【離婚に徳するお話】本当に、ダメ?

【本当に、ダメ?】 皆様は、「セカンドオピニオン」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 . . すなわち、今、ご相談していらっしゃる専門家の方とは異なる専門家の方にも、意見を聞いてみる、ということ。 . . 実は、同じ業種の「専門家」ですらも、それぞれの専門家により、得意・不得…

アウトプットする理由

モラハラ問題について、1人でも多くの被害者を無くしたいと思っています。 相談員になったりと色んな方法があるけど、 私にとって1番の手段はブログでのアウトプットかな。 数年前、モラハラに苦しみ、子供を連れて逃げ出しました。 逃げ出す前は、こっそり泣きながらモラハラ体験者のブログを読み…

『発達障害』は障害種別と個人差で症状が全く異なります。 基本ASDはこだわりが強く変化を嫌い、ADHDは気が散りやすく変化を好むとされ、真逆です。運動障害(DCD)や、限局性学習症(SLD)、ASDとADHDの合併も多く、30~100人に一人という少なさも理解が得にくい要因です。

父親からモラハラを受けていたときの対処法

モラハラとは、モラルハラスメントのことで、言葉の暴力のことを言います。 こんなことありませんか? ・暴言を吐かれる ・嫌味を言われる ・大声で怒鳴られる ・脅される ・自己否定される これらすべて、モラハラに当てはまります。 この記事では、父親からモラハラを受けていたわたし行っていた…

辛い時、しんどい時

人間どうしても辛い時、しんどい時はある。 でもそれを態度や顔にできるだけ出さないように気をつけたい。そこは意識して治していきたいと最近同僚と話している中で思った。 自分はすぐに顔に出てしまう。それは良い事だと思っていた。自分に素直。正直に感情を出す事。楽しい時、嬉しい時にポジティ…

人間関係に必要なものはリスペクト

男女、女友達、兄弟、上司と部下、先生と患者、おっさんと愛人。 関係性は何でもいいです。人間関係の間にリスペクトがないと崩壊します。 例えば、患者が先生のことを尊敬していたら無断キャンセルはしません。 おっさんが倒産したら愛人は逃げていくでしょう。そこにリスペクトはありません。 金…

「いい子」の弊害

小学校低学年のとき、友達にモラハラ(多分)されたことを思い出した。 筆箱、靴など私が新しいものを買ってもらうとこぞって真似してくるか、それを見て「いいな…。私なんて」とネガティブなことばっかり言ってきた。 毛が薄くていいなとか髪の毛さらさらでいいねとか。私はそれがまるでいけないこと…

【離婚に徳するお話】お子様を連れながらの再婚

【お子様を連れながらの再婚】 連れ子への虐待や、悪くすれば、到底許されざる殺害が、後をたちません。 . . 一体何があったのか…。しかし、これらは、到底許されない犯罪でしょう。 . . しかしながら、いわゆる「連れ子」と、新しい「父親代わり」の人とのトラブルは、よく問題となります。 . …

大きな鳥籠のなかで離婚を考えた話

「離婚するの」 先日久しぶりにお茶をした友人のカホからサプライズ報告をうけた。 私は常々そのご主人が隠れ亭主関白だろうなと思っていたのでそう驚かなかったのだが、驚かずにそれを納得した私に対しカホは「他の子はみんなあんないい旦那さんなのに!?」と言われるのにさすが商売人だわと感心し…

【不倫サレ妻】 「不倫発覚後、弁護士事務所へ直行」

夫の携帯をみて、 夫の不倫が発覚しました。 夫が出勤した後、 すぐに弁護士を探しました。 夫に偽り続けられた私は 不倫が発覚したからと言って 泣いてる暇なんてなかった。 夫の携帯を手元に持ち 女性とのやり取りをひととおり確認し インターネットで弁護士を探しました。 発覚した当日に…