心に残る言葉

私は男の子とLINEでえっちなやり取りはしない。

せめてものリスク回避だ。

だけどある時長く会っている子に

(前回セックスした時に)

〝aoiさんと距離感がすごく近くなった気がして、今でもあの時の事鮮明に覚えています。そう思ったのは僕だけですか?″

、、確かに私も彼もいつもと違ったなぁと思い出す。

私の背中に両手を回して抱え込むようにしながらずっとキスしていたんだ。

会いたいと思って

もっとみる

会いたかった

会って顔を見たら、

〝私この子にすごく会いたかったんだなぁ″

と気づいた。

就活が終わって、会えなかった間の事をたくさん話して彼の顔を見ながら

あー、、なんかすごく好きだなと思った。

セックスの最中に両手の指を絡ませて強く握りながら小さく

〝好き″

と呟くから

私も好きと言った。

この子の手は優しい人の手なんだよなぁ。

いつも可愛いと言ってくれるから、

一緒にいる時だけはいい

もっとみる

セックス・ピルクル・ロックンロール~年下の話~

高校のヤンチャしてた時代(私は無差別セックスと呼んでいる)待ち合わせがうちの近所のコンビニで、私はピルクル200mlを飲んで待つのが定番だった。
理由はピルクルが好きだから。

無差別セックスのようなもの、実は年下ともしたことがあって、彼の家、もちろん実家で。射精の勢いが半端なくてだいぶ遠くの壁にぶちまけててクソワロタ。笑ってません。

別の年下としようとしたら何故か公園で説教くらったこともありま

もっとみる
こんなんで?
4

さくら

初めて会った日。

〝歌上手くないんです″

そういって彼が歌ってくれたのは

ケツメイシの〝さくら″

隣に座ってキレイな君の顔を見ていたら君も私を見て

引寄せられるようにしてキスをして、

何も言わずにただキスだけ繰り返した。

桜が咲き始めたから、あの日のことをよく思い出す。

...また会おうね。

ずるいのは誰なのか

4年と少し前好きだった子と始めて会った後彼のTwitterの裏アカウントを見つけてしまった事がある。

そこには私の事が書かれていて、その数日後のツイートには

〝人妻には帰る場所がある″

と書かれていた。その後から彼は私と会った後に別の予定を入れるようになった。

なぜだか分からないけど私が会う子はみんな

私が既婚である事を時々指摘してくる。

〝aoiさんだって旦那さんいるじゃん″

〝な

もっとみる

私の気持ちは

だってさ、1年会ってなくて半年ぶりに連絡来て、近くに引っ越してきてて彼女がいるのに突然会いたいって言われた私の気持ちを考えてみてよ。

世界の違う人だった。

違う世界を生きてる人だったんだよ?

〝そういうんじゃない、

わかってないよね、

じゃぁもう会わないのね?″

捲し立てられてもなんて答えれば良いのかわからなかった。

SNSを見て幸せそうにしてる、

良かったねって思ってたの

もっとみる

忘れないで

2年半前に知り合ったとても好きになった子。

当時21歳。

ここでも良く記事にしてた。

もう1年近く会ってなくて彼女が出来たのを知ったから10月から連絡はせずにいた。

会いたい気持ちも薄れて時々SNSの中で見る彼をどこか他人事のように眺めていたように思う。

元々そんなにたくさん会っていたわけではなくて、本当に細く長く繋がっている、そんな感じの関係。

時々お互いの時間軸が交わった時に会える

もっとみる

春の兆し

今朝、電車に乗っていたら隣に座っていた可愛い男の子に話しかけられて話が弾んだ。

聞けば私の大好きな男子大学生。

薬学部に在籍してるそう、、賢いのね。

朝からナンパだったのかな〜

春だなぁと思った出来事。笑

今日は春分の日だったけれど、春到来でなんとなくみんなそれぞれの道を行くんだなぁと感じますね。

疎遠になっていく人たちもいるでしょうし、

続けてきたことが終わる流れになったり。

もっとみる

わたしの名前を

4年前。彼は会う前にLINEで

〝aoiさんの名前、漢字でどう書くの?″

そう聞いてきた。

伝えたら

〝きれいな名前だね″

と言ってくれた。

アプリから知り合ってフルネームを教えたのは彼くらいかな。。

他の子はみんな下の名前をひらがなで呼ぶ。

4年経った今も、2年会ってなくても、久しぶりに連絡が来ても、

私を呼ぶときは下の名前を漢字で打ってくる。

本当に人誑しだなぁと思うけど、

もっとみる

特別

久しぶりに彼のTwitterをみた。

彼と過ごした時期を思い出すと懐かしくて記憶が鮮やかで、明るい夏の空を思い出す。

好きだった。

本当に大好きだった。

もう2年会っていない。会いたい衝動も起きない。

最後にLINEが来たのは3ヶ月前。

もう終わった事なのに全く恋愛感情はないのに、自分の意思とは関係なくあの頃を思い出して私は泣きながら眠った。

そして今朝目がさめると驚いた事に

〝会

もっとみる