植木等

木村拓哉→キムタク略してないのに略してるみたいな人っているよねー、と。ワダベン、タニケイ、ダンフミ。壇蜜は違う。

簿記の試験が終わったら、 植木等の無責任男の映画を見ようかな(笑) 思えば、3社目にいた人達の顔ぶれは、 責任感に潰されそうな真面目な人と、 無責任でどこ吹く風な人と(笑)、 はっきりと二分されていましたね。 個人的には後者の方々から学ぶことは 多かったような気がします。

日本一の男の中の男 景気が良い!

先日、とても暑い昼下がりに今年初のかき氷を食べた。洋梨味と葡萄味の果肉入りの大きなかき氷2皿。3人で取り分けて食べて丁度いい感じ。メニューには他にもカラフルなかき氷が並ぶ。話のネタは過去に食べたかき氷の話。台湾のバケツに入ったマンゴー果肉たっぷりのかき氷。私が思い浮かべたのは韓国…

第10回 国分寺崖線と成城台地

 ご存知のように我々が暮らす成城という街は、東に仙川が流れる低地帯、西に国分寺崖線が作る崖をもつ‶台地〟上にあります。成城学園の前身、成城第二中学校が1925(大正14)年に東京市牛込(現在の新宿区)から当地、北多摩郡砧村喜多見に移転してきたときは、まさにこの台地の東端に校地を定め…

もしも働くのが馬鹿らしくなったら…/ニッポン無責任時代

高卒で働き始めて、転職を数回しつつ社会人歴早20年。活躍や出世をしていく同僚や後輩を何食わぬ顔で見ているようで実は辛い。だって稼ぎたいし、認められたい。あぁ!真面目に働いたところでどうにもならん!! 幾度となくこんな気持ちを繰り返しては勝手に焦り凹む日々。だけど、この映画を見て少し…

今週のたろー 48

今週が49だと思ってました。いやーもうすぐ折り返しですねぇ、って書く気満々だったので来週も書きます。 そんな今週はちびまる子ちゃんの主題歌です。 さくらももこが亡くなったとき、まず頭に思い浮かんだのは「あの作詞がなくなる」ということでした。押し付けがましくなくて力の抜けた歌詞。でも…

説教は嫌い。何故だろう?

僕は説教が大嫌いだ。 するのもされるのも。 何が嫌いなのか自分なりに考えてみた。 まず、説教の意味を確認しよう。 1,宗教の教義・教典を、信者などに、口頭で説き明かすこと。また、その話。「牧師が礼拝で説教する」 2 教え導くために言い聞かせること。また、堅苦しい教訓をいう語。「親に…

#33「昭和映画」

 前にも書いたことがあるかもしれないが、僕は昭和60年代の映画が大好きである。  海外では『サウンド・オブ・ミュージック』『ティファニーで朝食を』などが封切られていた時代だが、僕がここで話したいのは邦画である。  有名どころで言うと『男はつらいよ』『天国と地獄』『若大将』シリーズな…

つまらない時代だから本当の笑いを

謙也は午前〇時頃起きて、今時分の3時30頃に腹が減る。台所で昨日の残り物を探す。白飯と味噌汁が残っていた。白飯は丼に半分、味噌汁は、僅かにガスコンロの上の小さな鍋に残っていた。極め付けは、アヒージョに使った唐辛子やニンニクが入ったオリーブオイルだ。面倒くさいとこれも温めてから白飯に…

【人間観3】「わかっちゃいるけど、やめられない」

 確かに、中村うさぎ氏の事例は極端である。  ブランド品に一年で二千万円遣う。一回で百万円分の服を買う。そういう人はあまりいない。  しかし、中村氏と似たような傾向は、私達にもある。ダイエットすると決めたのに、つい目の前のお菓子を食べてしまう。決めたことがその場になると出来ない。…