すずき・ちえ@東北・宮城在住ライター

宮城県仙台市在住の会社員/2019年より東北の住民発ニュースサイトTOHOKU360などで取材記事を執筆/地域ブログ運営https://suzukichi.com/東北の生活者の視点からの文章/noteはエッセイ等/連絡はTwitterのDMへお願いします。

すずき・ちえ@東北・宮城在住ライター

宮城県仙台市在住の会社員/2019年より東北の住民発ニュースサイトTOHOKU360などで取材記事を執筆/地域ブログ運営https://suzukichi.com/東北の生活者の視点からの文章/noteはエッセイ等/連絡はTwitterのDMへお願いします。

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

【自己紹介】

はじめまして。鈴木千絵(すずき ちえ)と申します。私のページをご覧いただき、ありがとうございます。 ここでは、私自身のことを書きたいと思います。 私は、岩手県生まれ、宮城県在住の生粋の東北人です。「書く」ことをライフワークにしており、会社員の傍ら、ライター活動をしています。 主に、東北(特に宮城県)のおでかけスポットやグルメを取材した記事、東北暮らしの日常や、読んだ本について綴ったエッセイを書いています。 東北が好きで、書いて伝えることも好き。「東北で暮らす人の目線で

    • 【地域ブログ更新】ブログに東北ゆかりの本のレビューを書いていくことに。第一弾は、芥川賞受賞作『荒地の家族』、書店員でもある仙台在住の作家・佐藤厚志さんの著書です。東日本大震災について考えさせられました。https://suzukichi.com/arechinokazoku/

      • 【地域ブログ更新】東北産のドライフルーツにチョコレートをコーティング、「ROKU'e-ロクエ-」のドライフルーツショコラ。8種類の中からいちじく、柚子を食べてみました。オンラインショップでも買えます。バレンタインにいかが?https://suzukichi.com/rokue/

        • 【エッセイ】仙台から芥川賞作家が!

          仙台出身・在住の作家、佐藤厚志さんが第168回芥川賞を受賞した。 地元在住の作家が芥川賞受賞となると、本好きとしては、嬉しいもの。夕方、ニュース速報が出たときは、飛び上がって喜んでいた。関係者の方の喜びは格別だったであろう。 報道で、佐藤さんが私と同世代で、仙台在住と共通点があることや、受賞作の『荒地の家族』は東日本大震災がテーマと知り、読みたくなった。 早速、受賞数日後に、佐藤さんの勤務先の書店に行った。もちろん本を買うためである。 書店は、仙台駅前のテナントやオフ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • エッセイ
          すずき・ちえ@東北・宮城在住ライター
        • ブックレビュー
          すずき・ちえ@東北・宮城在住ライター
        • 東北/宮城
          すずき・ちえ@東北・宮城在住ライター
        • 創作プロジェクト オテアワセ
          すずき・ちえ@東北・宮城在住ライター
        • 講座
          すずき・ちえ@東北・宮城在住ライター
        • お仕事記録
          すずき・ちえ@東北・宮城在住ライター

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【執筆記事公開】2022年11月、福島県で規格外品のフルーツを利用したフルーツハーブティー「TEA&THINGS」が誕生しました。福島の魅力がギュッと詰まっています。誕生までのストーリーを取材しました。https://tohoku360.com/teaandthings/

          【おすすめ本】これからも地方から発信し続けたい!と思えた本~『魔法をかける編集』(著者:藤本智士)

          こんにちは。ライターのすずき・ちえです。 私は宮城県仙台市を拠点に、会社員のかたわらローカルウェブメディアや自身のブログで、地域住民の目から見たローカル情報を発信しています。 主におすすめのおでかけスポットや飲食店(コーヒーとスイーツ率が高め)紹介や、地域活性化につながる活動をする人たちや企業へのインタビュー記事を書いています。 詳しいプロフィールについてはこちら。 2018年より活動を開始し、今年で5年目。今ではすっかりローカル記事を書くことがライフワークとなりました

          【地域ブログ更新】今が旬のイチゴですが、おすすめ品種があります!宮城県生まれの「にこにこベリー」。鮮やかな赤色と、甘みと酸味の絶妙なバランスが最高。ぜひご賞味を! https://suzukichi.com/nikonikoberry/

          【ブックレビュー】東北在住・アラフォー会社員ライターの「2022年読んで良かった本ベスト3」

          ※2022年年末に書いてリライトした記事です。 東北在住の会社員ライター すずき・ちえです。 2022年、みなさんはどのような1年でしたか? 私は様々な変化があった1年でした。会社では人事異動で新しい職場へ、ライター活動では、個人ブログを開始したり、新しい媒体で書き始めたり。 充実していたものの、物事に追われてヒイヒイ言っていた時期も。 そんな時に支えとなってくれたのが本です。読書をすることで気分転換ができ、活力が生まれたような気がします。日常を描いたエッセイを読み、作

          【東北グルメ】宮城の名湯、鳴子温泉のご当地グルメ「なる子ちゃんこ鍋」についてブログに書きました。https://suzukichi.com/narukochanko/ 大相撲宮城野部屋直伝のちゃんこ、元気が出る味でした!

          【地域ブログ更新】毎年恒例、江戸時代から続く伝統の「仙台初売り」に行って来ました。https://suzukichi.com/hatuuri/

          【エッセイ】正月早々、日帰り温泉で大慌て。

          大晦日から元日にかけて、宮城県内の夫の実家で年越しをした。今朝、帰りがけに「温泉行きたいな」「日帰り入浴をしていこう」という話になり、少し遠回りして、日帰り入浴施設に立ち寄った。 そこは、アクセスがいい上、源泉掛け流しで、露天風呂やサウナまでついていてる。温泉好きのわたしのお気に入りの施設だ。スタッフがいつも感じがよいのと、建物内が清潔なのも好きなところ。 2023年初の温泉は、とても気持ちよかった。寒い時期だからなおさらだ。 その時は、珍しく雪は降ってなかったものの雨模

          あけましておめでとうございます!東北宮城在住ライター、すずき・ちえです。本年もよろしくお願いいたします。 ※写真のしめ縄リースは、フラワー講師の方の作品です。お正月に飾るのを楽しみにしていました😊

          【エッセイ】ホップ・ステップ・ジャンプ

          2022年が間もなく終わる。これを書いているのは12月29日。今日を含めるとあと3日。早いなぁと思う。 窓の外には雪が降っていて、雲に覆われている。雪雲の間に時々、太陽がのぞくこともあるが、すぐに雲に隠れてしまう。わたしの家のまわりは、年末はいつもこんな感じだ。 そんな中で今年を振り返ってみると、「ライティング活動」と「難関ご当地検定への挑戦」の1年だった気がする。 まず、ライティング活動は、取材記事を書いたり、友人との創作プロジェクトで毎月1回エッセイを書いて発表した

          【地域ブログ更新】宮城・鳴子温泉にある6メートルの“巨大”こけし塔。2022年に雪の重みで頭が取れたことが話題になりました。今の姿を見に行ったら、意外な気づきがありました。https://suzukichi.com/narukokeshi/

          【エッセイ】見えないところで

          先日、宮城県の鳴子温泉に一泊した。 鳴子は山あいにあり、宮城県内でも雪が多い地域である。私が行った時も天気は、みぞれからの雪だった。天気予報によると夜から雪が激しくなるという。 温泉街は、山の斜面にあり、宿泊したホテルは温泉街の中でも標高が高いところにある。さらに行くまでの道路の幅が狭く、譲り合わないと車がすれ違うことができないほど。 ホテルまでの狭くて急な坂を車で上りながら、天気予報が頭をかすめ、翌日の帰り道が不安になった。着いてみると駐車場も屋根がないので、車の雪下ろ

          【エッセイ】初めての星よみ体験記。自分と向き合えたひととき。

          星よみを知ったきっかけは一冊の本から 初めて「星よみ」を知ったのは、1年ほど前のこと。『満月珈琲店の星詠み』という本がきっかけだった。 満月の夜だけに開く喫茶店で、猫の店主が悩みを抱えた来客に星よみをするという、ファンタジー小説である。 星よみは、生年月日、出生地、出生時間から、その人が持つ本質や才能、課題などを割り出すらしい。12星座占いなら同じ運命の人も多いが、産まれた日時、場所となると同じ人も限られてくる。 自分が持つ本質や適性なんてわかっているようでいて、意外