モノ消費

324. コト消費とか言い過ぎじゃない?

もうしばらくになると思うのですが、「モノ消費からコト消費へ」という言葉が生まれました。この頃におそらくちょうどUX(ユーザーエクスペリエンス、ユーザー体験)というものが言われ始めたと思いますので、結構な時間を経てきたことになります。

先日「やっぱりコト消費だ」的なことを少しドヤ顔で言われたのですが、正直言って「おう、・・・で?」という感想を持ったのです。コト消費は絶対に必要であることは間違いない

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!!
2

モノ消費、コト消費、そしてトキ消費へ。

みなさん、こんにちは!

みなさんは、モノ消費からコト消費に、人々の消費形態が移っていることはご存知ですか?

これが、2010年ごろまで言われている物でした。

ですが、最近新たなものが生まれているそうです。

それは、「トキ消費」です。
聞いたことありますか??
ない人がほとんどだと思います。

今回のブログでは、このような消費時流の変遷を扱っていきます。

1970年代から80年代にかけての

もっとみる

「モノ」から「コト」へ、意識を変えてみませんか

今、自分の力で起業、副業何でもいい、お金を稼いでみたいと言う志のある人に向けて、第一歩を踏み出すための武器を身につける、「モノ」と「コト」について考えたいと思います。

私の話になり恐縮ですが、もうずっと以前のことですが、友人とのビジネスの議論になると、毎回、お互いいつも並行線になってしまうことがありました。

それは、こちらが

「ワクワクして商売がしたい、自分がワクワクするものはきっと売れるか

もっとみる
大切なお時間割いて読んで頂きありがとうございます!
6

モノ消費からヒト消費へ

「いらっしゃいませ!こんにちは!2名様ですね!こちらの席にどうぞ!」
満面の笑顔 でご案内! 16時を回っているのにも関わらず、まだ店内は込み合っていた!
「やっぱり凄いですね」
「凄いな!ところでゆういち、このお店なんでこんなに、混んでいるんだと思う?」
「そりゃ!味が美味しいからじゃないですか!飲食店はやっぱり味がすべてじゃないですか!」
「まぁそりゃそうなんだけど!じゃあ、このモールの3階に

もっとみる
スキありがとうございます(^^
2

人を幸せにするのはモノか?コトか?いいえ、○○です。

独身研究家としていつも記事を書いていますが、こう見えてマーケターでもあるので、たまには消費のお話を。

ネットの生中継で商品を売る中国流の「ライブコマース」が日本でも胎動している。日本の撮影現場からライブ配信を通じ、化粧品や日用品などを中国の消費者に直接売り込む仕組みだ。新型コロナウイルスの流行で訪日中国人客が激減し、従来の商流が止まった。そこでコロナ禍の中国で火が付いた新たな販売手法に商機を見い

もっとみる
ありがとうございます! そのハートがモチベーションです!
67

トキ消費が「ステレオタイプ」の意味を真逆にさせる。

近所の人が白黒テレビに群がり、力道山のプロレス技に興奮したあの時代から数十年、どんどんと生活を豊かにする商品が生まれていった。

それは、まさに1を10にする勢いで、新しいデザイン、新しい機能、新しいコンセプトが次々に発明されていく。テレビは白黒からカラーになり、録画機能が付き、2画面表示ができるようになる。車もあらゆる車種が生まれ、スカイラインやロードスターのようなスポーツカーに人々は憧れた。

もっとみる

なぜ高級レストランのテイクアウトは失敗するのか?価格と価値の違いから解説します

新型コロナウイルスの影響により外出が規制され、多くのtoCビジネスは甚大なダメージをうけました。

売上への影響が前年比-50%ならまだいいほうで、TDB(帝国データバンク)の調査によると、2020年5月28日時点で全国192件の※1 「新型コロナウイルス関連倒産」が観測されています。

そのような状況下、飲食店は大打撃をうけEC(ネット通販)、出前、テイクアウト等さまざまな施策を展開しなんとか売

もっとみる
よろしければシェアお願いします!🙏
7

モノ消費からコト消費、そして… 将来経済を考える

久々に経済について、僕の考えを話していきたいと思います。

早速本題へ
モノ消費からコト消費へ変化の傾向があると、近年言われていました。

モノ消費は、商品(モノ)の所有に価値を見出す消費傾向をいいます。これは、従来からある消費傾向で、日常生活に必要なモノを買って、その機能的価値を消費することを意味します。 コト消費は、商品やサービスを購入したことで得られる、使用価値を重視した消費傾向をいいま

もっとみる
スキありがとう!
14

《連続投稿481日目》サブスクとは何か?~時間を買う~

 日経電子版の記事【サブスクで曇る「経済の鏡」 揺らぐ統計、政策に影も】は、所有から利用へと『コト消費』の潮流が進行する中、サブスクリプションとは何なのか、その本質を問い直すきっかけを与えてくれる骨太のリポートだと思います。

 消費のあり方の所有から利用への変化について考えるには、まず、そもそも『所有』とは何なのか押さえておく必要がありそうです――人は何故所有するのか?――。

 そこには、おお

もっとみる
スキありがとうございます!
13

《連続投稿470日目》コロナ後のシェアリングとオンライン化

 日経電子版の記事【コロナ禍、移動シェアサービス直撃 終了や休止相次ぐ】では、新型コロナウイルス感染拡大の直撃を受け、終了・休止が相次ぐ移動のシェアリングサービスがリポートされています。

 オリパラ延期・ロックダウン(都市封鎖)・需要消滅・サプライチェーン混乱・インバウンド消滅・無観客試合・無観客ライブ・医療崩壊リスク……新型コロナウイルスの感染拡大によって、年の初めには想像だにしていなかった事

もっとみる
スキありがとうございます!
13