たんぐ@アフィとコンテンツ販売に魂売った20代

元月収12万の高卒サラリーマンが起業して得たDRMやマーケ、ライティングについて発信し…

たんぐ@アフィとコンテンツ販売に魂売った20代

元月収12万の高卒サラリーマンが起業して得たDRMやマーケ、ライティングについて発信してます。 人気ブログランキング「コピーライティング」カテゴリ1位獲得。 メルマガ開設2週間で0→1突破。 メルマガはこちら→https://fugofugononnon.jp/official/

マガジン

  • 【みんなで創る】クロサキナオの運営マガジン

    • 41,791本

    このマガジンは「楽しく、続ける」を趣旨として発信してます。まだnoteに慣れてない人は知り合いづくりと記事の共有を兼ねてぜひご参加してみてはいかがでしょう🌹 ※原則1日投稿記事は2本までとしました。ご了承ください。

  • note予備校~トランスミッション~

    • 114,331本

    とらねこが運営する共同マガジン。グループ合計で参加者1,100名を超えました。フォロワ数2000名以上、120,000記事以上が収録されています。🌱コンテンツを広めたい方の参加をお待ちしています。🌱マナー:①連続投稿はしない②社会一般的に不適切な記事は投稿しない③トップ画面は変えない。参加希望の方は,マガジンの固定記事からコメントしてね(ง •̀ω•́)ง

  • noteのクリエイターさんたちみんなでマガジン

    • 21,031本

    【ルール】 1日にマガジン登録は最大で3回までで、宜しくお願い致します。 【コンセプト】 『楽しく生きる』『みんなで学びながら成長する』『人と人との絆を大切に』という3つの柱をコンセプトにしています。 参加したい方は、参加したいとメッセージで頂ければこちらから招待メッセージ送らせて頂きます♪♪ ※画像は変更しないようにお願い致します。

  • 【共同運営マガジン】頑張る隊🫡

    • 15,825本

    【共同運営マガジン】頑張る隊へようこそ!「読んで励まされ、読まれて励まされる」そんなマガジンになると嬉しいです(*´ω`*)

  • とらねこの共同マガジン『トランスミッションⅡ』

    • 13,944本

    トランスミッションⅠのミラーマガジンです。脆弱性が報告されたため設置しています。🌱参加者100名、フォロワ数150名、3000記事以上が収録されています。🌱コンテンツを広めたい方の参加、お待ちしています。🌱マナー:①連続投稿はしない②社会一般的に不適切な記事は投稿しない③トップ画面は変えない。参加希望の方は,マガジンの固定記事からコメントしてね(ง •̀ω•́)ง

最近の記事

  • 固定された記事

Amazon電子書籍を書いたので、無料プレゼントキャンペーンをします

どうも、たんぐです。 この度、電子書籍を出版しました。 より多くの人に読んでほしいという願いから メールアドレスを登録してくれた方限定で、書籍を無料プレゼント致します。 受け取りはこちらから ↓↓↓ 今回、電子書籍を執筆するにあたって、1つのコンセプトを決めました。 それが↓ 僕が初心者のときも同じことを考えていました。 情報に振り回されながら、時間だけが過ぎていました。 そして、気付けば自分の誕生日を迎え、 「1年前と何も変わってないな…」と絶望する。 本

    • ビジネスをするのにアイデアなんていらない

      どうも、たんぐです。 今日はタイトルにある通り、 「ビジネスをするのにアイデアなんていらない」 ということについて話をしていきます。 おそらく、これから起業したい人からすると 「え、ビジネスにアイデアって必要なんじゃないの?」 と思ってる人もいるかもしれません。 今日はその勘違いを破壊できればいいなと思い、 キーボードを叩いてます。 もし、勘違いしてる人がいたら この記事をきっかけにスッキリするかなと。 それではいきます。 ビジネスにアイデアがいらない理由は 後手

      • 調べても解決しない問題は解決する必要がない

        どうも、たんぐです。 ビジネスをしてると、とにかく色んな問題が出てきます。 仕組みを構築するときや集客するとき、セールスをするときなどは 特に多くの問題に直面します。 そのなかで伝えたいことが 調べても解決しない問題は別に解決しなくていいよ、ってことです。 ビジネスするうえで重要になってくるので、思考の1つとしてぜひ持っていてほしいなと思います。 というのも、僕がブログを開設したてのルーキーだったころ、 「解決する必要がない問題」にかなり時間を取られてました。 そ

        • 応用力抜群の究極フレームワークを解説してみた

          どうも、たんぐです。 先ほど、メルぞうさんにてコンテンツを掲載させていただきました。 内容は僕がメルマガやブログ、セールスなどで現在進行形で使ってるフレームワークを一から解説したものです。 最近、noteやセールスレターの記事を見ていて思うんですけど、 ちゃんとしたフレームワークや型を使ってる人って少数なんですよね。 これ、めっちゃもったいないと思ってて、実際に使うだけで効果があるので学んだほうが得です。 話の骨組みがガタガタな記事を書いてる人もよく見かけます。

        • 固定された記事

        Amazon電子書籍を書いたので、無料プレゼントキャンペーンをします

        マガジン

        • 【みんなで創る】クロサキナオの運営マガジン
          41,791本
        • note予備校~トランスミッション~
          114,331本
        • noteのクリエイターさんたちみんなでマガジン
          21,031本
        • 【共同運営マガジン】頑張る隊🫡
          15,825本
        • とらねこの共同マガジン『トランスミッションⅡ』
          13,944本
        • 凡人たちの革命軍:参加者が、主催者の、共同運営マガジン
          941本

        記事

          無駄をやりまくらないと本当に効率がいいことに気付けない

          どうも、たんぐです。 スポーツ選手やアーティストのインタビュー動画を度々見るのですが、 そのなかで今のデジタル社会がどれだけ恵まれてるのかを理解できました。 今日は「効率」について少し書いていこうと思います。 タイトルはイチローが言ってた言葉で、ストイックで野球を突き詰めていたイチローならではの言葉だと思いました。 インタビューで言ってた言葉ですが、実はメジャーリーグに行ってからも 身体のバランスのことでかなり悩まれてたみたいです。 試行錯誤を繰り返すうちに、自分が

          無駄をやりまくらないと本当に効率がいいことに気付けない

          1%でも可能性を残しておく重要性

          どうも、たんぐです。 SNSやnoteなどのメディア運用において、重要なことを話そうと思います。 すぐに改善できるのに、もったいないことしてる人多いなと感じたので、 あなたは大丈夫か確認してみてください。 先に結論からいうと、 メディア運用のゴール(目的)を決めておきましょう、ってことです。 最近、ブログやnoteに集中してて、SNSをまったく見なくなりました。 かれこれ、2か月ぐらいはタイムラインを見ていません。 で、さっきなんですけど、久々にSNS見てみたら、

          アナロジー思考の本を読んだらこの世のモノがアナロジーされすぎなことに気付いた

          どうも、たんぐです。 今日は気付かぬうちに手に入ってしまった視点について話していきます。 何の話かというと、タイトルにもある通り「アナロジー思考」についてです。 Amazonでカートに入ったままで買ってなかったので、買って読んでみました。 なんでカートに入れたまま買わなかったのか思い出そうとしましたが、思い出せなかったので大した理由ではないと思います(笑) 先にアナロジー思考を解説しておくと 似てる物事を結び付けて新しいモノや概念を生み出す思考のことです。 日本語

          アナロジー思考の本を読んだらこの世のモノがアナロジーされすぎなことに気付いた

          嫌われたら好かれるんだよなぁ

          どうも、たんぐです。 Ryotaroさんから僕のメルマガを褒めて頂きました。 単純に嬉しいです。 僕の中でメルマガは一生100点にならないメディアだと思ってます。 完成がない、ってことです。 最も力を入れてるメディアですし、個人的に最も質の高いコンテンツを出せてると思ってます。 まぁ、今日の本題はそんなことではなくて、タイトルにもある通り、 嫌われたら好かれるよ、ってことを伝えたい。 最近、本音を言いまくってるせいかコメントなどでアンチや反論が湧いてきます。

          お金を稼ぐことが悪いことだと思ってる人多すぎ問題

          どうも、たんぐです。 最近、メディア運営をしていくなかで面白いことに気付きました。 それが 「お金を稼ぐこと=悪いこと」 と思ってる人が多いことです。 先に言っておきますが、これは間違いです。 結論から言っておくと、 お金を稼ぐことで社会全体の富は増えるので、 実際は「お金を稼ぐ=良いこと」なんですよね。 なぜ僕がこの大衆心理に気付いたかと言うと 僕のコンテンツにつくコメントがきっかけです。 僕はよく企業のマーケティングや裏側の仕組みなんかを 分析したりしてコンテ

          お金を稼ぐことが悪いことだと思ってる人多すぎ問題

          自由や幸せの過程には「不自由」や「不幸せ」がある

          どうも、たんぐです。 起業してからいろんな人と会う機会がありますが、 話す内容がいちいち面白いんですよね。 内容というか、議題やテーマが面白い。 普通に生きてたら議論しないことを持ち出して、みんなで話し合ったりしてます。 で、今日は起業家同士が集まったときに どんなことを話してるか?を少し共有しますね。 もちろん、言えないことも多々あるし、言えないことの方が多いです。 でも、「これなら言ってもいいかな」という内容を少しだけ共有していきます。 起業したあとの臨場感

          自由や幸せの過程には「不自由」や「不幸せ」がある

          ある出来事が起こってメディア運営の積み上げは最高だと思った話

          どうも、たんぐです。 僕はネット上のメディアをいくつか運営しています。 そこからビジネスを展開してますが、最近ある出来事が起こりました。 他のビジネスではそうそう起きないことです。 いまメディア運営をしてる人で挫折しそうな人には ぜひ見て欲しいですね。 まず先に結論からいうと 自動でリストが取れるようになりました。 アカウントが弱いときは記事を更新したり、いいねをつけたりして、 無理やりにでもアクティブなアカウントにしようとしてました。 アルゴリズム的に優遇され

          ある出来事が起こってメディア運営の積み上げは最高だと思った話

          作業ばっかりしてても売上は伸びない

          どうも、たんぐです。 今日は少し厳しめの内容を。 ・作業してるけど売上が伸びない ・自分の方向性が合ってるか分からない という人の悩みが解決するかと。 まず、結論から言いますね。 タイトルにもある通り、作業ばかりをしていても売上は伸びません。 必死に作業をして記事を量産しても、SNSにへばりついて更新したとしてもです。 最近、これを実感した話があって 僕が運営してる別垢でYouTubeを1日に10本ほど撮り、毎日投稿してました。 朝起きてから動画の台本(メモ)

          作業ばっかりしてても売上は伸びない

          資産10億の起業家から言われた印象的な言葉に思考の深さを感じた

          どうも、たんぐです。 最近、海外の思想家や資産家の本を読んだり、 資産10億を持ってる起業家と会ったりしてます。 話したいことが色々あるのですが、その中で印象深かった言葉を紹介したいと思います。 資産10億を持ってる起業家と会ったときに 「もし無一文で何の実績も経験もない人にアドバイスをするとしたら  なんて言いますか?」 と質問をしてみました。 すると、 「上手くいく方法なんかは探さずに、上手くいってない人と同じ行動をしないことだけ心がけろ」 と答えておられ

          資産10億の起業家から言われた印象的な言葉に思考の深さを感じた

          「死ぬこと以外かすり傷って浅いよね」という言葉を聞いて驚愕した話

          どうも、たんぐです。 今日はちょっと自己啓発の内容を。 おそらく価値観がガラッと変わる人もいるかなと思います。 人生迷走してる人には特に読んで欲しいですね。 ついこのあいだなんですが、 ある起業家の対談動画を見てました。 そのなかで 「死ぬこと以外かすり傷って浅いよね」とおっしゃられてたのですが、 この言葉がマジで人間としての懐の深さを表してて印象に残ってます。 この言葉って座右の銘にしてる人も多くて、 「何にも恐れずに挑戦していく勇ましい生き様」が表現されてる言

          「死ぬこと以外かすり傷って浅いよね」という言葉を聞いて驚愕した話

          ガチのお金持ちは自分に都合がいい世界を自ら作り出してる

          どうも、たんぐです。 僕は日常的に本を読んでますが、最近はかなりジャンルが雑多になってきました。 これまではビジネスに関する本や宗教、歴史などのジャンルの本を多く読んでました。 しかし、最近になって、 触れてないジャンルにも読んでみようと思い、 読んでみたところ、 かなり学びになる内容があったので共有します。 タイトルにもある通り、お金持ちの人は自分にとって都合がいい世界を作り出してます。 「都合がいい世界」というのは、世の中の風潮や文化のことです。 僕が見つけ

          ガチのお金持ちは自分に都合がいい世界を自ら作り出してる

          お客さんから見てプロだったら商品を売る権利があるって話

          どうも、たんぐです。 最近、メルマガ読者さんや リアルで会う人から似たような質問をよく受けます。 「うわー、もったいないなー…」 と思うので、共有します。 まず、どんな質問を受けるかというと、 「◯◯の領域でビジネスをしたいのですが、僕自身まだまだレベルが低くて商品として提供していいか自信がありません」 というものです。 これ、同じ悩みを抱えてる人も多いのではないのでしょうか。 回答を先に言っておくと、 『お客さんからプロだと思われてれば商品を売る権利は大いに

          お客さんから見てプロだったら商品を売る権利があるって話