ヘナ②

ラクシュミーというインドの女神さま✨✨

幸運と財のラクシュミー様はヘナを愛していたそうな

そのため、ヘナは幸運の植物とされ🌸

ここまで聞いて、既に最高ですね😋なんとなく笑

な、なんと、さらに

身体の中も

デトックス✨✨✨✨

メカニズムは🤔というと。。。。

ヘナりますね、これは、もう大人の泥遊び的なっ

べっちゃら、べっちゃら。。♬わたしは、適当です

1時間半時間おきますね、

もっとみる
うれしーです✨頑張りますっっ✨✨

ワケあり新婚のベビまちコーチングVol1

旦那さんとなるべくSEXしないで赤ちゃんが欲しいんです…。

えっ?ん?今、なっ、なっ、なんと!( ゚Д゚)
申した?

初めてのリクエストですが…(汗)

どんな結婚も応援します!!

そう。穏やかに話す目の前の美しい女性は、私の妊活の基礎講座の体験レッスンに申し込みいただいた方でした。

完璧にオッサン目線ですが('◇')ゞ 背は高く、所作もお顔も美しく、目が合うとニコッと微笑み、人の話を真剣

もっとみる
(^^♪ありがとうございます。
12

婦人科受診

生理がお越しにならないので、精神科医とも相談して、婦人科を受診しました。

元々生理が定期的に来た試しは記憶にはなくて、一時期はピルを飲んでました。値段の都合上、止めましたけど。何年前かは忘れましたけど、60日分で¥9000くらいはピル代だけでしてたんで、痛いどころじゃない出費でした。名前も忘れましたけど。

去年から今年の頭でようやく定期的になるようになって、PMSと浮腫みはあれど、血液検査に異

もっとみる
嬉しいです
3

SNS更新は毎日じゃなくて良い

↓前回の記事の続きでもあります。

「女性は波そのもの、男性はサーファー」

色々な人のブログとかYouTube見るの好きなんだけど、結構毎日投稿してる人がいるな、と思いました。

やっぱり、毎日投稿は男性が多いです。

これも前回の話同様、男性の中に子宮から発せられる波は存在しないからこそ出来る事だなと感じました。

コンスタントに同じ作業が出来る。

毎日同じリズムで物事を進められる場合が多い

もっとみる
全ては幸せに繋がってる
9

男性は子供が欲しい時の作り方を知らない ② ~男と女の違い~

妊よう性(にんようせい)と言う言葉を知っていますか?

そもそもの妊娠への考え方について、男女間で大きな壁を作ってしまった

日本の教育システムが間違っています。

先進国の中で最も、この『妊よう性』の認知指数がワースト1位である我が国、日本。

妊よう性とは…簡単に言うと、

『女性が妊娠する力、能力』と記されています。 

女性に持病があったり、投薬中や治療中であっても、将来妊娠を望む女性の意

もっとみる
(*^^)vあなたの時間をありがとう。
4

神秘のヨニ

Love Madhu から今日の一雫💧

もう

神秘でしかない

 
嗚呼

麗しのヨニ

子宮の宇宙

宇宙の神秘の入り口  ヨニ

聖なる性の辿り着くところ

宇宙の愛と いのちの神秘

もうすぐ満月

わたしに流れる

月のリズムと

赤い血潮と出逢うとき

全ての女性に宿る 麗しの ヨニ

きらきら光る

愛の甘い蜜に潤いながら

あの神秘に出逢えるときを待ってます

脳内 快楽 お花

もっとみる
ありがとう∞今日もすてきな1日✨
1

女性は波そのもの、男性はサーファー

新月の体調の変化や、女性特有の体の波を感じて、最近思う事があるので書き記しておこうと思います。

ただ、とても抽象的なもので、これを三次元的な言葉というツールを使ってわかる様に説明するのがとても難しい😅💦

分かりずらかったらごんね。

男性と女性の大きな、決定的な違いは、やはり子宮があるかないかだと思います。

女性は子宮を持って生まれた時点で、体に波が発生するようになっている。

男性は、

もっとみる
愛のエネルギーが1番強い
6

男性は子供が欲しい時の作り方を知らない ① ~男と女の違い~

避妊をしなければ子供はできるものだと
思っていた…

殆どの男性はこう思っている。 

この考え方を定着させてしまった間違いだらけの日本教育。

大切なのは『妊よう性=妊娠する力』を知ることから。

妊娠は神聖なものである(男性論)

妊娠に対する自然崇拝度数が高い… 

これを聞いた時にやはり男性の方がロマンチストと思い、なんだか目を細めてしまったのは私だけ?

そう言えば、以前付き合っていた男

もっとみる
(^^♪ありがとうございます。
12

みえない

期間限定お仕事が終わった。

さて、それで知ったこと、気がついたこと。

今回のお仕事メンバーは20代から50手前の女性ばかり。

ある時、どういう流れでそんな話になったのか、

6人いる会議室で、

1人の女性が子宮の腫瘍を壊死させるために足の付け根から管を入れたという。痛そうな話だ。

すると2人目が、その話の流れで以前子宮をとったという。

そこで私は、ポリープが出来て不正出血が止まらないと

もっとみる
スキ、ありがとうございます。すき。
8

『悲沈』

思っていた通り、結果は悪いものだった。

多分、こっちの結果だと思っていたから、

気持ちの沈み方を何度もイメージして、

立ち直る時間も準備してきた。

だけど、現実は違う。涙に支配されている。

私は子供が産めない。確定してしまった。

出産に必要なものを取らなきゃ、命が危うい。

目が合った飼い猫が、駆け寄って来る。

いつも素っ気ないのに。こういう時に優しい。

舐めてる雫が止まらなくて、

もっとみる
ありがとうございます!良かったら、シェアもお願いします(>人<;)
11