またライブ配信の話

お久しぶりです。犬飼です。
少々時間ができたので、演劇のライブ配信について考えている事をまとめてみようと思います。そろそろ実際に動こうとしているので、今後の公演のための指針として書いておこうかという感じです。

さて、まず、僕は上演のライブ配信には基本的に肯定的な意見を持っているという話でした。新型コロナウイルスの影響で劇場にて以前のように公演ができなくなった代替案としてではなく、これまでもライブ

もっとみる
ありがとうございます〜
4

【COVID-19】非対面型サービス導入支援事業

2020年6月18日のnoteで書いた『東京都のヨガ配信助成金…音沙汰なし』に間違いがありました。

2020年6月10日に(公財)東京都中小企業振興公社より『ヨガ配信助成金』ではなく『非対面型サービス導入支援事業』という名称でリリース済でした…スミマセン!

パーソナルトレーニングスタジオでも、ZOOM等を使ったオンラインクラスを行うためのカメラや、動画を編集するためのパソコンの購入。
非対面サ

もっとみる

補助金・助成金。利用したいのそのリアル。

補助金と助成金の違い。

基本的な注意点について、まとめてみました。

【補助金・助成金 その違いとは?】

基本スタンスとして「補助金は事業」を。「助成金はひとを」助けるためのお金である。で・同じお金でもいただくまでのルールが異なる。

補助金・・・申請しても必ずパスするとは限らない。募集~申請までの期間は短期なものが多い。

例:IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金 etc※経済産業省

もっとみる
うれしいです!
6

ソーシャルセクターデザイン講座2回目「教育」を終えて

今回は12年ぐらい前に子育て支援する側、される側の関係で知り合い、その後活動を何度かご一緒した 藤原さとさんをゲストスピーカーとしてお呼びし、前半は「こたえのない学校」https://kotaenonai.org

「Learning creator`s Lab」https://xtanqlcl.kotaenonai.org

「Learn by Creation」https://www.face

もっとみる

新型コロナの影響で子どもの面倒が見れないフリーランスの方はベビーシッター割引券の利用がおすすめ

政府の新型コロナ対策として、フリーランスの方はベビーシッター割引が受けられます。

子どもの面倒が見れないフリーランスの方は、月額で最大26万4,000円分の助成をうけることができます。

政府がフリーランスの方のベビーシッター利用を助成

新型コロナの影響で、小学校や保育園の臨時休校や休園が増えています。

これにより急遽、子どもの面倒を見なければならず、契約した仕事が手につかないというフリーラ

もっとみる
スキありがとうございました!もしよろしければシェアもおねがいします!
9

補助金について

補助金は常時3000以上あると言われています。

その名前も補助金だったり、助成金だったり、給付金だったりします。

実際に使えるものはそれほど多くなかったりします。補助金はだいたい受給条件があり、自社に当てはまらないものがほとんどでしょう。

一方で活用できている企業もたくさんあります。原資は多くが税金ですので、納めた税金を取り戻したいという人も多いでしょう。

次回は使える補助金の上手な探し方

もっとみる

【今更聞けない】持続化給付金

コロナの影響で金銭的に大打撃な法人、個人の方がおられると思います。

巷では、持続化給付金?定額給付金?10万支給?200万?100万?、、、、と、補助金なのか給付金なのか、未だにピンと来ない方もいるのではないでしょうか?

今回は、今更聞けない"持続化給付金"について、
こーっそり、教えます!

.

持続化給付金とは…新型コロナウイルスで影響を受けた事業者に対し、お金をあげますよ。

と、いう

もっとみる
スキをありがとう。これからもスキをいただけるように…。
3

上限250万円、事業継続緊急対策(テレワーク助成金)

最近はテレワーク・リモートワークに関して記事を書いていますが、導入の障壁となるのが「コスト」です。

例えば、在宅勤務用のPCを購入する、社員へモバイルルーターを配布する、自宅から安全に社内環境へ接続するためにVPNを導入する、など、システムを導入するためにはコストがかかります。

PCの購入でいえば、例えば10万円のPCを10台購入すると100万円かかります。決して少なくないコストです。

そこ

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
2

本日から申請開始!『文化芸術活動の継続支援事業』

2020/07/10

TONOZUKAです。

本日からこちらの申請が始まりました。

文化庁のホームページでは対象者は以下のようになっています。

<文化庁のホームページから引用>

直近3年間(2017年度以降)2回以上の文化芸術活動を行う、以下の個人又は文化芸術団体を対象とします。
(個人について)
フリーランスを含む個人事業者(※)
※不特定多数の観客に対し対価を得て公演・展示等を行う者

もっとみる
嬉しいです!!
7

文化芸術活動の継続支援事業で補助金を申請しましょう!

新型肺炎拡大に伴い、文化庁主導で【文化芸術活動の継続支援事業】という助成制度が、2020年7月10日付けでリリースされました。

法人個人は厭わず、主に文化芸術活動を維持継続させるための補助金となります。

予算は現時点で509億円、申請後審査が通れば20万円~最高150万円までの経費が補填されるような仕組みです。

あくまで事業に対する補助なので、

「コロナのせいで収入が無いからお金くださーい

もっとみる
ありがとうございます🕊
6