売れたい

服部良一とピアソラをこの時代で出会わせたい。

服部良一(1907-1993)はいわば日本の歌謡曲シーンに、ものすごく新しい風を吹かせた人物である。

大阪フィルでセカンドフルート奏者をつとめながらジャズ喫茶でピアノを弾き、コロンビアレコードで作編曲の仕事をし、ジャズや黒人ブルースの要素をたくさん取り入れた楽曲をつくり、(ジャズが敵国の音楽となってしまった)大戦中にも叙情的なメロディを生み出し、戦後は『ブギ』を日本の世に鳴らした。

今、演奏し
もっとみる

それでも音楽やりたいんだ

器小さい系引きこもり型晒され派生シンガーソングライターの大木です。

もうこの言葉並びのインパクトが凄い。

きちんと全部当てはまります俺。全部褒められないけど。

とりあえず一発目を発信したものの、朧げな構想しか描かないまま、見切り発車したのでどうしようと悩んでいました。

そんな俺に転機とアイディアとクズという中傷をくれたやつがいます。

誰かは言いませんが、そいつと飲みに行っていろいろ話しま

もっとみる

そこら辺のミュージシャンの人生。

昨日大手ブログからこちらに引っ越してきました、大木啓吾と言います。

数多いるミュージシャンの中で、なぜお前を知らなければならぬのだと感じると思うのですが、割と楽しめる見ていて楽しめる行程を踏んでいます、多分。

音楽を10数年やって、700円で日本一周を2度行い、集大成のワンマン(出演が自分たちだけのLIVE)を成功させたのにもかかわらず、その後、なぜか毎日YouTubeでゲーム配信をして「ナイ

もっとみる

「あー、うん、良かったよ!」しかフィードバックが貰えないときの対策

クリエイターなら感想が欲しい、多くの人間がそう感じて人に作品を見せる。

『良かったよ!』

そう言われるのも確かに嬉しい。嬉しいのだが……。
自分の作品をより良くしたい……そのためには、読者からの正直なコメントがもらいたい。

自分の描いているソレが狙いどおりに与えられているのか。気になる。おそるおそる読んでもらう。

『面白かったよ!』『良かったよ!』『いいんじゃない?』

「違うんだよ!!!

もっとみる
ありがとうございます!
5

君はメカンおじさんのメカンを買うか?

これは、自分の作品が手に取ってもらえないクリエイターへ送る、メカンおじさんのお話。

君が散歩していると、ふと看板が目に入る。

”メカン買ってください!”

そこでは、君とは全く縁もゆかりもないおじさんが、メカンとやらを売っていた。

見た感じ、メカンはどうやら果物らしい。

形を見ると、パイナップルをもう一回りくらい分厚くした皮を持っている。家にある包丁じゃあ、とてもじゃないが切れなさそう。

もっとみる
そのスキで次の記事の更新スピードがあがります
8

【音楽】は目的なのか 手段なのか

目的➡到達したい状態 ゴール

手段➡目的を達成するための道具として活用

凄いシンプルに結論から先に言うと

私たち見ている側 応援する側が魅力を感じるのは

音楽を目的としている人達  の奏でる音楽ですよね 

そう思いませんか

だって 音楽を手段として何か別の願望を叶えようとしているのならば

その最終的な願望を教えてもらった上でなら応援できますけど

それがなんだかわからんのに 大好きな

もっとみる
サンクスモニカァ~♡
4

この世界のつらみに

この世界は僕が生きていくにはちょっとつらすぎるから、うーん、そろそろ無理かもなって思い始めています。いやまだまだ諦めてはいないんですけど、まぁ、あんまり長くないかもなって思っています。
そんな感じなので、僕が最近ラーメン食ってるときにおかしいなって思ったことを書いていこうと考えました。レッツエンジョイ。

①就職活動

僕はいま就職活動をしてるんですが、おかしいなと思ったのはまず髪型が黒髪短髪じゃ

もっとみる

売れたい、マジで

5月11日
何もない1日。
最近バイト漬けだったし、たまにはこんな日があってもいいだろう。今日は休日を謳歌してやるのだ。

朝10時頃に布団を抜け出し、歯磨きをすませると部屋の掃除と冬物の毛布の洗濯をした。最近日中に家にいることが少なく、開けることがご無沙汰になっていた部屋の雨戸を開けると、眩しいほどの太陽の光が部屋に差し込んできた。外は天気も良く気温も高い、絶好の洗濯日和らしい。

洗濯物を干す

もっとみる
よろしければシェアおねがいします!
20

サボったリング

ちょっと日記をサボってしまった。
大好きな大好きなクリープハイプを見てきたけれど、前の女の人がかかとの高いヒールを履いていて全然見えないし、遠くて遠くて見えなくて、なんだかショーケースの中のダイアモンドを見ているようだった。

話は変わって、

カオナシさんをツンツンする尾崎さんを見て、私もカオナシさんにツンツンする権利が欲しいととてつもなく思った。

カオナシさんが見たくて一生懸命背伸びしたけど

もっとみる