まめはる

淡路島の和菓子屋「まめはる」店主です 和菓子の和の字も知らなかったところから 10年の修業を経て 和菓子職人となりお店を開いてしまいました もうすぐ6周年! https://mameharu.net

まめはる

淡路島の和菓子屋「まめはる」店主です 和菓子の和の字も知らなかったところから 10年の修業を経て 和菓子職人となりお店を開いてしまいました もうすぐ6周年! https://mameharu.net

マガジン

  • まめはるの和菓子

    まめはるの和菓子のつぶやきまとめ

  • やさしい和菓子の世界

    専門用語を使わずざっくりと和菓子の説明をしています。 和菓子のことよくわからない人に向けて書いてみました。 なんとなくこんな感じかな?と思っていただけたらいいな。

  • きっかけとは…

    和菓子職人になったきっかけとなるお話まとめ

最近の記事

固定された記事

はじめましてこんなお店やってます

兵庫県の淡路島で一人で営んでいる豆大福専門の小さい和菓子屋さんです 和菓子のことを全く知らないところから京都で4年、東京で3年、愛知で3年合計10年の修業を経て開業しました。 朝売る分だけを作り売切れれば店じまいするというやり方をしています。 作りたてを味わってほしいので作り置きせず、毎日作ってます。 あんこも豆から煮て裏ごしして手作りしているので接客の合間に仕込んだり炊いたりしています。 豆大福の他にも季節のお菓子なども作っています。メインは豆大福です。 豆大福に種類

スキ
15
    • 期間限定豆大福はさつまバター醤油あんです さつまいものあんこはなんだかぼんやりした味に なりがちなのでバターと醤油で味をキリッとさせて みました。醤油は隠し味程度です。 おもちは紫芋パウダーで色付けしました。

      • やさしい和菓子の世界〜お団子・饅頭編〜

        和菓子屋で10年の修行を経てお店を開いています お米 お米にはもち米とうるち米があります もち米はおもち うるち米はごはん ざっくりこんな感じに分けられます 今回はうるち米です うるち米 うるち米は普段食卓に出てくるごはんのことです。 これを粉にしたものを米粉といいます。 上新粉と上用粉 関西ではそのまま米粉といいますがそれ以外の地域では上新粉と呼びますが同じものです。 米粉は全体の総称のようなものを指す言い方でもあるので。 東京で修行してるときは新

        スキ
        2
        • 今日から豆大福が再開 3か月ぶりに作るので緊張。 毎年久しぶりに作ると緊張するなあ また大福と向き合う日々が始まる…

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • まめはるの和菓子
          まめはる
        • やさしい和菓子の世界
          まめはる
        • きっかけとは…
          まめはる

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          やさしい和菓子の世界〜大福編〜

          10年和菓子屋での修行を経て現在お店を開いています。 お米 お米にはうるち米ともち米があります うるち米はごはん もち米はもち ざっくりこんな感じです。 うるち米 うるち米はごはんです。みなさんの食卓に登場するやつです。 このうるち米を使って作った粉を米粉といいます。 この米粉を使って作ったのがお団子や、柏餅、ういろうなど。 またお団子編あたりで詳しく解説するのでうるち米についてはこのへんで。 もち米 もち米はおもちはもちろん、おこわ、赤飯などにも使わ

          言葉は生きている

          和菓子屋で10年の修行を経て現在お店を開いて6年になります。 何気なく発したひと言で人の人生に影響与えてるかも?という話です。 説教は響かない 若い頃はありがたいことによく説教されまして…今思うと人に対してのエネルギーが強くてすごいな…と関心してしまうのですが。 当時は周りからまた何かやらかしたの?とかまた呼ばれたの?とか心当たりないんですけど普通に生きてるだけなんで…。 怒鳴られるとか怒られるとかではなく、諭されるような言い方なんですよ。 若い時はそうなんだぁく

          和菓子といえば練り切りですが…

          和菓子屋で10年の修行を経て、お店を開いて6年目になります。 最近練り切りアート的なものが流行ってるのか、私が和菓子バカすぎてそれしか目に入ってないのかはわかりませんが、練り切りの講師みたいな資格とかあったりして今こんなのあるんだ!!と驚きなんですけど… 練り切りとは? 練り切りとは餅粉を水で練って湯がいてあんこ(主に白あん)と混ぜ合わせるとできます。餅粉はつなぎなのであんこを細工できるようにするために入れるという感じです。 最近はこの練り切り生地も売ってるのかな?あ

          スキ
          1

          10年のうちの1度だけ

          和菓子屋で10年の修行を経て現在お店を開いてもうすぐ6年になります。 和菓子の命はあんこと言われるくらいあんこは大事な部分なんですよ。 ほぼあんこでできてるんで和菓子って。ここの味が左右されたりする。 お店の要みたいな感じなんで何年か経たないとあん炊きさせてもらえなかったり、入ってすぐに仕込まれたりと考え方は違ってくるんですけど当然私もさせてもらえるのかと思ってたんですよ。 で、結局10年の修行のうち1回だけさせてもらえたという話です。 信用がなかっただけなのか

          やってみてわかったお店をやることの大変さ

          修行してる時はあんまりそのお店のこと考えて仕事してなかったんです。お菓子のこととか独立のために必要なこととか自分のことばっかり。 自分でお店やるとずーっと、休みの日も何してても店のこと考えてるんですよ。 いや、何当たり前なことをと思うかもしれませんが、修行してたときも経営者はずっとお店のこと考えてたんだなあと改めて気づいたというか… 今でこそありがたみが痛いほど分かるようになりましたけど、働いてるときはやっぱり文句言いたくなるときもあったり、こうしたほうがいいのにみたい

          スキ
          2

          気軽に作れない和菓子だからこそお気に入りのお店を!

          和菓子屋で10年の修行を経て現在和菓子のお店やっています。 今はsnsとかネットの情報が増えたので検索すると和菓子の作り方とか簡単に出てきますけど、修行始めたころは書店に本さえ少ないうえに、なぜかやたら高額だった。 ネットで検索しても和菓子屋さんがネットしてるわけでないので全く情報がない。 修行して最初は雑用係だったので本買って家で作ってみたりしてた。 それまで洋菓子は作ったことあっても、和菓子は全くなく食べたことすらほぼない状態だった。 まず蒸し器が登場してあ、無

          スキ
          2

          今日から彼岸入り おはぎを食べよう!!

          添加物に対する考え方

          湿度が高い日本にとっての長期保存といえば、お菓子でいえば砂糖を大量に入れるか水分を飛ばすくらいでしょうか。 水分がポイントでこれがあると腐りやすくなる。 中に入ってる水分ももちろんですが湿度もまた吸収しちゃって腐りやすくなる。 砂糖に消費期限がないように、たくさん入れると腐りにくくなる。 水と砂糖を混ぜた砂糖水を沸騰させると、先に水から蒸発していく。その次に砂糖が蒸発するので水分を砂糖に置き換えて長持ちさせるようにする。 そうするととても甘いものになる。 和菓子は常

          スキ
          1

          好きなことを見つけるのが先?

          「好きなことで生きていく」 みたいなかっこいい記事みて、今多分この状態であろう私が思う好きが先なのか?というお話です。 和菓子屋で10年の修行を経て現在お店を開いてもうすぐ6年になります。 昔は海外に憧れてたので本見て洋菓子や洋風な料理を作ってその世界観をたしなむくらいのことはしてました。世界観作るための小道具的な扱い。 ↓とうとう憧れだけでは我慢出来ずに行っちゃった話 たしかに好きかと言われれば好きだけど、作る過程も世界観に入ってるので。 それまでやりたいことあ

          スキ
          1

          いつどこで何につながるかわからない話

          和菓子屋さんで修行する前に働いてた旅館で茶道教室に通わせてもらってたことあったんですよ。 ここで和菓子に出会って…ときっかけにならなかったんです。作る側になるとか夢にも思ってない。ただ今になってここでの経験が生かされてるという話です。 茶道教室 お花と英会話、女将さんによる女将塾のようなものがあってお客さんがチェックインする前にするんです。 茶道だけ別のところに通ってました。仕事終わった後に行く。 大体みんなサボってたんですけど、私はお菓子とお茶目当てで割とちゃんと

          スキ
          2

          今日のお茶菓子のご注文です 左は琥珀糖で夕焼け 真ん中はすはま製で梨 右は練り切り金団で萩です 梨は周りにけしの実と真ん中にごまつけてあります、 少し青を入れてくすませて梨っぽい色にしたつもりです。

          スキ
          1

          お茶菓子のご注文で外郎製の桔梗です 淡い色合いに仕上げました 写真難しい。白でぼかしたのになんか一色になってる 背景とか皿がいけないのかな?暗いとなんか美味しそうに見えないし…

          スキ
          1