🍊不意打ちみかん、収穫スタート🍊

🍊不意打ちみかん、収穫スタート🍊

@mikan_no_mitchan  \不意打ちみかん注文スタート‼️🍊✨/ ⁡ 不意打ちみかんとは?🍊👇 外皮は緑で 強い酸味をイメージするとは裏腹に、 食べてみると、あら不思議!🤩 甘みと酸味のバランスが絶妙!😋 粒立ちも良く、 フレッシュな柑橘の香りも感じられます✨ 『和歌山でのみ生産可能な品種:YN26』 という本来の名前が覚えにくいので、 イメージとのギャップから、 "不意打ちみかん"と勝手に命名❗️🤣🤣 ⁡ 今年は梅雨入りが早かったり、 お盆

スキ
1
[41]翡翠の実

[41]翡翠の実

マントルが その枝の先に実らせる 翡翠を抱く ミカンの木 ミカンと言えば黄色くまるい姿を想像する。 陽射しを集めたようなその色艶。 まぶしさと甘酸っぱい味を想像して 目を細めたくなる。 彼らは食べられるために魅力的に見えるのか、 食べられたから魅力的に見えるのか。 魅力的になる前の彼らは、 茂る緑の葉の陰に身を潜めている。 その深い緑色に輝く硬い実は、翡翠のようだ。 翡翠は地殻とマントルの境界付近で生じる、 造山運動に伴って形成されるらしい。 ここにその神秘の相似

スキ
8
ワンちゃんを迎えたいけどね

ワンちゃんを迎えたいけどね

 まだ届いていないのですが、ふるさと納税で秋口から冬にかけて「リンゴ」「ミカン」をお願いしている。これは、ワンちゃんが大好物だから頼んだ物です。数か月後に「箱」で届くと思うけど、届いたら寂しさ倍増だよね。  新しいワンちゃんを迎えたい衝動とペットロスを引きずっている自分がいます。とても複雑な気持ち。  どうしたら良いのか?また、どんな犬種が良いのだろうか?なんて考えています。  焦らずにゆっくりと決めて行かないとね、生涯一緒に暮らすのだから。たぶん四六時中一緒になるし、

スキ
21
つぶやきミカン!!

つぶやきミカン!!

スキ
2
デジタル庁の記事を探して、なぜか、noteにたどり着いた。
さて、どう使うべきものなのか?

デジタル庁の記事を探して、なぜか、noteにたどり着いた。 さて、どう使うべきものなのか?

【展示日誌】 9/5 青いミカンが恋しい

【展示日誌】 9/5 青いミカンが恋しい

今日は午前中、リニューアル第一弾のmoni_channelを収録した(みんなきいてね!) 進みは悪いが、ぼちぼちエッセイを直している。作業の合間にだらだらならいいが、ダラダラの合間に作業している、そんな感じた。 最近は朝晩涼しくなって、朝と夜の少しの時間、気持ちも落ち着いて集中できる。今日は久しぶりに晴れたけど、空気の中に、青い早稲のミカンが恋しくなるような、独特の涼しさがが混ざっていて、天気はいいけど、もう秋なのだ、ということを思い知らされた。雨が降っている間に、そのさ

スキ
1
ミカンの実
+1

ミカンの実

散歩しているとミカンの木に青いミカンの実がなっていました。 実のなる季節になりましたね。

スキ
8
23.【孫正義との出会い】第2話:みかん箱という小さなステージでのスピーチ、理想から現実にしてきた伝説的演説。

23.【孫正義との出会い】第2話:みかん箱という小さなステージでのスピーチ、理想から現実にしてきた伝説的演説。

▼目次 1、続き.... 2、夢を全力で公言する 3、孫正義は、行ったことをやる人「有言実行する人」 ~前回までのあらすじ~ 【続き....】 孫さんが、ソフトバンクを立ち上げた直後の、 有名な話しがあります。 この話し、僕が非常に好きなんですが。 本気でデカい夢を追いかけ、 本気で仕事に立ち向かっている孫正義さん。 あの「小さなステージ」"みかん箱"の上から 当時雇われていたアルバイト社員2人に、 言い放った言葉。 【みかん箱からのコミットメント】 〜〜〜〜〜

スキ
14
🌤 適 当 に ぶ ら ぶ ら す る 👣

🌤 適 当 に ぶ ら ぶ ら す る 👣

適当にぶらぶらする 皆さん、適当にぶらぶらするのはお好きですか❓ 私は人生の大半を適当にぶらぶらして過ごしてきました👣 まあ、そんなものです、人生なんて💡 さて、今日も適当にぶらぶらしましょうか🌤 ダイソー 適当にぶらぶらの定番スポット、それが …  ダ イ ソ ー だ ❗ しかしまあ、寝袋が1000円で売られていたのは衝撃的だったかな スマホ拡大スクリーンは200円 巣ごもりの需要かな❓色んなものが売ってますね🎮 飯を食う 腹が減ったので飯を食いましょう🤤

スキ
107
ミカンのお屋敷

ミカンのお屋敷

 家に戻る途中、とある屋敷の前を通りかかる。庭にはミカンの木が立ち並び、黄色く色づいたミカンを、たわわに実らせていた。  固く閉ざされた鉄格子の間から顔を覗かせ、なんとかしてあれを取ることはできないだろうか、と思案する。  すると、ガラガラと音を立てながら正門が開いた。中から、きちんとした身なりの使用人が現れ、つかつかとわたしの前まで歩み寄る。 「もしよろしければ、お屋敷のほうへどうぞ、そう主人が申しております」使用人はぺこりと頭を下げた。 「いいんですか? じゃあ、お言葉に

スキ
2