スローエイジング講座 2019

12
ノート

《お知らせ》スローエイジング講座(第2期)、2020年2月スタート

四季折々の和菓子を味わいながら季節の流れにそった中医学セルフケアを学ぶ「スローエイジング講座」、来たる2020年は岡本と六甲の2か所でひらきます。
.
季節の移りかわりを細やかに感じることで心身からのサインに気づきやすくなり、その変化に合わせて日々の過ごし方を工夫することで先々の自分を支えるセルフケアにつなげていただくための講座です。むずかしい専門用語はなるべく使わずに進めますので、中医学や東洋医

もっとみる

スローエイジング講座、ゆっくりと回数を重ねています

今年2月にはじまった中医学に基づくスローエイジング講座、すっかりこちらでのご案内をサボってしまいました。
.
当初毎回募集をする予定でしたが、定員を超える方が継続してくださり、欠席の場合もめぐり合わせで他の方にご参加いただいたりと満席の状態が続いております。
.
これはありがたくも講座の趣旨に適ったことで、
・季節ごとの自然の変化やからだの特徴をとらえてセルフケアに活かす
・定期的に自分自身のから

もっとみる

日付の訂正+熱中症予防について

昨日の投稿、うっかり日付間違えていました!
明日8/8が立秋、本日8/7が旧暦七夕でした。
.
ということで、本日も練切の#牽牛花(#朝顔)ご用意しております。こしあんの小豆、品種によって色や風味が異なるので少しずつ試していますが今回のものが一番好みです(いいお値段なのが唯一の悩みどころ)。
.
ついでに。熱中症、きてますね。
暑い日が連日続くとアスファルトが蓄熱するようにからだの内部にも熱がたま

もっとみる

季節の和菓子をどうぞ

4月から神戸・岡本の日本茶カフェ一日ひとひにて手製の上生菓子をお出ししております。

もとはといえば、二十四節気の中医学講座(スローエイジング講座)のためにはじめた和菓子ですが、講座以外でも定期的にご提供させていただけることになりました。

餡からすべて手製のため、基本的に隔週の月〜金のみ、毎朝その日の分を少量ずつおつくりします。お品は週替わりです。(ご予約が確実です。)

冒頭の写真は4/1

もっとみる

SA講座 啓蟄の会 レポート

先日の #スローエイジング講座 #啓蟄の会 でお出ししたお茶菓子は #菜種きんとん でした。お食事は香りよいかぼすを使ったちらし寿司などご用意しましたが撮り損ねました。。
.
菜種は #菜の花 のこと。ストレスケアに欠かせないからだとこころの栄養分、血を増やしてめぐらせてくれる黄身餡とよもぎを練りこんで、この時期定番のきんとんに仕上げました。和菓子屋さんでは陽光を受けて輝くようなあざやかな黄緑色を

もっとみる

漢方薬、愛用しています

わたしの場合、漢方薬は体質改善のために中長期的に、というよりもわたしは一時的なお助け、頓服〜1,2週間で飲むことが多いです。
たとえばこんなとき↓

・いつものカゼのサインがではじめた
・対処が遅れてカゼが長引きはじめた
・カゼの後にノドの炎症だけ残っている
・頭を使う時期で焦燥感があり不眠がち
・根を詰めて作業する
・多忙で疲れているけれどあとひとがんばりしたい
・疲労がたまってからだを起こし

もっとみる

3/6(水) SA講座「啓蟄の会」

次回3月の #スローエイジング講座 のご案内です。
*満席になりました。キャンセル待ち承ります。(2/18時点)

*先立って3/5(火)開催とご案内をしましたが、一部アシスタントとしてティーンエイジのお友達が手伝ってくれることになり、それに伴って今後の開講曜日を水曜に変更させていただくことにしました。(ご予約済の方のご協力に感謝します!)

また、次回より講義を踏まえてご自身のためのセルフケ

もっとみる

SA講座「立春の会」レポート

#スローエイジング講座
旧正月の2/5、 #立春の会 ではじまりました。

季節先取りのこよみ「二十四節気」と予防重視でからだとこころにアプローチする「中医学」で季節のちからを味方につけてスローエイジングをめざす月一のセルフケア講座です。

立春のテーマは「東風(こち) 春を告げる」、春の訪れを告げる「風」について自然現象とからだへの影響を関連づけて「外から受ける風」と「からだの内側で吹く風」

もっとみる

スローエイジング講座 3月4月のご案内

===
#スローエイジング講座
季節先取りのこよみ #二十四節気 と、予防重視でからだとこころにアプローチする #中医学 で季節のちからを味方につけるセルフケア講座。
===

次回、3月と4月の2回分をご案内します。
いずれもただいま募集中です。

【第2回 啓蟄(けいちつ)の会】3/6(水) 18:30〜
テーマ「虫なだめて蝶と化す〜ストレスケア」

冬ごもりしていた虫が地中から出てくる頃

もっとみる

サインに気づくこと

今日のお菓子、菓銘は #下萌 (したもえ)
雪の下からわずかに覗く早春の緑。春の兆しをうつすこの時期のお菓子です。山の芋をつかった #薯蕷練切 でこしらえました。

先日デイケアにお勤めの方とお話しする機会があり、通われている方でお元気な方はちょっとした不調にすぐに気づいてご相談されるそう。一方で「自分でなかなか気づけなくてついこじらせちゃう!」という声もよく聞きます。

サインに気づくこと、

もっとみる