ミステリートレイン

秋の夜にうってつけの映画〜『ミステリー・トレイン』を観て

『ミステリー・トレイン』(1989)を観た。 作品全体にジム・ジャームッシュの独特なユーモアと哀愁が漂っていて、こんな雨の降る夜なんかにみる心地よい気分になる。 いわゆる特定の主人公は据えられていない。エルビス・プレスリーをはじめとるすアーティストを輩出した街メンフィスを舞台に相互にゆるく関係する3組の人物たちの物語が群像劇風に語られる。 パート1:Far From Yokohama ジュン(永瀬正敏)とミツコ(工藤夕貴)はロックンロールの熱狂的なファンで、はるばる横浜から

スキ
3
+2

「ミステリー・トレイン」の最後に流れた映像は?

 Mystery Train  「ミステリー・トレイン」は、1989年に公開されたジム・ジャームッシュ監督作品です。  ジム・ジャームッシュ監督といえば、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」や「ダウン・バイ・ロー」など、洒落たモノクロ映像とオフビートな感じで、80年代後半のミニシアターブームの火付け役となった監督さんの一人ですね。  「ミステリー・トレイン」は、ジャームッシュ監督の ”カラー映画” であると同時に、永瀬正敏さんと工藤夕貴さんが出演することで話題なった映画

スキ
57

ネオンの美しい映画を見てアウトプットしてみた

こんにちは! 7月に4連休がありましたが皆さんはどう過ごしましたでしょうか? 有意義に4連休を過ごすにはどうしようかと考えた結果、”自宅で映画を鑑賞する”という結果に至りました。私は映画を選ぶ際、映像が綺麗でオシャレなものや、パッケージデザインを重視して選んでしまいます。パッケージデザインに惹かれて4本の映画を選んで観たのですが、その内2本が同じ監督ということに見終わった後に気づきました...笑 そこで今回はそんな観ているだけで美しい映画を手掛けるジム・ジャームッシュ監督の”

スキ
9
再生

平成生まれが好きな50年代洋楽 デタラメ言語炸裂 Screamin' Jay Hawkins「I Love Paris」(1958)

(Cole Porter) 映画「ミステリートレイン」のホテルの支配人役でも有名で、棺桶から登場するパフォーマンスや胡散臭い伝説(笑)で知られるアリス・クーパーやマリリン・マンソン、ロブ・ゾンビといったオカルト系ロッカーの元祖的存在でもある彼が歌うスタンダードナンバー。超個性的な彼が歌うので普通に終わるわけがなく、途中ドイツ人や中国人等のデタラメ物真似を披露、かなり笑えます。

スキ
5

【映画】ジム・ジャームッシュ レトロスペクティブ 2021

ジム・ジャームッシュの映画を初めて観たのは、上京した年の1986年だった。 それまで、決して地方の映画館では上映されず、夜中の番組でしか観ることのなかった単館上映映画。その中でもジム・ジャームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」は、さまざまなメディアで当時話題だった。 荒い白黒の画面。淡々としたストーリー。メディアでは、これが最新のオシャレ映画だと書いてあった。 ストレンジャー・ザン・パラダイス 都会へのあこがれもあってか、私はそれを一人で観に行くつもりだった。そ

スキ
1

ポップコーンは買わない派です。vol.91

ミステリー・トレイン エルヴィス・プレスリーの影に迫る作品? 立て続けにジム・ジャームッシュを観ているので連チャンで取り上げるぜ。 こちらもナイトオンザプラネットの時と同様に同じ時間軸で展開されるオムニバス作品である。 舞台はホテル。 このホテルに泊まる別々の人間の物語の組み合わせ。 この作品もナイトオンザプラネットの時と同様、特に大きな事件が起きるわけではない。笑 それを踏まえた上で、 ホテルに宿泊する際に自分の部屋以外の人間のことを考えることってないし、す

スキ
1

漆黒の特急(ミステリートレイン)

コナンと有希子さんと赤井秀一と阿笠博士とキッドと、 コナンに協力してくれた人の多さ、そして協力者のみんなの連携プレーが、 灰原とベルツリー急行の乗客の命を守ったよね。 ベルツリー急行、いま思えばバーボンとベルモットだから、コナンにとっては安全な人たちだよね。 敵ではなく、どちらかというと味方の人たちだったよね(笑) (ベルモットは灰原をロックオンしてたけど) ジン・ウォッカは列車もろともホームにいる人も巻き込んで爆破しようと考えてた。 それに対し、ベルモットは乗客など関係

何気ない日常からゾンビ映画まで 鬼才ジム・ジャームッシュの美学

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は、1980年代から活躍し続けている鬼才ジム・ジャームッシュによる最新作『デッド・ドント・ダイ』の放送に合わせて、彼のこれまでの作品に注目。映画や音楽をメインに文筆家として活躍する、長谷川町蔵さんにコラムを寄せていただきました。 文=長谷川町蔵 @machizo3000 静かでドライで物悲しい。でもどこかコミカル。  第37回カンヌ国際映画祭でカメラ・ドール(新人監督賞)を獲

スキ
37

【目印を見つけるノート】318. 福島から銀河鉄道で帰ってきたこと

雨ですね。 福島も降っているようですね。 (たまたまニュースで見ました) あんまり降らないでほしいな。 と思ったら結構降っていたのが、10分ほどで嘘のように晴れました。 セキレイの撮影、またも失敗😵💧 雲がすべて吹き飛ばされていくさまに、圧倒されてしまいました。 今日もお仕事は無事に。 えーと、何日かな🤔まるまる2週間ですか。何とかモナリザの微笑??で乗りきっています。マスクなので微笑んでも判別できないかもしれませんが😅 こちらは短期ですので、つつがなく期間を終われる

スキ
37

ミステリー・トレイン