『ブランカの転生』#8 1章-4

『ブランカの転生』#8 1章-4

王様は執務室に戻ってきました。執務室ではジャックが戸棚の書類をチェックしていました。ジャックは王様が戻ってきたことに気づいて声をかけました。 「休めましたか?」 「……少しは。で?次はなんだ?」 「さすが稀代の賢王様、察しがいいですね。こちらの封筒全部に肉球印お願いします。建国記念パーティーの招待状です」 ジャックはどっさりと積み上がった封筒の山を示しました。王様は面倒そうにしています。 「……印なしじゃだめか?」 「だめです。王国からの招待状ということで出すんで

『ブランカの転生』#7 1章-3(♪:きれいで、ふわふわで、あたたかくて)

『ブランカの転生』#7 1章-3(♪:きれいで、ふわふわで、あたたかくて)

たとえ俺が日々 図書室で難しい本を読んでも 研究所にいる学者の話を聞いても あるいは体を鍛えてみても 天は俺が失くしたものを見つける手がかりを教えてはくれなかった なあ、お前はどこにいるの? もしくは、それはどこにあるの? ヒントをくれよ 失くした記憶の 考え続けてる、どうやったら見えない村へ行けるのかを… 心踊るほど綺麗な何か 雪の結晶のようにも見える ふわふわで、あたたかい何かは、確かに… 記憶のどこかに だけど、未だ霧の中に そんなもの、な

『ブランカの転生』#6 1章-2(♪:きれいで、ふわふわで、あたたかくて)

『ブランカの転生』#6 1章-2(♪:きれいで、ふわふわで、あたたかくて)

ここ(俺の頭上)に王冠があるな たぶん一番の輝きだ この金色のキラキラしてる物は今、俺の物なんだと お前らはこの王冠を頭に載せれば、どんな夢でも叶うのと思うのか? 貴方はとても強いって 貴方はとても賢いって よく出来た美術品みたいに素晴らしい王様だって 彼らがいつも言うほめ言葉 そんなんじゃ熱くなれないんだよ… 冷たい夜風の中、外に立って 地面と木々の匂いを感じていると どうしてか懐かしい気持ちになる これらと、あともう一つ… どんな言葉よりも 心

『ブランカの転生』#5 1章-1

『ブランカの転生』#5 1章-1

さて、あれから十年が過ぎたある夜のこと。 お城の執務室ではこの国を治めている王様が、今日も仕事に明け暮れていました。数年前に代替わりしたばかりの若いオオカミの王様です。 「……では、次。来る建国記念パーティーの警備面について。基本的には例年通りでいいと思いますが……」 一緒に仕事をしているのはネコの大臣、ジャック。王様とは幼なじみです。今年の建国記念パーティー運営についての打合せをしています。 「そうだな。……ああ、でも私服警備の担当は今年の実力で選び直す」 「そうで

『ブランカの転生』#4 序章-4

『ブランカの転生』#4 序章-4

「まあ!ねね、どんな方だった?だわよ」 「ええと……背が高いオオカミで……足もデカくて……」 かつて狼王ロボと呼ばれていた狼は、大変大きくて立派な体をしていました。足も巨体にふさわしい大きさで、その足跡は踏み荒らされていても一目で分かるほどだったと言います。 「頭もたぶんいいぞ!ムズカしい言葉でしゃべってて、オイラ眠くなったぞ……」 人間が知恵と工夫をこらして仕掛けた数々の罠をその優れた頭脳で見抜き、あざ笑うかのように回避し続けました。 「あとこれは聞いた話だけど…

1
製造現場の救世主🦸‍♂️

製造現場の救世主🦸‍♂️

Vol.416 果物を切ったり搾ったり。 農産加工を通して幸せな世界づくりを 目指してます😁 ニャース色々と見ていたら こんなに可愛い記事を発見❣️ 自動走行の宅配ロボ❣️ 株式会社ZMPさん 一言で言うと『最先端』 テクノロジーを駆使した 移動運搬ロボの開発をされています。 ホームページみたけど マジですごい技術 テクノロジーを生かしまくってる。 田中はテクノロジーと共生しているのか⁉️ まだまだ全然ですね💦 相変わらず手作業がほとんどですし そこに誇りも持ってます

3
『ブランカの転生』#1 序章-1

『ブランカの転生』#1 序章-1

広い海に浮かぶいくつもの島々。 そのうちの一つに、様々な種族の動物たちが仲良く楽しく暮らしている王国があります。 王国で暮らす動物たちは 散歩を楽しみ、 オシャレにこだわり、 芸術をたしなみ、 そして仕事に励んでいます。 そんな王国のとあるお金持ちの家に、ビアンカという幼いお嬢様がいました。 ビアンカは真っ白な毛と青い瞳をしている、とってもかわいいオオカミの女の子。 好奇心旺盛で、いろんな物事に興味を示す子でした。 そんなある日のこと。 ビアンカはお屋敷の二階

4
はじめに 考案動機-後編(こんなに早く揃うと思ってなかった)

はじめに 考案動機-後編(こんなに早く揃うと思ってなかった)

前編はこちら 想像以上に早い段階でロボ氏に出くわしたくるみ、もちろんですがお越しいただく運びとなりました。 (余談ですが、ビアンカ様もロボもそれぞれ10回いかないくらいの渡航回数で出会っています) とりあえず家は並べて配置しましたが、このあたりから妄想が激しくなり始めます。 元狼王なんだから、今世でも王様でいいんじゃないかな。 そしたら、我が島は彼の領土かな。 They lived happily ever after.にたどり着くまでには、どんなことがあったのかな。

1
はじめに 考案動機-前編(気ままな無人島生活を送るつもりだった)

はじめに 考案動機-前編(気ままな無人島生活を送るつもりだった)

はじめまして、くるみです。 ツイッターでの知り合い様かもしれませんが、ひとまずここでははじめまして。 私は2021年3月1日に『あつまれ どうぶつの森』、通称あつ森を始めました。 ……発売日直後に始められなかった理由は、当時我が家にSwitchが一台しかなく、私が在宅勤務している間に家族が先に始めてしまったからです。 Switch一台に一つの島しか作れない仕様を知り、本体の購入を試みましたが、その後しばらく入手困難だったのはご存知の通り……。 と、丸々一年遅れになりま

7
百鬼厄除け祈願
+1

百鬼厄除け祈願

1