干菓子

愛しています!ありがとうございます!
19

本日の薄茶を点てる練習

こんにちは。10日ぶりの投稿になりました。ほぼ毎日薄茶を点てる練習をしていますが、お菓子や器を選び、写真に撮り、その写真を編集するというささやかな時間すらキープ出来ないほど、気持ちと体力に余裕のない日々です。

年末が近づいてくると、毎年こんな感じなので、出来るペースでアウトプットもインプットも、していければ良いかなと思っています。

秋晴れの清々しい空です。良き一日を。

【抹茶】
水宗園本舗

もっとみる
あなたの好き♡があれば良い
9

本日の薄茶を点てる練習

今日のお菓子は干菓子として売られていましたが、実際には落雁と半生菓子の組み合わせになります。半生菓子というのは、琥珀糖のような中がゼリー状の和菓子を指します。

鮎、向日葵(ひまわり)、桔梗(ききょう)と、季節をかたどった意匠になっていて、可愛らしいです。

桔梗は落雁ですが、鮎と向日葵は中がゼリー状で、表面はシャリっとした食感です。そして向日葵にはシナモンが使われていました。鮎や向日葵のように、

もっとみる
ありがとう!良かったらまた来てね!
6

本日の薄茶を点てる練習

干菓子(ひがし)にはいくつか種類があって、今日のように型に入れて押し固めたものを落雁(らくがん)と呼びます。干菓子の中で一番メジャーなのではないでしょうか。

和菓子はどれも薄茶に合いますが、茶道において薄茶に合わせるのは本来干菓子になります。

これに対して主菓子(おもがし)は濃茶に合わせますが、お稽古や大寄せなど、ややカジュアルな茶席においては薄茶であっても主菓子を用いることが多いです。

もっとみる
ありがとう!良かったらまた来てね!
10

本日の薄茶を点てる練習

7/18にも投稿した鶴屋吉信IRODORIの琥珀糖。もう賞味期限は切れていましたが、冷蔵庫に入れてあったので、変わらぬ味で美味しかったです。やっぱりこの形が素晴らしいなと思いました。細長い直方体なので、ブロックタイプのものより不思議と食べ飽きないのです。あとはフレーバーの個性がきちんと出ていて、きちんと美味しいのもすごいなと。

今日の茶碗は今岡妙見さんの青磁雲鶴茶碗。やや緑色寄りの青磁が、落ち着

もっとみる
Thank you so much:)
7

本日の薄茶を点てる練習

お茶を習っていると、世の中の全てに精通したい!との願望が浮かびますが、現実には不可能ですし、そんな大それた事を口にすることすらおこがましい。なので今は毎日の家庭生活において
「薄茶を美味しく点てられるよう励む」
「様々なお菓子を愛でながら味わい舌を養う」
「茶碗の知識を増やす」
「茶道に関する書物を読む」
「出来る範囲で無理なく花を飾る」
の5つに重きを置いています。

その中でも「出来る範囲で無

もっとみる
ありがとう!良かったらまた来てね!
12

本日の薄茶を点てる練習

毎晩寝る前に、翌日使う抹茶碗と菓子皿を出して用意しておきます。実際に並べてみると、思い描いていたような印象にならないことも。今回も組み合わせに違和感があったので、食器棚の前で腕組みしながら首を捻り、3回目のチャレンジで、普段は滅多に使わない勾玉型のお皿を出してみました。

抹茶碗には絵が描かれているものがあります。実は今回はとても迷いました。お菓子は豊島屋さんの季節のお干菓子 花シリーズの「あさが

もっとみる
Thank you so much:)
11

本日の薄茶を点てる練習

今日のお菓子は鶴屋吉信のIRODORI限定の琥珀糖。

昔の琥珀糖は見目麗しくはあるけれど、どれも同じように薄甘いだけで、正直美味しいものではなかった。でも近年色んなフレーバーの商品が増えてきて、形もとても様々なこだわりが見られるようになり、美味しい琥珀糖を探すのが楽しくなったように思う。自分でも作ってみたいと思える和菓子のひとつ。

味はラベンダー、ミント、ローズ、カモミール、ジャスミン。まるで

もっとみる
I'm so happy!
7