今年のふりかえり

さらば令和元年

「僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る」。彫刻家で、詩人の高村光太郎はそう言いました。

私たちの人生が、時刻表どおりに管理されるレールを外れるとそこに待っているのは、カオスです。私たちはついカオスを恐れるけれども、それは広大な草原、霧立つ険しい山々、暗く深い森と本質的に同じものです。

その時、どうすれば私たちは、自然と対立したり、支配したりするものではなくて、その一部としてそこに在ること

もっとみる

今年の誓い

今年の元旦に立てた目標を振り返ってみると、7/15の割合で達成できてた。

個人的には工夫次第でもう少し達成できたかなとは思うけれど、日常的に優先度を高くしてなかった目標もあるので、自分のモチベーションと目標の立て方をもう少し考えようかなと思った次第。

今日は1人と一匹で過ごす大晦日。もう、来年が始まるので、次の目標考えようっと。

周りのおかげで豊かになった1年でした。

どうも。映画と海外テレビシリーズばかり見てるただの会社員キャサリンです。

今回はいつもと違う内容です。映画と海外テレビシリーズの話が読みたい方はごめんなさい。ここでストップしてOKです。ちょっと個人的に、今年はここ数年の中でも一番印象的な年だったので、書き記しておこうかなと思っておりまして。

褒めの威力と場の選び方

本業は会社員をしており、昨年諸事情によりキャリアチェンジをしました。自分のキ

もっとみる
よければまた覗きに来てください…!
20

2019年振り返り

年末なる~と思って、バタバタと寝たり起きたり繰り返してたら、もう末も末に💦
わずかばかり買った宝くじも外れたことだし、2020年もどうにか収入を得ていかなければ行けなくなったところで、公募で何かしらヒットしたらラッキーかなと年始に応募しよかな~。
まぁ、今年は序盤から思うように行かないことが多く、そんな感じに地味に進んでいったな~と。正直そんな良い年ではなかったけど、災いがなかったので良し!後半

もっとみる

2019年の振り返り

この1年、いろんなことがありました。
辛いこと。しんどいこと。悲しいこと。嬉しいこと。楽しいこと。一言では言いえないくらい、本当に、いろんなことがありました。

とはいえ、仕事や家事は、中途半端になってしまった感じがします。
お金をもらう以上、家族の健康を守る以上、最低限やらなければならないことはある。わかってはいても、なかなかうまくいきませんでした。

なんでも自分の障害のせいにするのはよくない

もっとみる

2019年 私的5大ニュース

数年に一度の割合で年末に風邪を引く。今年はその年だった。最終出社日、午前中のうちにとりあえず納めたような雰囲気を作ってから病院に行き、39.5℃というハイスコアを叩き出してそのまま帰宅。それから4日。ようやく微熱と平熱を行ったり来たりするまでになった。年始は元気に迎えられそうだ。

そんなわけで本当はキャンプの記事も年内に後半書いてすっきり納めたかったけど叶わず。まあ無理しないでいきましょう。

もっとみる
読んでくれただけじゃなくスキまで押してくれるなんて!感激です!

ダウンタウンのガキのつかいやあらへんでを見ながら2019年を振り返った

2019 年のふりかえり
1 仕事
仕事面では、手帳の使い方やノート、メモのつかい方など、かなり自分なりの方法で扱 えるようになってきた。具体的には、手帳には自分の予定以外に他者、自学年だけでは なく、他学年の予定を書くなど、自分が少しでも動きやすいような予定の書き方をして きた。ノートは、昨年同様、三冊持ち。授業づくりノート、子どもノート、校務分掌ノ ート、来年度は、これを

もっとみる

#2019

学生から社会人へ。
平成から令和へ。
自分が走ったことで生まれる風と、ただ立っているだけで感じる社会の風。
様々な風に吹かれ流され、なんとか辿り着いた2019年の大晦日。

世界が広がり、世界は狭い。
卒業論文を提出し、満を持して飛んだヨーロッパ。フィレンツェの夕日は忘れられない。そうして世界は広がった。
日本に帰ってきてからは今までの人間関係を確認するかのように卒業旅行とサークル、バイトの追いコ

もっとみる
とっても嬉しいです。
3

2019年も後わずか。

こんにちくわぶ。まてさんです。
年末1番最後まで仕事とか予定が山積みで、やっときょう仕事納めでした。長かった年末。

さて、今年は色々とありました。社会的事象やら心境の変化やらいろいろ……

でも、1番大きいのは「先生」になったことですね。先生として接するのが新鮮でもあり、迷いでもあり…!まだまだ未熟者だと感じております。

毎年目標を立てていて、2019年は「つながり」をテーマにしていました。新

もっとみる

越えた一年でした。

大晦日に綴る2019年最後のnote。

振り返るとこの365日は、あらゆることを「越えた」一年だったと気づかされました

仕事面は毎年激動なんだけれども、今年はまた新たなフェーズに入ったなと。代表不在の期間がこんなにも長期間あったのははじめてだったので、悩みは尽きないけどひたすら手足は動かさないといけない状況で、本当に目まぐるしかった。

でも、おかげさまで、(ほんの少ししかわたしはわかってない

もっとみる
ありがとうございます!
5