トクサツガガガ

ゴールデンボンバーとぺこぱ

にわかファンであるが、鬼龍院さんと松陰寺さんが大好きである。

ゴールデンボンバーは女々しくてしか知らなかったが、トクサツガガガの主題歌に琴線が触れた。

昨日疲れ果てて死にそうなとき 助けてくれたのは~からの歌詞は絶妙で、当時体力仕事で疲れ果てていた私の応援歌となり、仕事中に口ずさんでいた。

端から見たら、ちょっとヤバい人だったらしい。

ぺこぱは年末のM-1で初めて知った。
今年も優勝は上沼

もっとみる
ありがとうございます!
3

ショウジョマンガガガ(その2)

※この記事は、およそ12分で読めます※

 はい、続きです。
『トクサツガガガ』について、ことにドラマ版について書くべきことがあったにもかかわらず、前回はそれについて述べることができないまま終わってしまいました。
 というわけで、前回記事を未読の方は、本エントリの前にお読みいただくことを強く推奨します。
 また、これ以前に本作について述べた記事、『フェミナチガガガ』*1を併せて読まれますと、より内

もっとみる

ショウジョマンガガガ

※この記事は、およそ13分で読めます※

 おもちゃのカンヅメクルクル回ってまっ可愛い!
 というわけでこんにちは、森永チョコボールを買って銀のエンゼル五枚か金のエンゼル一枚を送ったら、いまだにおもちゃのカンヅメをもらえると知って驚愕している兵頭新児です(『トクサツガガガ』風イントロ)。
 でも、このおもちゃのカンヅメって元々は「男の子向け/女の子向け」に分かれていたんですよね。ところが今ちょっと

もっとみる
スキありがとうございます
7

フェミナチガガガ(その3)

え~と、すんません。
 本作のメインテーマである「母との葛藤」について、今回まとめるつもりでおりました。
 というのも前回記事を書いた時点では単行本の15巻までしか読んでおらず、この巻は母との最終対決直前で終わっており、最新刊である16巻を読んでから、次の記事に手をつけよう……というのがその時の計画でした。
 が!
 いざ読んでみると、16巻では(仲村さんの帰省にかこつけ、つきあった)吉田さん、北

もっとみる
嬉しい!
5

フェミナチガガガ(その2)

こんばんは、先日、特撮オタク仲間と飲んでいて『トクサツガガガ』の話になり、「女性の特撮ファンは我々以上に大変ですよねえ」などと言われ、軟弱にも適当に調子をあわせてしまった兵頭新児です。
(『トクサツガガガ』的イントロ)
 いや、だらしないとお思いかもしれませんが、別段そこまで深いつきあいのあるわけでもない相手です。まるで仲村さんが職場では特撮オタクである自分を必死になって隠しているように、こちらと

もっとみる
よければコメントもしてね
3

風邪っぴきの逆襲  2019/05/04

日記

・今日はかなりいろいろあった。

・まず、昨日オンラインで購入したエボニー・マウのレジェンドを取りに秋葉原へ。

・すごい。出来が良すぎる。マウってこうしてみると、かなりスタイルが良い。冷凍イカのくせをして。

・顔、顔がすごい。そしてブラックオーダーがここ最近一気に揃い始めた。残すはカルオブシディアンのみだが、かなりハードルが高い。善意だけで動いている人が3000円くらいで急に譲ってくれ

もっとみる
替え玉受験させていただきます!

連休日記 オタク編

さて、連休も折り返し。

明日は資源ごみの日なので、今日は書類とか紙類の整理を。一年分はいるかな、と置いといたやつをさらにふるいにかけて捨てる感じ。次男の部屋もこないだかなり片付けたので、明日は置き場まで何往復かしら。

----------

昨日は渋谷に映画を見にというか映画館でのトークショー目当てに出かけてきました。3/30の静岡以来。てほぼひと月に一回会っている…これはボイメン全体よりも高

もっとみる
ありがとうわたしもスキ!!
12

フェミナチガガガ

はい、令和初の更新です。
 いや、軽~く……と思っていたのが、また長ったらしくなってしまいましたが……。

 本作については今までも時々、口に出すことがあったかと思います。
 もちろん、あまりいい評価をしてはいませんでした。
 記憶で書きますが、当ブログでの本作について語る時の論調は、「オタク女子」ものコンテンツのワンオブゼムとして、という感じだったでしょうか。
 十年ほど前まで、オタクコンテンツ

もっとみる
スキありがとうございます
5