堀江由衣

やさしい歌がある。

今から20年ほど前、白泉社の花とゆめで連載。
過去2回アニメ化された少女漫画「フルーツバスケット」(原作は高屋奈月さん)通称"フルバ"。
こちらの一度目のアニメ化の際、オープニング曲として使用されたのが、岡崎律子さんの"For フルーツバスケット"なのですが、とても良い曲なのです。
ホッとして泣きたくなる気持ちになる。
歌い出しの 〽︎とてもうれしかったよ が
囁かれてるみたいで気持ちいいんだよね

もっとみる
THANKS !!(*ノωノ)
2

映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ

プリキュア映画を観たわけですが…実はこれが人生初プリキュア。他のシリーズも全く観てない状態でした。なのにプリキュア映画を観た理由は以下の3点。

1.短い。60分程度で終わる。

2.子供向けアニメ映画は嫌味がなく、鑑賞後は爽やかな気持ちになれる(細田守は知らない)

3.セーラームーンRの映画を観たのでそれと比べたかった(これの感想も今度書く予定)

そしてプリキュア映画でこれをチョイスしたのは

もっとみる

堀江由衣という声優

僕には小さな頃から飽きずに続けていることが3つある。
一つは歌うこと。
二つ目は、将棋。
そして三つ目が、「ほっちゃん」こと声優堀江由衣のファンだ。

一応、堀江由衣について説明しておくと、「物語」シリーズ羽川翼役で有名な人気声優さんです。同じく声優の井上喜久子さんを教祖として崇める「17歳教」に入信しており、年齢は「永遠の17歳」ということになっています。

ほっちゃんとの出会いはかれこれ20年

もっとみる

【番外編】#とれとれ まとめ④

メールテーマ一覧

第01回「軽減税率くらい実はよく分かっていないこと」
第02回「私がやっている小さいスポーツの秋」
第03回「教えて!ラグビーの楽しみ方」
第04回「地味にすごい特技!」
第05回「車にまつわるエピソード」
第06回「ネクストジムニー」
第07回「私の合格!不合格!」
第08回「今日だけの選択」
第09回「後悔などあろうはずがありません」
第10回「○○するならAとBどっち?」

もっとみる
今日のラッキー晩御飯は…「寿司」です!
2

【番外編】#とれとれ まとめ③

浅野さんに聴いてほしいドライブソング一覧

第01回「スピッツ 青い車」
第02回「宇多田ヒカル traveling」
第03回「マルーン5 ムーブス・ライク・ジャガー」
第04回「Suchmos STAY TUNE」(リクエスト:駅長さん)
第05回「浜崎あゆみ BLUE BIRD」
第06回「MIKA Love Today」
第07回「King Gnu Flash!!!」
第08回「Kin-K

もっとみる
今日のラッキー晩御飯は…「塩ラーメン」です!

【番外編】#とれとれ まとめ②

カロリーとれとれ 紹介商品一覧とカロリー

第01回「セブンイレブン マシュマロ食感生チョコクリーム大福」
 127円 142キロカロリーとれとれ

第03回「ファミリーマート クリームほおばる安納芋プリン」
 258円 265キロカロリーとれとれ

第04回「ローソン Uchi Café CUPKE(ティラミス)」270円
   「ローソン Uchi Café CUPKE(モンブラン)」295円

もっとみる
今日のラッキー晩御飯は…「カレーライス」です!

【番外編】#とれとれ まとめ①

トレンド王に私はなる!まとめ

第01回「#白ごはんにかけるなら」→590ツイート
第02回「#私の唯一の自慢」→210ツイート
第03回「#誰に言っても信じてもらえない話」→217ツイート
第04回「#ハロウィンに言いたいこと」→520ツイート
第05回「#いい句の日」→567ツイート
第06回「#いい意味で」→343ツイート
第07回「#この冬の私の推し」→265ツイート
第08回「#推しへの

もっとみる
今日のラッキー晩御飯は…「のり弁当」です!
1

堀江由衣ライブの感動を喋りたい

2019年12月堀江由衣ライブツアー文学少女倶楽部が開催された.

自分は幸運にも全てのライブに参加できたので,その記録をここに残したいと思う所存である.

堀江由衣さんのことを以降ではほっちゃんと記します.また感想もあくまで一個人がそう感じたということでご承知ください。

永遠のアイドル,ほっちゃんが作る今世紀最大の圧倒的ライブ
一言で言うならこんな所だろうか

ほっちゃんの魅力が詰まっているフ

もっとみる

今年から声優楽曲を聞き始めたおっさんがこの一年で特に高まった曲・アルバムについて

本当は今年一年で高まった声優アーティストについてつらつら書くつもりでnoteを開いてスタートの小倉唯さんの時点で原稿用紙何枚分だよってくらい下書きしてたんですが次の石原夏織さんを書いてる途中でnoteが落ちてしまい膝から崩れ落ちた年末の私です。もうこのまま小倉唯さんのFARAWAY聞きながら消えて行きたい反面、人生のターニングポイントとなったこの一年の高まりをなんとか残しておきたいパッションがまだ

もっとみる