松谷信司@キリスト新聞

1976年福島生まれ。TV局勤務の後、教員を経て転職。「バイブルハンター」「ピューリたん」を企画。宗教と中二病をこじらせたオタクリ。著書に『キリスト教のリアル』(ポプラ社)、『宗教改革2.0へ』(ころから)。プロブロガーのヨスさんと「世界はもっと生きやすい」ゼミを不定期で開講中。

松谷信司@キリスト新聞

1976年福島生まれ。TV局勤務の後、教員を経て転職。「バイブルハンター」「ピューリたん」を企画。宗教と中二病をこじらせたオタクリ。著書に『キリスト教のリアル』(ポプラ社)、『宗教改革2.0へ』(ころから)。プロブロガーのヨスさんと「世界はもっと生きやすい」ゼミを不定期で開講中。

    マガジン

    • 「キリスト新聞」電子版(バラ売り用)

      「キリスト新聞」(月3回発行)の電子版を1部ずつ購入したいというご要望にお応えし、メルマガの記事文末に紙面PDFをアップしました。ご購入いただいた方のみダウンロードできます。定期購読をご希望の方は、ホームページよりお申し込みください。

    • 講演資料集

      各地でお招きいただいた際の講演に関する資料、音声データなどを公開いたします。少しでも何かのお役に立つことができれば幸いです。

    • 雑誌「Ministry(ミニストリー)」掲載記事など

      キリスト新聞社刊の雑誌「Ministry(ミニストリー)」で2009年の創刊から3年にわたって連載された企画「日本の説教者」のインタビューダイジェスト版。

    • 学校教育トンデモ見聞録

      自身が生徒、教師、保護者として体験した学校教育にまつわる雑文を集めました。

    • 震災で問われたもの~キリスト教メディアの視点から

      震災から3年。私たち宗教メディアは、独自の視点から有益なメッセージを発信してこられただろうか。「世の無常」と「神のみ旨」を説きながら、問題の本質にどれだけ迫れただろうか。この国の民は、宗教指導者は、教会は、何を学び、どう変えられただろうか。震災で露呈したキリスト教界を含む宗教界の脆弱性と真摯に向き合いつつ、あらゆる「境界」を乗り越えて課題を克服するための筋道を探る。

    最近の記事

    「キリ新」電子版 2022年9月21日付(メルマガ 第156号)

     9月19日夜、エリザベス女王国葬が日本国内でも中継され、一般市民の注目も集めていたようです。特にキリスト教式の葬儀になじみのない日本人にとっては、聖書、祈り、賛美歌が頻出する礼拝の形式は新鮮だったのではないでしょうか。教会建築や賛美歌の荘厳さに圧倒される声も多数聞かれました。今回もtogetterでまとめてみたのでご参照ください。今回も最後までお付き合いください。 https://togetter.com/li/1947272 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本

    有料
    440
      • 「キリ新」電子版 2022年9月11日付(メルマガ 第155号)

         安倍晋三元首相の「国葬」をめぐり、キリスト教を含む宗教界から異議を唱える声が相次いでいます。一方で、女王エリザベス2世の逝去に伴い、国による弔い方の違い、政治と宗教の関係性の違い、英国国教会の特殊性などが新たな論点として注目を浴びることになりそうです。  本紙では引き続き、統一協会問題に関する検証をさまざまな角度から行っていく予定です。同時に、現役の神学生・福島慎太郎さんによる連載「14歳からのボンヘッファー 」を始めました。当面、ネット限定で掲載していく予定です。第1回

        有料
        440
        • 「キリ新」電子版 2022年9月1日付(メルマガ 第154号)

           「夏休み」はいかがお過ごしでしたでしょうか。久々に行動制限のない長期休暇でしたが、新型コロナの新規感染者数も変わらずに高止まりが続いています。そんな中で次々と明らかになる旧・統一協会と政治家との癒着の問題。今後、どこまで真相を明らかにし、関係を断ち切ることができるのか。先月半ばにはあるTwitterをきっかけに、期せずして「キリスト新聞」が注目される記事が公開されました。Yahoo!ニュースで紹介された際には、3,000件を超えるコメントも寄せられました。 高市早苗大臣 

          有料
          440
          • 「キリ新」電子版 2022年8月11日付(メルマガ 第153号)

             第2次岸田改造内閣の顔ぶれが発表になると同時に、旧統一協会の田中会長が1カ月ぶりに会見しました。現役信者が被っているとする被害を一方的にあげつらい、名称変更についてもこれまでの主張を繰り返すばかりで新しい事実や反省などを口にすることはありませんでした。キリスト教を名乗るカルト的な組織の実態について、続けて追及を続ける責任を痛感しています。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウンロードできます。 *noteから「キリスト

            有料
            440

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 「キリスト新聞」電子版(バラ売り用)
            松谷信司@キリスト新聞
          • 講演資料集
            松谷信司@キリスト新聞
          • 雑誌「Ministry(ミニストリー)」掲載記事など
            松谷信司@キリスト新聞
          • 学校教育トンデモ見聞録
            松谷信司@キリスト新聞
          • 震災で問われたもの~キリスト教メディアの視点から
            松谷信司@キリスト新聞
          • 「キリ新」メルマガ
            松谷信司@キリスト新聞
            ¥300

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「キリ新」電子版 2022年8月1日付(メルマガ 第152号)

             安倍元首相の銃撃事件が思わぬ波紋を広げています。自民党を中心とする保守政治家と統一協会との蜜月、そして選択的夫婦別姓、同性婚、性的マイノリティの権利擁護に対する反対運動、「反共主義」との政策的一致が次々と明らかになっています。さまざまな論点がありますが、オウム事件の教訓を活かし、宗教への忌避感を募らせて終わることだけは避けたいと願っています。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウンロードできます。 *noteから「キリ

            スキ
            1
            有料
            440

            「キリ新」電子版 2022年7月21日付(メルマガ 第151号)

             安倍元首相銃撃の実行犯による供述などから、当初「特定の宗教団体」としていた組織が統一協会であることが一斉に報じられ始めました。一方で、安倍元首相をはじめとする政治家との癒着についての追及は媒体によってかなりの温度差が見られます。特に殊更「無関係」であることを強調しようとするコメントや記事が散見される点、そして非業の死を遂げた故人の礼賛と「国葬」を当然視する空気に強い危惧を覚えます。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウ

            スキ
            1
            有料
            440

            「キリ新」電子版 2022年7月11日付(メルマガ 第150号)

             痛ましいショッキングな事件が起きてしまいました。奈良市で街頭演説中の安倍晋三元首相が白昼、聴衆の目の前で凶弾に倒れるという誰も想像だにしなかった参院選直前の出来事。「特定の宗教団体に恨みがあり、安倍元総理がこの団体と近しい関係にあると思い狙った」という容疑者の証言から、統一協会との関連についても指摘されています。選挙結果とあわせて今後の趨勢を注視したいと思います。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウンロードできます。

            有料
            440

            「キリ新」電子版 2022年7月1日付(メルマガ 第149号)

             2017年7月1日号から紙面をリニューアルして丸5年が経ちました。かつて大判の縦書きだった本紙を知る人も、少しずつ少数派になってしまうのでしょう。さまざまな物価の高騰を受け、印刷・出版業界も厳しい選択を迫られています。引き続き皆様のご支援、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。  なお、過日の北海道出張に続いて9/23(金)~9/25(日)で長崎、佐賀、福岡近辺でのご用命も募集中です。ぜひ気軽にお声がけください。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本

            スキ
            1
            有料
            440

            「キリ新」電子版 2022年6月21日付(メルマガ 第148号)

             明日6月22日公示、7月10日投開票の参議院選挙が始まります。複数の政党から「クリスチャン」の候補者が立候補を表明していますが、「同じ信仰者だから」という単純な理由だけでなく、それぞれの主張、政策をよく見極めた上で行動できればと願っています。そして毎度、投票権を持つことが未だ許されない国内の「隣人」にも思いを馳せつつ……。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウンロードできます。 *noteから「キリスト新聞」電子版を1

            有料
            440

            仁義なきキリスト教雑誌の世界(『福音と世界』創刊70年に寄せて)

            (『福音と世界』2022年6月号への寄稿)  錚々たる面々に肩を並べて創刊七〇年に寄稿できるような立場でないことは重々承知の上で、日ごろお世話になっているご近所のよしみもあり、依頼を断り切れずに筆を執っている。業界歴もたかだか十数年の若輩者が、七〇年にも及ぶ長い歴史について語る言葉は持ち合わせていないが、新聞だけでいえば七〇年以上の伝統を背負ってしまった同業の身ではあるので、現在地から見える景色について述べてみたい。

            有料
            100

            一番弱い人が一番可能性を持ってるんだよ

            *恵泉女学園大学 C-week(2022.5.18)での礼拝メッセージ「恵みの泉」再録版  「キリスト新聞」という業界紙を通じて、キリスト教にまつわる国内外のニュースを日々発信している松谷信司と申します。私にとっても久しぶりの対面礼拝ですが、オンラインと比べていかがでしょうか。倍速で繰り返し見られないのは難点かもしれませんが、今日の概要はSNSでもアップしますので、ぜひそちらをフォローしてレポートのための復習にご活用ください。  入学礼拝以来、チャペルでの礼拝は初めてとい

            スキ
            9

            「キリ新」電子版 2022年6月11日付(メルマガ 第147号)

             北海道札幌市からお届けしております。いよいよコロナ禍が落ち着きつつある中、遠方への出張も再開し始めました。今月は札幌キリスト教連合会様のお声がけを機に、帯広、室蘭にも足をのばして学校、教会、幼稚園で話をする機会をいただいています。地方教会の現実にも寄り添いつつ、全国、全世界共通の普遍的な課題にも迫っていきたいと願っております。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウンロードできます。 *noteから「キリスト新聞」電子版

            有料
            440

            北星学園女子中高校チャペル礼拝 メッセージ「ガチャの中にある愛~神様の伏線回収」

            ※試聴版です。オリジナル版(15:55)は購入後に視聴できます。

            スキ
            2
            有料
            100

            「キリ新」電子版 2022年6月1日付(メルマガ 第146号)

             すでにSNSではご報告しておりますが、5月末をもって現在の早稲田オフィス(AVACOビル6階)を撤退し、6月1日より再び飯田橋の新小川町(キリスト教文書センタービル4階)でリスタートすることとなりました。電話・Fax番号は変更ありません。引き続きご愛読、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウンロードできます。 *noteから「キリスト新聞」電子版を1部ずつ購入できるようになりました

            スキ
            1
            有料
            440

            「キリ新」電子版 2022年5月21日付(メルマガ 第145号)

             誤って振り込まれた給付金を使い込んだとして逮捕された男性が、自宅や卒業アルバムまで引っ張り出されて糾弾されています。当然、誤りと知った上で使ってしまったお金は返還すべきでしょうが、メディアもこぞって一市民を吊るし上げる空気に狂気すら感じます。政治家による公金の私的流用、政治の私物化、「モリ・カケ・サクラ」をめぐる疑惑、使途不明のコロナ対策費……いずれもここまで熱心に追及してきたでしょうか。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末

            スキ
            3
            有料
            440

            「キリ新」電子版 2022年5月11日付(メルマガ 第144号)

             芸能人の訃報が相次いでいます。誰もが知る著名人なだけに、悪い「連鎖」が起きないことを願います。人前で常にさらされ「イメージ」と向き合うことの苦悩など、「一般人」には想像もつかない特殊な環境が影響しているのかもしれません。ご遺族、ご関係者の上に慰めと平安を祈ります。今回も最後までお付き合いください。 *電子版の紙面PDFは本記事のご購入者のみ本文末からダウンロードできます。 *noteから「キリスト新聞」電子版を1部ずつ購入できるようになりました。ご利用ください。 ■ 最

            スキ
            3
            有料
            440