リカレント教育

最近話題のリカレント。どうせなら自分らで発信しながら勉強しちゃおうぜ、というよくばりプランは実現するのか。

生涯学習とは裏腹に…

昨日もりひろ@ワタシらくしワークシフトと話しているときに、ふと気づいた。人生100年と謳われはじめ、大人が現状に慢心することなく勉強する姿勢を求められる風潮になったわけだが
「何を勉強したいのかが分からない」
「将来のキャリアビジョンがない」
「何にワクワクするのか分からない」
そんな大人が沢山いるんだと。

これ、地方で会社員をやっていた頃の私にそっくりなんですよ。当時は身近に尊敬できる先輩が居

もっとみる
やったね!
2

時事問題⑪

ゴールデンウィークも終わっても、生活・経済は続いて行く、ので、学んでいこう。

① ミャンマーの最大都市は。

→ヤンゴン

② 米、ミャンマー国軍に制裁。具体的には?

→国軍の海外資産を凍結

③ 2月13日、(         )氏、イタリア首相に就任

→マリオ・トラギ

④ 2020年GDP成長率は、通年(    )減となった。

→マイナス4.8%

⑤ 鬼滅の刃新作アニメ年内開始。舞

もっとみる

2021年5月8日



今スキルアップを目指し学び直し(リカレント教育というらしい)を考える社会人が増えているらしい。
皆さん偉いなあ~

そしてそれを後押ししてくれる制度である教育訓練給付制度が紹介されていた。
これを利用すると受講の講座にもよるが費用の50%給与額が受け取れるそうだ。

これはありがたい制度だ。
今は日本全体を見れば残業時間は減り、会社に依存できる時代ではとうになくなった。
使える制度は利用し一人

もっとみる

【学び】定年再就職後学びの目標

最近の趣味No.1は読書です。
嫌いではなかったのですが定年後の過ごし方を考えるに当たり今後何をやりたいのか、次に何かを行うために必要な知識を再度インプットしています。
世の中ではリカレント教育等と言われている学び直しを思えています。

改めて自分のスキルを見直した時、何が世の中的に役に立つのかを考えると客観視(第三者視点)した場合スキルセットがハッキリしないように思えています。

やみくもに勉強

もっとみる
たまには刺激が欲しい!!
4

02-001:手塚治虫の哲学 ペシミズムの目覚め

手塚治虫は、Manga*にストーリーを取り入れたパイオニアとして有名だが、重要なのはその内容である。ストーリーの中に人類滅亡と世界滅亡という壮大なテーマを包み込んで、子供たちへ届けようと試みたのだ。ダイレクトに送り届けるための方法として絵本や小説ではなく(ましてや映画でもなく、)Mangaを選んだことは先見の明があったといえる。

なぜ、このようなペシミズムが芽生えたのだろうか。手塚は、押川春浪、

もっとみる

私と社会を繋ぐもの。 【TW.コラム記事】

※本エントリーは、私が代表を務める、氷見の地域密着型求人メディア・「TomorrowWorks.|氷見で探す、未来の仕事。」で掲載されているコラム記事(「働く」を考える。)の導入部を抜粋したものになります。

.

.

私と社会を繋ぐもの。
姫野知佳さん・氷見市地域おこし協力隊

氷見の海岸線を進もうと考えた時、思い浮かぶのは「漁火ロード」です。

まちの中心部を流れる湊川に架かる栄橋から、南大

もっとみる
また来てね!
2

「一瞬とは、どのくらいの長さなのか?」

 国際基督教大学(ICU)のウェブサイトには、「リベラルアーツ教育を体験する」仕組みが用意されている。体験用のページでは、「一瞬とはどのくらいの長さなのか。」と問われ、考える時間が10秒間与えられた。10秒後に表示されるページでは、「教授陣による回答」として、中国の故事やアジア通貨危機(1997年)などの様々な専門分野の情報に基づいて、「一瞬の長さ」について論じられていた。例えば、「アジア通貨危機

もっとみる

次に自分がすべきことは!?

おはようございます。
少し投稿まで時間があいてしまいました。
ビジネススクールを卒業し、バタバタと実務に追われる日々を過ごしていました。

自身の中で2021年に設定した目標は以下です。
・部署異動した業務に早く慣れ、成果をだすこと
・健康的な生活を行うこと(睡眠時間確保・体重の増減を減らす)
・グローバルなビジネスマンへの準備を進める

各項目それなりの進捗な気がしています。
特に実務面において

もっとみる

00-004:価値とは、何か。

2018年5月。パリに拠点を置くARTCURIALが「Manga*」をテーマにしたオークションを行い、手塚治虫『鉄腕アトム』原画(1ページ)が出品された。私はオークション前日にARTCURIALのInstagramで出品されることを知った。

主催者の推定は、40,000〜60,000€(約600万円)だったが、驚くべきことに予想をはるかに上回る269,400€(約3,500万円)で落札された。こ

もっとみる