株式譲渡

司法試験予備試験 商法 令和2年度

司法試験予備試験 商法 令和2年度

問題1.甲株式会社(以下「甲社」という。)は、飲食店の経営、飲食店の経営を行う会社の株式を保有することにより当該会社の事業活動を支配・管理すること等を目的とする会社であり、種類株式発行会社ではない。甲社の発行済株式の総数は1000株であり、そのうち、創業者であるAが400株を、Aの息子であるBが300株を、Aの娘であるCが300株を、それぞれ保有していた。甲社の取締役はAのみであり、監査役は置いていない。 2.甲社は、Aが店長兼料理長となっている日本料理店を営むとともに、いず

スキ
1
Luxury Deal | ETRO-L Catterton

Luxury Deal | ETRO-L Catterton

今回は2021年夏のラグジュアリービジネスに関するM&Aで印象的だった、LVMH系のPEファンドであるL Cattertonによる、ETROに対するマジョリティ投資について。 今後ラグジュアリー業界に関するM&A・市場概況等についてDeal laboのような形で纏めていこうと考えており、本記事はその記念すべき1号目である。 2020年後半から2021年前半の主なラグジュアリービジネス関連のディールはLVMHによるTiffany & Coの買収手続完了、CVC Capita

スキ
17
IRIAM(イリアム)、DeNAへ。

IRIAM(イリアム)、DeNAへ。

IRIAMの更なる事業成長と事業価値向上を実現するため、より積極的な成長資本の投資及びDeNA社のライブストリーミングサービスの運営ノウハウの活用を目的として、IRIAM社の株式譲渡に合意いたしました。 参考: ZIZAI、子会社IRIAMの全株式をDeNAへ譲渡 愛用していたIRIAMが、まさかDeNAの傘下に入るとは…!! DeNAといえばライブ配信Pocochaが急成長しているアプリ。こちらも僕は使わせて頂いてますが、ランク機能やメーター、ファミリー機能、時間ダイ

スキ
2
株式譲渡と事業譲渡の違い|M&Aスキームの解説

株式譲渡と事業譲渡の違い|M&Aスキームの解説

M&Aによって会社の経営権を第三者へ引き継がせる方法として「株式譲渡」と「事業譲渡」があります。それぞれメリットとデメリットがあり、状況に応じてどちらが適しているか判断しなければなりません。 今回は株式譲渡と事業譲渡の違いを解説します。今後M&Aを検討している経営者の皆さまはぜひ参考にしてみてください。 株式譲渡とは株式譲渡とは、売り手企業の株式を買い手企業へ譲渡する契約です。売主は「売り手企業の株主」であり、買主は買い手企業となります。 売り手企業の経営者が全株式を保

スキ
4
会社を買収する時 - バイサイドM&A

会社を買収する時 - バイサイドM&A

今回は、会社を買収する時のM&A(バイサイドM&A)について書いていきたい。 2021年現在でも、コロナ禍で積極的に買収を狙っていく事業会社やプライベートエクイティファンドは多い。 特に事業会社はコロナを機にノンコア事業を見直しやポートフォリオ整理の一環で自社の事業を売却する流れも引き続き継続するものと思われ、それに呼応してM&A案件も引き続き増加傾向にある。 事業会社でもコロナ禍でバリュエーションが一時的に下がっていることを好機をとらえて買収を行う企業、TechやDXと

スキ
16
英文契約書の特徴・よく使われる表現

英文契約書の特徴・よく使われる表現

今回はクロスボーダーのM&A案件で目にすることが多い英文契約書について、特徴やよく使われる表現等を書いていきたい。 なお当方は弁護士ではないので、あくまで実務経験や私見が入ることを事前にお断りしておく。そのうえで、まずは英文契約書の特徴等から書いていきたいと思う。 英文契約書の特徴 英文契約書は英米法の文化に基づいて作成されるものであるため、国内取引にあるような「当事者間の信頼」に基づいた契約ではない点に注意する必要がある。 M&Aを含む国際取引においては、英文契約書

スキ
9
【行政書士資格勉強138日目】株式の譲渡制限②

【行政書士資格勉強138日目】株式の譲渡制限②

こんにちは、行政書士資格勉強中のyukaです。今日は、昨日に引き続き、株式の譲渡制限について勉強したので、下記にまとめます。 譲渡制限株式株式会社は、定款で、株式の譲渡について株式会社の承認を要することを定めることができます(107条1項1号、108条1条4号)。 これは、会社の経営に関して好ましくない者が株主として会社経営に参加することを防止して会社経営の安定を図るために設けられるものであると分かりました。 譲渡承認期間取締役設置会社では取締役会が譲渡承認期間であり、

スキ
3
90秒で読む!コンサルタント「読書日記」(第30回)

90秒で読む!コンサルタント「読書日記」(第30回)

「中小M&A推進計画」(中小企業庁 2020年4月28日) 4月28日に、中小企業庁が今後5年間に実施することが求められる官民の取組を「中小M&A推進計画」としてとりまとめ公表した。重要な取り組みも多数盛り込まれた非常に読み応えのある内容となっており、関係者は必読であろう。 本計画は、昨年10月に山本昌弘明治大学教授を座長とする「中小企業の経営資源集約化等に関する検討会」が設置され、計6回開催され、とりまとめられた報告書であり、中小企業が培ってきた貴重な経営資源を将来につ

スキ
9
M&Aクロージング

M&Aクロージング

株式譲渡などM&A(Merger & Acquisition 合併・買収)のクロージングに、どのようなアクションが実行されるのか、株式譲渡を例示として解説します。買い手サイド、売り手サイドの両企業が一定の責務を果たし、クロージングを実行します。 (1)クロージング日の主なアクション  ①クロージング・プロトコルの両者間の受領   ②現株式の無効化と新株式の発行  ③売り手サイドでの特別株主総会開催。特別株主総会では、現取締役メンバーの退任と新取締役メンバー選任と定款変

スキ
1
「株主名簿を整備しましょう!定款を見直しましょう!第2回」

「株主名簿を整備しましょう!定款を見直しましょう!第2回」

新保さゆり「株主名簿を整備しましょう!定款を見直しましょう!第2回ー株式の譲渡等による株主名簿の名義書換手続ー」 月報司法書士 の記事からです(2021.3№589日本司法書士会連合会P55~)。 なお、譲渡制限株式の譲渡を前提としている記事です。 株券を発行していない株式会社の譲渡制限株式の譲渡の順番 1 株主から、会社に対する譲渡承認請求(会社法136条、137条) 2 譲渡承認機関における株式譲渡の承認(会社法139条1項) 3 会社から株主に対する譲渡承認の有無の

スキ
2