アンノーンブックス/出版社

「未だ見ぬ、価値観を。」をテーマに、書籍の発行・発売、D2Cブランド事業、個人や企業のブランディング、課題解決、PR等を行う渋谷の出版社。最新刊『何度だって生き直せ』等の出版をはじめ、D2Cアパレルブランド「neam」やクラウドファンディング「netsuryo」の運営等を行う。
    • 「本ってこうやってつくるのか!」全公開
      「本ってこうやってつくるのか!」全公開
      • 10本

      日々続々と店頭に並ぶ新刊の荒波に、真っ向から打って出ることを決めた僕たち編集部の航海日誌を発信。1冊の本が生まれるまでのプロセスをリアルにお伝えしていきます。

    • SNSからD2C、ライブ配信までのリアル
      SNSからD2C、ライブ配信までのリアル
      • 4本

      これから起業したい人や副業をはじめたい人、自分自身の軸足となる生き方を探していきたい人、とくに女性に向けて、SNSやD2C、ライブ配信といった、今どきのデジタルビジネスやインフルエンサー事情についてお話ししていきたいと思います。

    • 武器としての「編集思考」
      武器としての「編集思考」
      • 7本

      長きに渡り編集長として雑誌や書籍を編んできた編集者としての視点や、変化の時代において自分らしく生きるためのスキルでもある「編集思考」についてお伝えしていきます。

固定された記事
+3

UNKNOWNBOOKS「note」をはじめます

アンノーンブックス代表の安達智晃です。こんにちは。 アンノーンブックスは、20年以上に渡って雑誌や書籍の編集を生業にしてきた僕と、「TREND CORD」というインフルエン…

「本づくり×クラウドファンディング」という挑戦 #10

こんにちは、アンノーンブックス編集部です。 7月30日に発売になったレゲエ・ユニット「MEGARYU」のボーカリスト、RYUREXさんの初著書『何度だって生き直せ』。 「たった…

必要としている人に、確実に本を届ける方法 #9

こんにちは、アンノーンブックス編集部です。 このマガジンのテーマは「1冊の本がどうやってつくられるのか?」。これまで、僕らの本づくりのプロセスをゼロからリアルに…

あなたは、誰に、どうなってほしいか? #8

こんにちは、アンノーンブックス編集部です。 これまでお伝えしてきた、レゲエ・ユニット「MEGARYU」のボーカリスト、RYUREXさんによる初著書のタイトルは『何度だって生…

テーマが大事とかよく聞くけど、テーマが何かを言える人は案外少ない #7

こんにちは、アンノーンブックス編集部です。 UNKNOWNBOOKSレーベルからの新刊、レゲエ・ユニット「MEGARYU」のボーカリスト、RYUREXさんの初の著書は2021年7月に発売され…

私たちは、なぜ「shopify」なのか、なぜ「LOGILESS」なのか #4

2020年12月、新宿ルミネエストにて初出店し、大盛況に終わったアパレルブランド「neam」のPOP UP SHOPに続き、先日はコロナ以降、はじめて大阪でPOP UPを開催しました。 …