汐音屋 shioneya

日々何気なくくりかえされる時間こそが私たちを支えている。人と人、そして自分自身との関係をより柔らかくすこやかに育めるよう、おだやかな時のかさね方を提案しています。國際中医薬膳師。中医学、スローエイジング講座、こよみ薬膳、和菓子をどうぞ、かんたん金継ぎWSなど。

汐音屋 shioneya

日々何気なくくりかえされる時間こそが私たちを支えている。人と人、そして自分自身との関係をより柔らかくすこやかに育めるよう、おだやかな時のかさね方を提案しています。國際中医薬膳師。中医学、スローエイジング講座、こよみ薬膳、和菓子をどうぞ、かんたん金継ぎWSなど。

    マガジン

    • 和菓子をどうぞ

      すこやかに、しあわせにー。今も昔も変わらぬ願いを込めてつくり味わい、伝えられてきた日本のお菓子。今この時をともに迎えられた喜びに、この先もつつがなく過ごしてゆけるよう祈りを重ねて、刻々と移りゆく季節を映した生菓子と息つくひとときを届けます。神戸・岡本の日本茶カフェ一日ひとひにてご提供中。

    • 中医学スローエイジング講座@神戸

      中医学をベースとした一年間のセルフケア講座。生きとし生けるものをはぐくむ太陽の動きに合わせて古代中国で発明され、日本でも長らく暮らしに根付いていた「二十四節気」のこよみのリズムで心身のバランスを調えながらスローエイジングをめざす方法をお伝えします。21年2月〜第3期開講中。

    • おりおりに

      折々に思うこと ことばにして残しておこうと思うもの

    • こよみ薬膳 -2020-

      二十四節気や節句に合わせてその時季のからだとこころをいたわり養う薬膳をご紹介します。スーパーで手に入るふつうの食材を使い、おうちごはんの一品として食卓になじむものを心がけてお届けします。

    • ふだん使いのかんたん金継ぎ

      日々の実用からはじめた簡易な金継ぎを扱っています。欠けても割れても手放せない、ふだん使いにぴったりなうつわなら自分でお繕いしてみませんか?

    最近の記事

    1/20〜2/3 大寒のお菓子 『雪中花 -せっちゅうか-』

    提供: 1/20〜2/3 菓銘: 雪中花 -せっちゅうか- 薯蕷練切(山の芋使用)| 金柑餡 寒中に凜と咲く水仙、別名 雪中花 を薯蕷練切でおつくりしました。中は金柑の蜜煮を練り混ぜた餡です。 水仙が眠りを覚まし花咲かせるには地温10度以下の日が3週間以上続く必要があるそう。先頃ずいぶんせっかちに春の暖かさが訪れた今年は一大群生地の淡路島の水仙も開花が遅れ、これからが見頃だそう。 異例の冷え込みが戻ってきますが、動きだす春を前に今年育てたいプランを叶えるためにリサーチし

      • 1/3〜15 新春のお菓子 『花びら餅 -はなびらもち』

        提供: 1/3〜15 菓銘: #花びら餅 -はなびらもち- ういろう製 | 白味噌餡 お正月のお菓子、花びら餅をおつくりしました。ういろう製の歯切れのよい白い丸餅に紅の菱餅を重ね、中に味噌餡と牛蒡の蜜煮をはさんでいます。 元は宮中のおせち料理の一つとしてつくられている菱葩(ひしはなびら)で、お菓子として一般に広まったのは明治時代に茶道の裏千家十一代玄々斎が新年の初釜に使うことを許されてからのこと。 その菱葩は長寿を願う「歯固め」の儀式、平安時代からの祝い行事に由来します

        • 12/22〜30 冬至のお菓子『寒牡丹 -かんぼたん-』

          提供: 12/22〜30 菓銘: #寒牡丹 -かんぼたん- 薯蕷練切(山の芋使用) | 柚子餡 冬枯れの中ひっそりと咲く寒牡丹を薯蕷練切でおつくりしました。中は柚子餡です。 花の王とよばれる牡丹の中には晩春と冬の二度咲くものがあり、寒牡丹は葉をほとんど落として小ぶりな花を咲かせます。雪囲いされ葉も茂らせて立派な花をつけているのは人の手で春と錯覚させて咲かせている冬牡丹なのだそう。 冬将軍が雪雲を連れてやってくる年末年始はゆるりと暖かく冬籠もりがおすすめの時期。大切な方に

          • 12/7〜21 大雪のお菓子 『松の雪 -まつのゆき-』

            *アーカイブとしてupします 提供: 12/7〜21 菓銘: #松の雪 -まつのゆき- 薯蕷きんとん(山の芋使用) | 小倉餡 . 街にも雪が舞い始める頃。常緑の松にかかる純白の雪、清冽で身が引き締まるこの季節らしい風情を薯蕷きんとんでおつくりしました。中は丹波大納言小豆の小倉餡です。 . 冬でも凛と美しい緑のまま不変である松葉は不老長寿の象徴。吉祥のモチーフ松竹梅の筆頭であり「常盤」「千歳」「千代」など永続性を寿ぐ縁起の良い銘を冠することもあります。 . 師走もあっという間

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 和菓子をどうぞ
            汐音屋 shioneya
          • 中医学スローエイジング講座@神戸
            汐音屋 shioneya
          • おりおりに
            汐音屋 shioneya
          • こよみ薬膳 -2020-
            汐音屋 shioneya
            ¥100
          • ふだん使いのかんたん金継ぎ
            汐音屋 shioneya
          • About
            汐音屋 shioneya

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            11/22〜12/6 小雪のお菓子『落ち葉焚き -おちばたき-』

            提供: 11/22〜12/6  *11/28休み 菓銘: #落ち葉焚き -おちばたき- きんとん(小豆・山の芋) | 焼き芋餡 紅葉シーズンもたけなわ。昨今なかなか目にすることがなくなった落ち葉焚きを小豆と山の芋を使ったきんとんで映しました。中は焼き芋餡です。  ♪ かきね(垣根)の かきねの まがりかど   たきびだ たきびだ おちばたき ( 唱歌「たきび」 ) ちょっとした空き地が身近だった頃は掃いて集めた落ち葉を焚いて暖を取ったり、焼き芋をしたりする光景がありまし

            11/7〜21 立冬のお菓子「亥の子餅」

            提供: 11/7〜21 菓銘: #亥の子餅 求肥製(黒胡麻・胡桃入り) | 漉し餡(栗の甘露煮入り) 千年以上にわたって冬のおとずれを告げてきた、猪の子うり坊を模したお菓子「亥の子餅」。亥の月(陰暦十月)、亥の日、亥の刻(午後9〜11時)にこの餅を食べると無病息災を望めるという古代中国から伝わった行事食で「源氏物語」にも登場します。のちに猪の多産にあやかって子孫繁栄の願いや豊かな収穫を祝う風習と結びついて広まりました。 東洋の五行思想では亥は水に属すこと、また猪は火伏せの

            【アーカイブ】10/23〜11/6 霜降のお菓子「里づと」

            提供: 10/23〜11/6 菓銘: #里づと 薯蕷練切(山の芋使用) | 赤こし餡 . お茶とも縁の深い秋のみのり、柿の実を山の芋をつなぎにした練切でおつくりしました。中は小豆のこし餡です。 . 陰暦十月、今では十一月に入ると茶道では炉を開き、その年摘まれたお茶を初めて抹茶に挽いていただきます。江戸時代、将軍の命によって朝廷や江戸幕府へ献上されたお茶は宇治で茶壺に詰められ、甲州の山中で夏を越してから江戸へと運ばれていました。柿や栗は一緒に届けられた土産(苞 つと)で今でも開

            【アーカイブ】10/8〜22 寒露のお菓子「稲雀」

            提供:10/8〜22 菓銘:稲雀 薯蕷練切(山の芋・胡麻使用)| 栗餡 . 稲刈りが済んだ田んぼに群れるすずめの姿を山の芋をつなぎにした薯蕷練切に映しました。中は秋のみのり、栗の餡です。 . 「稲雀」とは本来は稲が実る頃に群れを成してついばみに来る雀たちのことだそうで、農家にとってはようやく収穫の時を迎えた実りを食い散らかす厄介者。それではどちらも気の毒で、ここではおこぼれをもらいに来る雀として稲刈りが終わったこの時期に登場してもらいました。 . 一年かけて実った稲は厳しい冬

            9/23〜10/7 秋分のお菓子「みのり」

            【アーカイブ】9/23〜10/7 秋分のお菓子「みのり」 提供:9/23〜10/7 菓銘:みのり 栗きんとん | 小倉餡 . 今年も栗の季節を迎え、世界農業遺産のひとつ宮崎・高千穂郷から「ひのかげ栗」が届きました。糖度が高くなるのに必要な寒暖差の大きい山間部、傾斜のついた水はけの良い土地で育った大粒の栗を蒸してなめらかなきんとんにしました。中は丹波大納言の小倉餡です。 . 縄文時代にはすでに栽培種があったといわれる栗。冬を迎える前の貴重で美味しい栄養源だったのでしょうね。消化

            菓葉暦「白秋」リリースしました

            絵葉書を入口に二十四節気の読みものをWEB上でお届けする「菓葉暦」、新作は「白秋」です。炎暑たけなわに迎える「立秋」から紅葉が始まる「霜降」までを、季節の和菓子を入口に綴ります。 残暑が後を引く時期だからこそ、暑さ寒さだけではない時の移ろいに目を留めたい季節。「白秋」のケアは夏の疲れを和らげること、秋のからだを守ること、冬の寒さに備えること、いずれにもつながっている三得のケアを、しっとりとした風情の絵葉書でお届けします。絵葉書とパッケージのイラストはマスキングテープのみを画

            お菓子の提供、ただいま夏休み中です

            こちらでのご案内ができておりませんでした。 お菓子の提供、ただいま夏休み中です。 店はただいまかき氷で大忙し。 暑さの盛りを越えて、 少しゆとりをもってお茶を楽しんでいただける頃合いに再開します。 9月下旬の秋分には栗きんとんをお出しするので、 できたらその一つ前、 9月上旬の白露の頃から再開できたらと思っていますが、 中旬に中学生の職場体験もあるため、様子を見ながら決めます。 昨年はお休み中も何かしらUPしていましたが、 今年は体力温存させていただきます。 Insta

            6/22〜30 夏越のお菓子『水無月 -みなづき-』

            提供: 6/22〜30 菓銘: #水無月 -みなづき- 吉野羹(吉野本葛・寒天使用) | 丹波大納言の蜜漬け . 夏至を迎え、今年も一年の折り返しのタイミング。古くより陰暦六月三十日には半年の穢れを払い、無病息災や厄除け、家内安全を願い、茅の輪をくぐって禊ぎをする夏越しの祓の風習がありますが、京都では三角の形で氷を模したういろうを食べる習わしがあります。 . かつて宮中や江戸幕府では氷の節会または氷室の節句として、氷室から切り出された氷を暑気払いとして食されていたそう。小豆の

            菓葉暦『朱夏』リリースより1か月が過ぎました

            情報や思いが不特定多数に一瞬で消費されていく時代に、シェアするために手間や関係性を必要とするもの、手から手へ、送る人が相手のすこやかな幸せを思う気持ちを軽やかにのせて送れるものをつくりたい。 そのアイディアを形にし、なおかつ大切な人に届けたいと思う気持ちが人から人へとつながっていくものに仕上げるために、菓葉暦の制作には経験豊富なプロの方々の手が必要でした。 このプロジェクトにふさわしいイラストを描けるフミノナさん。 形を与えて手に取れる絵葉書に仕上げ 紙からWEBで展開

            6/6〜20 芒種のお菓子『あづさい』

            提供: 6/6〜20 菓銘: #あづさい 薯蕷きんとん(山の芋使用) | 小豆こし餡 . 少しずつ色濃くなってきた紫陽花を薯蕷きんとんで映しました。中は小豆のこし餡、錦玉で雨粒をあしらっています。 . 紫陽花の語源は「あづ・さあい(集・真藍)」藍色が集まったものの意という説が有力です。その色は土壌の酸性アルカリ性に左右されるといわれますが、日本は雨が多く土壌が酸性に傾きやすいため藍の印象が強かったのでしょう。 . 一方、近世に紫陽花が伝わった欧州では「東洋のバラ」とも呼ばれた

            5/21〜6/5 小満のお菓子②『青嵐 -あおあらし-』

            提供: 5/21〜6/5 菓銘: #青嵐 -あおあらし- 薯蕷きんとん(山の芋使用) | 小豆こし餡 . 青青としげる若葉を吹き抜ける風を薯蕷きんとんで表しました。そろそろ梅雨の走りで雨粒が混じる日もあるでしょうか。中は小豆のこし餡です。 . 早春、細い枝枝にまばゆい新芽を灯していた木々はいつのまにか、その骨格を柔らかな若葉ですっかり包んでいます。 . ふりそそぐ光、わたる風にゆらめく緑の濃淡はいのちの輝き。風が時折荒々しく揺さぶりをかけても、そのざわめきに生きる喜びに沸く山

            5/21〜6/5 小満のお菓子『清流 -せいりゅう-』

            提供: 5/21〜6/5 菓銘: #清流 -せいりゅう- 青のり入り求肥  | 白こし餡 . 夏の味覚、鮎がおよぐ清らかな川を求肥でおつくりしました。青葉が映る川面を青のりで映し、中は手亡豆の白こし餡です。 . 6月に入る頃、各地の川で続々と鮎釣りが解禁とされます。鵜飼が盛んな岐阜や京都を中心に和菓子屋さんでは鮎をかたどった焼き菓子が並び、遠くの清流の涼やかさと青々しい香りを脳裏に届けます。 . 鮎は岩肌の藻類を食み独特な青い香りを持つため「香魚」の異名を持ちます。今回は青の