海外滞在記

2004年のアンカラ留学(1)

昨日のこの流れで。

一番古いフォルダが、2004年のでした。これは記憶があって、当時のトルコ政府奨学金制度でアンカラ大学に留学が決まった時、餞別ということで父がデジカメを買ってくれたので、それを使っていたと記憶しています。

型番は忘れましたが、Canon Ixy系列の製品でした。まあまあのお値段で大事に使っていたのですが、数年後同じくトルコで失ってしまうという失態を演じてしまったことでした(た

もっとみる
スキありがとうございます!ワイもあんたがスキやでェ
10

第1章:アンカラ生活のスタート

仕事のスタート

バスでアンカラに正午ごろ到着し、そのまま大学へ直行して契約書にサインして、すぐ着任となりました。その日は結局夕方まで職場にいたのですが、何をしたかは覚えていないです。

とりあえずここが机、ここに本などあったら置いて行きなさい、等々のレクチャーを受けたとか、記憶はさすがに時間が経ちすぎて今はあいまいになっています。ただ、とにかく疲れたことだけ覚えています。

そりゃそうです。当日

もっとみる
スキありがとうございます!ワイもあんたがスキやでェ
20

プロローグ:私とアンカラ、そして私が再びアンカラに行くまでのなんやかんや(続)

2014年10月半ば、トルコから正式に招聘の書類が出た、との連絡が来ました。そうなると、当然のことながら一刻も早く渡航しなさい、と言われることになります。問題はここ。

そんなすぐに行けません。日本での生活を全部整理しなきゃいけない。

これは実際、深刻な問題になりました。

一番きつかったのは、当時やっていた仕事を全部キャンセルしなければならないということ。全て短期のアルバイトのようなものであっ

もっとみる
スキありがとうございます!ワイもあんたがスキやでェ
13

2014.8.10

日曜日 🍺 neděli

遠足でめっちゃ体力をつかったので結構ながく寝てしまった。

この日は、東京の先生からエアメールで送ってもらったカレールウで、カレーを作りました。福神漬もいただいた!

チェコの煮込み料理ばかり食べていても、やはり日本のカレーが恋しくなるもので。お米は、日本人のクラスメイトが持ってきていたレンチンできるやつをわけてもらった。チェコのスーパーで売られている野菜は、質が良

もっとみる
⭐ありがとうございます⭐děkuji mockrát!⭐
1

海外滞在記~カナダ編~

こんにちは、早紀です。

急に寒くなりましたねぇ~。私の家は北と南に大きい窓があって風がよく通るので、夏は涼しいんですけど冬は極寒です。

母はすでにユニクロのウルトラライトダウンを解禁していました。

風邪ひかないように気を付けたいですね!

さて、やっと私が海外に行って感じたことをお話するシリーズを始めたいと思います。

まずはカナダ編!

2019年3月、大学から募集が出ていた海外研修でカナ

もっとみる
読んでくださってありがとうございます!
2

タレント事務所、アルス・ノヴァ

NPO法人クリエイティブサポートレッツ(以下レッツ)のホームページをみると、障害福祉サービス事業所「アルス・ノヴァ」(以下アルスノヴァ)の利用者の紹介ページに「タレント名鑑」とあった。名前のほか、それぞれのこだわりや好きなこと、あだ名なんかが書いてある。ここに来た当初はあまり気にとめてなかった、この「タレント」という紹介の仕方、約1カ月の滞在を経て、いまジワジワきている。

私は滞在中、基本はアル

もっとみる

バリ島に滞在するに至るまで。

ウブドでアルサナ氏と出会った頃は、病院に勤務していました。
病院内に運動療法施設があり、そこで運動指導士として運動療法を行っていました。
もう、バリ島に行きたくて仕方がない時期のこと。
どうしたかというと、社長に『2か月休ませてください。』と頼みました。
が、社員のまま2か月休むこともできず、仕事を辞めました。
(帰ってきたのちに、その病院ではフリーのインストラクターとしてお世話になることができま

もっとみる
今日1日HAPPY!!
13

フランス旅行記3 2週間目の苦悩と牡蠣の味。

こんばんは。
昨日はnoteを書く時間が取れなくて、夜は眠たかったのでそんな中書いても仕方がないと思い、睡眠を優先してしまいました。

今回は前回の最後で少し話した通り、3週間もいたらそれはいろいろあるよねという話をしていきたいと思います。

2週間目の苦悩

先日公開されたPodcastでのはじめての一人しゃべりをするという企画の中で割と話してしまったのでそこと内容が重なってしまうところもあるか

もっとみる
ありがとう!明日も是非読んでいただきたいです!
11

フランス旅行記2 1人で来ていたら絶対できなかったであろう事の数々。

西仏に行く

フランス、パリのシャルル・ド・ゴール空港に無事到着。
ここからの流れは以前の記事を見てもらえればわかると思う。初夜はR君のお父さんの家にお父さんとR君抜きで泊まらせてもらい、次の日には西仏に新幹線で移動した。新幹線に乗るまでのタクシーに乗った話も過去に書いているので興味のある方は是非。

行った先をずっと西仏と呼ぶのは嫌なんだけど、何回聞いてもカタカナに訳せる気がしないのでそう呼ぶし

もっとみる
毎日更新してます!!本当にありがとう。
11

フランス旅行記1 渡航に至るまでの奮闘。

最初に

本当に久しぶりにnoteを書く。
何も告知をしないままほったらかしにして2週間以上経つ。

無責任だと分かりながらも投稿をおやすみしますということすら書く気になれなくて、勝手に休んでいたらどんどん書く気が削がれていって気がついたら日本に帰ってきていた。読んでくださっていた皆さま、本当に申し訳ないです。

文章を書く気がおきないというのは怠けているように聞こえるので、もう少し言い換えるとn

もっとみる
また読んでねー!!!!
13