【第8回】やっぱり難しい…職場内でのコミュニケーションとは?

今回のネタ今回は放送大学の「産業・組織心理学('20)」の第8回 組織の情報処理とコミュニケーションの講義の備忘録となります。主任講師の山口裕幸先生と聞き手の二宮朋子さんが、組織内でのコミュニケーションを対談形式にて放送授業で語ります。 あなたは何が言いたいのか?組織のメンバー間でコミュニケーションが重要であることは言うまでもないでしょう。しかし、話し手と聞き手では内容の理解に差があるのはあるあるだと思います。 コミュニケーションについて、プロセス・モデルで考えてみます。

スキ
31

指示待ち人間のおもな心理的特徴4

丸投げで質問をしてくる仕事場で自主的に頭を使うことが習慣化されていないため、丸投げで質問することが多いという特徴もあります。 例えば、 自分で考えることを常にやっている人は、分からないことや質問があった場合以下のような聞き方をします。 『 自分はこう思うのですが、どう思いますか 』 『 この場合は◯◯をやるべきだと思いますが、     どうしましょうか 』 など自分の考えを言った上で相手の意見を聞くでしょう。 一方、 それが出来ない指示待ち人間はただ漠然と 『 ど

スキ
4

指示待ちの子には見通しを持たせる

 程度の度合いこそあれ、通常学級にも見通しが弱く常に指示まちな児童がいる。 そんな子には「見通し」を持たせることが大切であるということはいろいろな先輩方から聞いてきた。  それではどのような見通しを持たせてやればいいのか?  ぼんやりとイメージできるのは、1日の行程表を作り、それを意図的に教室の見えやすいところに配置するなどのユニバーサルデザイン的なアプローチである。しかし、こう言うことであるならばすでに行っている。  それプラス、その行程の中に子どもにとっての「楽しみ」「心

スキ
1

社会人の経験値の差

これまで幾つかの会社を経験してきました。また、大企業から中小企業までと、いといろな沢山の人達と仕事してきました。 主に仕事をしてきたのは製造関係の業種でしたので、設計から製造、出荷までに関係する部門と部品製造委託先である協力会社関係の人達になります。その経験から、感じてきたことを備忘録として残します。 機会 大企業と中小企業では当然、従業員の人数が大きく違い、更にその業務関係で接する機会と出会う人の数が違ってきます。 また、企業によって所属部門の人達の知識レベルやスキル、文

スキ
3

飲食店で自ら行動できない…。これで解決!

ホールスタッフでボっーとしてしまうスタッフ。 何をしたらよいかわからずに、呼ばれないと行動できないスタッフ。 そんな方に読んでいただきたい内容で今日はお送りいたします。   そもそも、何で行動できないのでしょうか?   積極的でないからでしょうか? やる気がないからでしょうか? これは小島は違うと思います。 行動できない理由は、これだと思います。   それは、 想像力がないから あなたがお客様にサービスする時は、 どのようなことを考えていますか?

スキ
2

一生懸命に子供に手をかけることで子供が失うもの。

「こうすればいいのに。」 年の功と言いますか、自分が学校生活を一通り経験して、良かったところや後悔、今ならこうするなど考えがあるものですから、子供には無駄なく効率よくお得に人生を送って欲しいと思っていました。 「好きなところに打ち込み、そうでもないところは手を抜きつつも最低限はやってる優等生」 になって欲しいって思ってました。(いや、厚かましすぎやろ(;'∀')、求めるレベル高すぎやろ。) そのためにあれこれ私の経験に裏打ちされた作戦を授けてやろうと思ってたわけ。

スキ
54

No.136 「指示待ち」

昨今、お付き合いのある企業・団体の方とお話しすると、必ずと言ってよいほど話題に上がるのが、若手社員の「指示待ち」だ。 「指示待ち子供」 子供のころから世話を焼く大人が多すぎて、自分が何かを欲する前にたくさんの手が差し伸べられる。更には常に答えを示され、指示通り動くことを良しとした環境で育ってきた多くの若者たち。 このまま社会人となり、上司や同僚に言われたことだけしかできない or やらない。指示通りの業務は熟すが、自分から考えて動く力がない。中には、自分で考える力があって

スキ
4

「指示待ち」を作らない場作り…後編

引き続き…後編です! 第30回【日本にクリエイターを増やす為に】定例room 「指示待ちを作らない場作り           ~裁量権と権限委譲」 でのお話を、 わたしなりに纏めてます! ・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚ tadayukiさんの場合いつものmoderator陣に、 それぞれが場作りで どう工夫しているのかを、 具体的に掘り出してみました! 先ずは グラレコのtadayukiさん 地域のコミュニティスクールで PTA

スキ
31
+1

「指示待ち」を作らない場作り…前編

第30回【日本にクリエイターを増やす為に】定例room 「指示待ちを作らない場作り           ~裁量権と権限委譲」 を行いました。 その纏めを今回も わたしの頭整理の為に纏めます! ・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚・*:..。o○☼*゚ コミュニケーションの必要性 そもそもミスやエラーは どうして起きるのか?と言うと、 殆どの場合が 圧倒的な コミュニケーション不足 なんです! それは指示を受けた側だけでなく する側にも原因があります!

スキ
34
+2

指示待ち族を作らない場づくりの方法

おはようございます。 休日にちょっと重めの話を書きますが、金曜日から活かせるかなと思ったので書くことにしましたw 先日、clubhouseでmoderatorの1人としてお話したことを書きます。 指示待ち族を作る方法は実は簡単です。 ・指示命令で人を動かす ・指示通りに行っていない人をクローズドクエッションで問い詰める ・問題が起きた時にその原因を人に求め、犯人探しをする ・意見や具申を一切採用しない ・否定的なFBを繰り返す ・尊厳を守らない、尊厳を傷つける言動で接する

スキ
38