人材開発

Unlearning祭り:立ち上げ1ヶ月振り返り【訪問看護ステーション開設31日目】

Unlearning祭り:立ち上げ1ヶ月振り返り【訪問看護ステーション開設31日目】

怒涛の1ヶ月が終わろうとしています。 最初の1ヶ月を事故なくトラブル少なく進んで来れたことに心からの感謝を。 ウィルグループの諸先輩方とご近所の関連事業所の皆さまやご縁のあった皆さまに感謝感謝で1ヶ月経過です。 そしてそして苦楽を共にしているメンバー全員(常勤非常勤みんな)に心からのレスペクトと感謝を🙇‍♂️(ぺこり)^^。 人材開発や組織開発業界に”Unlearning”という言葉がありますが 学び直しや新しいことを学ぶ際に必要になる、「すでに獲得したものや身につ

6
思い出と今を繋ぐブリコラージュの架け橋

思い出と今を繋ぐブリコラージュの架け橋

こんにちは。 株式会社プロタゴワークスあかねです。 小学生の頃、テレビでジャッキー・チェンの映画が放映されるのをいつも楽しみにしていました。 中でも、『ドランクモンキー酔拳』は今でも楽しく観れるくらいに大好きです。 そんな、ジャッキー好きな小学生だった頃、友達がこんな話をしていたのを、ふと思い出しました。 「お父さんと一緒に、山登りに行って、頂上でカップラーメンを食べようと思ってお湯を沸かしたんだ。そしたら、箸が無かったから、その辺に落ちてる木の枝で食べたんだ」 当

2
研修で人は幸せになれるかについて考えてみた

研修で人は幸せになれるかについて考えてみた

こんにちは。「わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所)」専任講師の本陣です。 先日、弊社スタッフから「研修で人は幸せになるか」という問いが出されました。これについて研修講師も務める私が、自分なりに考えたことを書きます。 ■研修で幸せになるとは限らない。結論から言うと、研修で人が幸せになるとは限りません。 私個人の意見としては、幸せになる(幸せにする)ために研修をするわけではなく、あくまでもきっかけの一つだと思っています。 ■研修の意味で悩んだ20代私がまだ2

8
私が最初に起業した会社について

私が最初に起業した会社について

私が最初に会社を立ち上げたのは今から数年前になります。 事業内容ですが、 優秀な日本の技術者と日本の技術者が欲しい海外企業をマッチングさせるものでした。 実際ニーズはかなり多く、特にインド企業からの問い合わせが数多くありました。 今回、日経新聞さんの越境リモート勤務の記事を読んでふと色々と思い出しました。 越境リモート勤務とは、自国に住みながら海外企業で働くスタイルです。 コロナ禍によって一気に当たり前になろうとしてきています。 この働き方ができる職種の人は世界に

20
課題設定力

課題設定力

以前、「AIで社長は採れない」というタイトルの投稿をしました。下記の趣旨でした。 https://note.com/fujimotomasao/n/n37f70d686652 「AIによる採用は、AIにとっての判定の基準があることが前提になる。「○○の業務は、こういう資格を持っていて、こういう経歴があって、こんな行動特性を持っている人が成功しやすい」という過去の勝ちパターンが明確化しやすく、かつそれが今後も続く仕事であるほど、判定の基準が作りやすくなる。そうした基準の作りよ

13
#38 夢を見ることは重荷を背負うこと ある小学6年生の作文 鈴木一朗

#38 夢を見ることは重荷を背負うこと ある小学6年生の作文 鈴木一朗

作文の内容を見て、ピンとくる方がいるかも知れないですね。 「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。 活躍できるようになるためには練習が必要です。 僕は三歳の時から練習を始めています。 三歳から七歳までは、半年くらいやってましたが、三年生から今までは三百六十五日中三百六十日は激しい練習をやっています。 だから、一週間中で友達を遊べる時間は五、六時間です。 そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手に

2
『PLAYFUL DIALOGUE』はじめます

『PLAYFUL DIALOGUE』はじめます

こんにちは。 株式会社プロタゴワークスあかねです。 「真夏になったし、とりあえず、そろそろちょっと動きだしますかね」 “何か”を始める時には、そんな風に、つとめて気軽な感じに聞こえるように言う事にしています。 2019年の9月から開催してきた、当社にとっては思い入れの深い『哲学対話』を、諸事情により、2021年6月で一旦休止にしていました。 休止にしたのは色んな事が重なったタイミングだったのもあり、「このまま続けていくと、自分達がやりたかった事とは全く別の方向に行って

3
若手リーダーは「いい人」になるな

若手リーダーは「いい人」になるな

いつもお世話になっております。「わたし・みらい・創造センター (企業教育総合研究所)」専任講師の齊藤です。 以下は先日、ある企業の人事のご担当者から伺った営業現場の話です。 「若手リーダーがメンバーとの関係性に悩んでいる。昇格してリーダーとなってメンバーとの距離感をうまく保てず関係がぎくしゃく…。結果、チームとして機能できていないんだよね」 現場の上長の方は、若手のリーダー育成に頭を悩ませています。 そんな現状を踏まえて、今回は若手リーダーが陥りがちな落とし穴について

6
【研修事例】ビジネスで使える数学的思考の基本 〜早稲田大学オープンカレッジ〜

【研修事例】ビジネスで使える数学的思考の基本 〜早稲田大学オープンカレッジ〜

早稲田大学オープンカレッジ主催「ビジネスで使える数学的思考の基本」 無事に終了いたしました。 DAY1理論篇、DAY2実践編、と分割し、まさに基本を習得いただく内容で提供しました。主なトピックは以下の通り。 重みづけ評価 相乗平均 標準偏差 損益分岐点分析 相関分析 単回帰分析 感度分析 これらの組み合わせによる数学的手法 まさにビジネス数学を網羅した内容と言えるでしょう。そういう意味で、ビジネス数学の入門を学びたい方はおすすめの講座と言えます。来年度も

6
【心理的安全性認定マネジメント講座  第16期】に入学しました

【心理的安全性認定マネジメント講座  第16期】に入学しました

『心理的安全性のつくりかた』著者の石井遼介さんが講師をされている講座です。 この本を読んで、心理的安全性のある組織こそ成果の出る組織だなと思い、さらに学びを深めるために受講を決めました。 第1講を終了し、心理的安全性についての「知識」を学ぶのはもちろんですが、受講生でチームを組み、チームメンバーと試行錯誤しながら「実践知」を共有していく、というのが楽しい学びだなと感じています^^ 住んでいる地域も立場も異なる、初対面のチームメンバーと、「自分達のチームを心理的に安全なチ

4