ブランドづくり

「なぜこうなったか」より「今なにをすべきか」を。

むかし、大学生の頃。
大切な発表会のときに、忘れ物をした同期がいました。

彼女は「どうして忘れてしまったんだろう…!」と大慌て。
そんな彼女に、私たち友人がかけた言葉は
「それより、今どうするか考えて!」でした。

この事件はなかなかに強烈な記憶として残り
私は心で「なぜ忘れたのか事件」と勝手に命名し
以後、肝に銘じているのです(笑)

ついつい「どうしてこうなった」ばかり考えてしまう。

なぜ

もっとみる
\うれしい♡/がんばります(*^^*)
4

「らしくない」に抱く、違和感を見逃さない。

お気に入りの文具があって、シリーズで揃えたいなと思い、そこの公式サイトに行ってみたある日。
「◯◯と、◯◯するとき…」というようなタイトルと、それらしき素敵な写真があったので、もちろんそのリンクを押しました。
わくわくしながら。

私はてっきりその先に、タイトルにあったシチュエーションでの物語かなにかが書かれていて(または素敵な写真の続きがあって)
私の好きな文具が、ストーリーとともに紹介されてい

もっとみる
\♡感謝♡/また読みに来てくださいね♡
5

こぼれ落ちた言葉のカケラに、ブランドが潜んでいる。

お客様とブランドづくりについてお話するとき、よくお願いするのが

「とにかくたくさん言葉にしてください」

です。
宿題的にお願いすることもありますが、どちらかというと対面カウンセリングのときや、チャットをしているなかで拾い上げていくほうが
より良いものが出てくる感じです。
やっぱりね。対話だいじ。

そして、お話している方の頭は、どんどん妄想モードになっていきます。
理想、夢、目指すところ…とい

もっとみる
\うれしい♡/ありがとうございます:D
4

KABAK's「かばもとけいこ」のプロフィール

プロフィール

フリーランスのブランディングカウンセラー/デザイナー。カウンセリングで《迷える思考と感情と情報を整理》し、個人・企業のお悩みを解消。Web・印刷・文章・インテリアまでトータルにデザインとして落とし込み、《三方良しのブランドづくり》のサポートをしている。札幌在住。

略歴

●「スキル」フェーズ/出会い:恩師
教育大学にいながら教員を目指さず、恩師に教えてもらったHTMLをメモ帳書く

もっとみる
\うれしい♡/ありがとうございます:D
1

KABAK's ブランドデザインオフィス - お仕事について

このページをご覧いただき、ありがとうございます!
KABAK's(カバックス)の「かばもとけいこ」です。

できること

・ウェブデザイン(HTML,CSSでのコーディング/WordPressオリジナルテーマ制作/NoCodeツールを利用したサイト制作/ECサイト制作)
・印刷物デザイン(Illustrator/Photoshop/InDesign)
・SNS運用(Instagram/LINE公式

もっとみる
\うれしい♡/ありがとうございます:D
2

Branding Book Summary.#007

Branding Book Summary.
by Ken Kona

実績豊富で机上の空論ゼロのブランド戦略家が
片っ端からブランディング本を読んでみた。
#007
『小さな会社のはじめてのブランドの教科書』
(高橋克典著 / ダイヤモンド社)

これ一冊でぜんぶわかる!、
というサブタイトル。

同じブランド戦略の専門家としては、
「はじめて」読むブランド戦略の入門書
としてはオススメしませ

もっとみる

Branding Book Summary.#006

Branding Book Summary.
by Ken Kona
実績豊富で机上の空論ゼロのブランド戦略家が
片っ端からブランディング本を読んでみた。
#006
『小さな会社を強くするブランドづくりの教科書』
(岩崎邦彦著 / 日本経済新聞出版社)

中小企業ならではの
「企業ブランディング」を
期待させるタイトルだけれど、

実際中身は終始
「商品ブランディング」の
基礎や調査結果が書かれ

もっとみる

-自己紹介- 私自身について。

初めまして!現在23歳の A Y A N E / 彩音 です。

2020年6月に新卒で入社し、1年3ヶ月働いた大手IT企業を退社したタイミングでこのブログを書き始めることにしました。

転職先は、鎌倉を拠点としてチョコレートブランドを作っている会社(社員40人程度)です。

ブランド会社で働きながら、に、なりますので、更新頻度はまばらになってしまう時もあると思いますが、マイペースに記事を更新して

もっとみる

僕の世界観を広げてくれたブランド 「ARIAKE」 -3-

今回は、ARIAKEブランドが、僕の世界観を変えてくれた3つのことの2つ目「デザインとブランディング」について書きたいと思います。

前回の記事は、こちら。

固定観念という悪。

ARIAKEメンバーとのワークショップを通じて一番感じたことです。

いかに僕らが、狭い世界で生きているかということに気付かされました。

今までの僕らは、なんとなく業界内の流れに沿って、商品の形や、大きさ、パーツ構成

もっとみる

僕の世界観を広げてくれたブランド「ARIAKE」 -2-

前回は、「ARIAKEブランドとは」について書きました。

今回は、ARIAKEブランドが僕の世界観を広げてくれた、3つのことについて書きたいと思います。

1.英語が話せるようになりたい。

ARIAKEプロジェクトがスタートしてすぐ、日本人2名、8名の海外デザイナー、フォトグラファー、グラフィックデザイナーが佐賀にやってきました。1週間という期間で、家具のデザインからプロトタイプを作って、検証

もっとみる