけではないし、出来れば関係を良くしていきたいからどうしたらいいか考えまくった結果、向き合うことにしました。
この記事は「親のせいでこんな風になってしまった!!」と責め立てる内容なわけではなくて、とにかく恐怖による服従関係から良好な関係に転じさせるために意識的にしたことの記録と、同じように悩む人へ一事例として受け取っ

もっとみる

理解というのは全てわかるということではなく、当事者でないとわからないということを「理解」すること

『私が妊娠したことで得た最も大きな気付きは「理解」です。
理解というのは全てわかるということではなく、当事者でないとわからないということを「理解」することです』

これは、私が育休中に書いた文章です。
妊娠~出産~育児という大きなライフイベントの中で、気付いたこと・感じたことを発信しようと、コラムを書いていたのですが、2回しか書けないまま、職場復帰して忙しい日々の中、忘却の彼方にありました。

もっとみる
共感ありがとうございます!
6

なぜ英語を学ぶのか

私は英語が好きだ

でもなんで好きかと問われたら言語として好きというよりも、相手を理解するためのツールとして好きだと答える

英語の歴史も面白いが
何より自分とは違う国の人が話す言葉を覚えただけで
すごく世界が広がる

言語を覚えると違う国の人の立場に立つことができる

海外旅行に行った時、日本人に会うと"仲間"という気持ちになったことはないだろうか

それは知らない土地で同じ言葉を話す人に出会え

もっとみる

オタクだけどオタクを理解できない件

私はおそらく,非常に許容範囲の狭いオタクである.同人誌に興味がない.公式の作品にだけ興味がある.コミケなんか行ったことない.ゲームもオンライン通信・対戦,フレンド通信・対戦はあまりしたことがない.ある歌手のライブ会場に行っても,「うわぁ…無理…」なタイプのオタクがたくさんいる.私が無理なタイプのオタクは主に,集うオタクと騒ぐオタクである.自己顕示欲,承認欲求の塊のようなオタクも苦手だ.今は旦那がい

もっとみる

親の離婚が想像力につながった話

父親が”家族”から「脱退」した。今風に言えば「卒業」ということになるだろうか。

小学6年生の時の話だ。父と母の別居生活はその4年前から始まっていたので、「そりゃそうなるわな。」というのが正直な感想で、悲しさや驚きは全くと言っていいほどなかった。

別居生活が始まって、父が実家に戻った。健気な小学2年生の僕は近況報告に「早く帰ってきてね」というメッセージをつけたショートメールを毎週末父に送った。近

もっとみる
オカンが喜ぶのでフォローしてください。
10

「知らん者が口出ししよって」のバリア

歴史にせよ美術にせよ、タイトルみたいなバリアが、詳しい人と「やってみたい人」を隔てているように感じます。

私が大学で歴史学の勉強をしていた20年くらい前に比べれば、インターネット経由で手軽に情報を入手できたり、SNS経由で詳しい人側の発信に触れられたり、隔世の感はあります。
それでも、いまだにこういうバリアは存在していて、お互いの行き来をジャマしてるなあ、と思います。

この「知らん者」には、ふ

もっとみる

話せば分かる派と、人は分かり合えない派に潜む傲慢さ

人と人との対話について、よくこの2つの考え方に出会う。

一つは話せば分かるという考え方。
もう一つは、人は分かり合えないという考え方。

大前提として人間は一人ひとり価値観や考え方、物事の感じ方が異なる。その一方で共通点もあるものだ。

話せば分かるという時、これは自分の主張を相手に分からせるという意味で使っていないだろうか。

そして、人は分かり合えないという時もまた、自分の主張を相手に分から

もっとみる
ありがとうございます!
3

発達障害ニュース

第3回目となりました!発達障害ニュースです♪

すごいねぇ。3回目ですもの。当初は、実は何~にも考えて無かったのです。

もりあすかさんのnoteを目にした時に、私も何かしないと!そう思ったんです。

発達障害の特性に、思いついたことや気になったことを、すぐに始めるという部分があるのですが、これが本当にかっこいいんです。我が家の夫と息子も、めちゃくちゃその特性が顕著に現れることがあります。もちろん

もっとみる
スキのお礼に5000にゃんポイント受け取ってくださいね☆
42

経験値で人の価値を測ることはできないとしても

人生の経験で「同じ」と思っていることが実際は同じではないということは意外に多い。

具体的には、食べ物の味。

イカのお寿司が好きな人同士なら、同じことを好きといってると通常は思う。そして、仲間のような親近感を覚え、どんなところが好きなのかと話を広げていくと「同じこと」を好きではないことが判明することもあるのだ。

イカのお寿司、より具体的に話を深めるなら、イカのお寿司のネタとなる生イカは、モノに

もっとみる