ラブレターズ

好きな話、手が大きい人生。

私は身長に比べて手が大きいです。それは、小さい頃からそうでした。

小学生の頃、姉がピアノを習ってまして、ピアノ教室の迎えに行くという母親にくっついて一緒に伺うと、先生が私の手をみて言いました。

「あら、手ぇ大きいねぇ!広げて鍵盤の上に乗せてごらん。うん、やっぱり大きい。すごくピアノ向きの手だよ!」

当時小3だった私は、大人に褒められたことが嬉しくてたまりませんでした。何の自覚もなかった自分の

もっとみる

好きな話、砂丘の魔物。

5年ほど前の夏、うるとらブギーズの佐々木君と地元・浜松に帰った話。

佐々木君は中学の同級生で、今でも近所に住んでいるくらい一緒にいる友人。地元に帰る時はお互いに予定を合わせて帰郷しているのですが、帰った後の地元での過ごし方もほぼ決まっています。佐々木君の車でスーパー銭湯に行き、「さわやか」のハンバーグかラーメン「三太」を食べ、「浜松鑑定団」というリサイクルショップで車内BGM用の中古CD(思春期

もっとみる

好きな話、フラワーパークに坊主が二人。

まだ二十歳になる前の話。

地元でやっていた派遣のアルバイトで、毎日のように「浜松フラワーパーク」に通い、パーク内にあるビアガーデンでウェイター業務をしておりました。

浜松フラワーパークは、見渡す限り花が咲き誇り、景色もよければ香りもよく、自宅から遠く離れたそのバイト先まで送迎ワゴンで1時間半ほどかけて通っておりました。それはそれは今では考えられない遠さのバイト先。なのに、どうして通っていたのか

もっとみる

「笑いの社会学」

皆様は最近、「頬筋の緊縮と呼吸筋のリズミカルな収縮を中心とする特有の生理、情動的表出運動」してますか?

私は最近、難しすぎて放置気味だったとある本と再会しました。こちら。

「笑いの社会学」です。

こちらは、「笑い」を学術的観点から徹底的に論じていこうというすんばらしい本なわけですが、前出の通り、この本の中で「笑い」とは、こうあります。

「頬筋の緊縮と呼吸筋のリズミカルな収縮を中心とする特有

もっとみる

ミュージックスクエアの思い出。

家の整理をしていたら、懐かしい「MD」が出てきました。そんな「MD」にまつわる、個人的に思い入れの強い話です。過去に書いていたブログを二本まとめたもので、長いので、お時間ある時にどうぞ。共感できる方も、「昭和かよ」と思う令和生まれの1歳児も是非読んでみてね。

かれこれ20年ほど前の、中学時代の話。

音楽を聴くと言えば、私はもっぱら「ミュージックスクエア」というNHK-FMのラジオ番組でした。お

もっとみる

東京コントメンin東京グローブ座 スペシャルユニット【溺愛】

東京コントメンin東京グローブ座 スペシャルユニット【溺愛】

ジャージにTシャツ姿の美穂、下手板付き。リラックスしてヨガをしている

明転

学ラン姿の塚本、上手から勢いよく登場

塚「母さん!!」

美「あら、どうしたのナオキちゃん?」

塚「またやったろ!?」

美「ん?」

塚「母さんまたやったろ!!?」

美「はて?」

塚「しらばっくれるなよ!」

美「何のことかしら?」

塚「またジ

もっとみる

整理整頓のススメ。

去年いただいたサクラの香りがするハンドクリームをまだ使っている。「大事に使おう」と心に決めて以来、そのまま、大事にしすぎて家に飾られていた。置き物じゃないのに。置き物じゃないと分かっているのに。今だって机越しに、そのハンドクリームと目が合っている。「あの…何してるんですか??」と言いたげなそのハンドクリームの装丁には、綺麗な桜が舞っている。ごめんなさい、としか言えません。

「おうち時間」の過ごし

もっとみる

ギース&ラブレターズ浅草興行ユニットコント【万引き】

ギース&ラブレターズ浅草興行ユニットコント【万引き】

テーブル×2

イス×4

買い物カゴ×2

商品多数

学ラン×2

覆面

エプロン×2

ロープ

店員A 高佐

万引き高校生A 溜口

店員B 樋口

万引き高校生B 塚本

店長 尾関

万引き犯 馬場

明転

高佐、溜口を引っ張って登場

高「ほら、ちょっと来い」

溜「…」

高「座れ」

溜口、イスに座る

高「出せ」

もっとみる

季節外れの読書の季節、書評全文掲載

「つんどく」「積ん読」「積読」、読まずに積まれた未読本たち。そんな言葉さえ挟み込む形で積まれた本たちを少しずつ消化しております。秋じゃないけど、半強制的に読書の季節がやって参りました。かつての朝読書のように、時間を決めて読んでみるのはどうでしょう。積んでる方も積んでない方も、この機会に。

以下、2020年3月号のテレビブロス・ブロスの本棚に寄稿した書評になります。正確な情報の取捨選択が難しくなっ

もっとみる

自宅感に飽きた方へ。

自宅にいる時間が増えています。

昨日、Netflixで「攻殻機動隊」を観ていたら止まらなくなり、中に出てくる「タチコマ」が泣けるロボとして自分の中に突き刺さり、フィギュアが欲しいなんて思い、ネットオークションをザッピング。泣けるロボ繋がりの流れで「アイアンジャイアント」も検索。アイアンジャイアントの、フィギュアじゃないけどいい感じのロンTがあって、「お、いいじゃん、安いし!あ、でもまあこれは、今

もっとみる