『マニュアル化』『ルーチン化』『思考の型をつくる』ことは大事。

仕事をするうえで、誰がやっても一定のクオリティのアウトプットを担保するためには、ある程度のルールを設ける必要があります。
いわゆる『マニュアル化』がそれにあたるのですが、似たようなことに『ルーチン化』『思考の型をつくる』というものもあります。今回は若干勝手な解釈を踏まえながらもこの3つについて書いていこうと思います。

誰がやっても一定のクオリティのアウトプットを担保するために行う施策で代表的なの

もっとみる
ありがとうございます!
12

「意思決定」は2つある

「意思決定」には2つ種類がある。
ちょいと専門的な話になるが
定型的意思決定と非定形的意思決定という
2つの意思決定がある。
定型的意思決定とは
例えば繰り返しの作業や
マニュアル化されている業務などが該当する。
この案件はAであるか?→YES or NO→
NOであればBであるか?→YES or NO→
YESであればこのように処理しなさいと
マニュアル化されているものは
定型的意思決定と呼ばれ

もっとみる
私はドラッグをやらない。私がドラッグだからだっ!
10

標準化の波はブロックチェーンでもやってくるのか?

国際標準化の議論はブロックチェーン技術の普及を検討する上でも非常に重要です。

いくつかの動きも始まっているので注目です。

国際商業会議所 (ICC)ではデジタル標準化推進委員会 (DSI)を組成し、金融やデジタル取引などで企業間での連携ができるように標準化を進めていく狙いです。

国際商業会議所はデジタル標準化推進委員会がオープンスタンダードを制定することでブロックチェーン取引を円滑に進めてい

もっとみる
一票ありがとうございます!
10

ERPと業務の標準化(その1)

1990年代の後半から2000年初めのERPシステムの普及に伴い、標準化された業務を集約して業務の効率化を促進する考え方のもと、コスト削減を目的にしたシェアードサービスセンターが日本でも多く設立された。

これまでのそういったトレンドに少し逆流するかのような形で、シェアードサービスセンターを含む管理部門全体に「攻めの役割」が求められている、という論調がよく聞かれるようになった。

「標準化」という

もっとみる
ご一読いただきありがとうございました。
6

マネジメントシステムにソフトウェアの派生開発手法を適用して国際規格改訂に対応する

本記事は、以下のカンファレンスおよびシンポジウムで発表した内容を、口頭説明が無くてもわかるように「読み物」として編み直したものです。

・ 派生開発カンファレンス2018
    https://affordd.jp/conference2018_program.shtml
・ JaSST'18 Tokyo
    http://jasst.jp/symposium/jasst18tokyo/re

もっとみる

経営の技法 #38

4-11 標準化
 内部統制(下の正三角形)上、多様な業務処理のフォーマットやプロセスを整理して一本化することを「標準化」という。「標準化」は、ビジネス上もリスク管理上も、メリットが大きい。

<解説>
1.概要
 ここでは、以下のような解説がされています。
 第1に、標準化の意味を確認しています。すなわち、製造業ではJIS規格などの規格化を意味する場合もありますが、ここでは、多様な業務プロセスを

もっとみる
励みになります!
10

私の仕事の失敗②(対面での根回し!?)

私の仕事の失敗シリーズ、備忘録のために書き続けます。
今回は、調整の方法についてです。

調整するときに限らず、楽な方法が良いなと思ってしまう怠け癖があり、よく「規則や要領を見て」「それを確認するために電話する」という方法をとってしまいがちなのですが、それは「調整」とは言わないようで…。

何か新しい事案があって、調整する場合、

①要領を確認する
②それに基づき、確認したいことや調整したいことを

もっとみる

標準化が起きることでブロックチェーンは普及するのか?

ブロックチェーン分野でも標準化に関する議論は少しづつ進みつつあります。

その中でもいくつかの動きを紹介したいと思います。

中国人民銀行 (PBoC)は金融分野での産業の標準化に関する議論をブロックチェーンを含めて17のカテゴリーで進めていく予定です。

クラウドコンピューティングや人工知能など新たな規制などを進めていく際に必要になる要素を検討しています。

これまで金融分野では特定の基準が決ま

もっとみる
今日もいいことありますように!
5

伝わるマニュアル作成のポイント

マニュアル作成の目的は、業務担当者に、正しいやり方で、業務を実行してもらうためです。

正しいやり方とは、ムリとムダがなく、ムラなく結果を出せる、いわゆる”標準”です。

これが、しっかり伝わるマニュアルにするためのポイントのひとつは、間違ったやり方も、同時に示すことです。

〇のやり方と✕のやり方を、対比して見せるのです。

そして、✕の方に、なぜダメなのかを付記すれば、完璧です。

うれしいです!これからもよろしくお願いします!
10

めっちゃわかる主成分分析②

このページはデータ画像を置いてあります。
データが少ない方が理解しやすい人用。

標準化しない主成分分析

標準化する主成分分析

もっとみる
読んでくれてありがとう!
2