ダークツーリズム

Le tourism noir

「ダークツーリズム」というものをご存知であろうか。もちろん、何時がしかの厨二病の輩が造り上げた、キっモイ言葉ではない。

詳しい説明は、引用文に任せたいと思う。

井出明という観光学者によれば、ダークツーリズムとは、「人間の悲しみや苦しみの記憶を巡る旅をダークツーリズムといいますが、戦争や災害、環境破壊、原発事故といった近代文明の「限界」をとらえなおす旅」のこと。(井出、2019)

いわゆる娯楽

もっとみる
私のメタメタにマニアックな文章にスキですか!?
5

2020年3月福島取材⑫/震災遺構

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

歩道のない道をダンプに幅寄せされながら、請戸のマリンパークなみえ到着。昨年11月に、近くまで来ながら人目を気にして入れなかった場所。工事現場や解体現場等で働く作業員が意外とこちらを無視するということに気付いた僕は、今回はなんとなーく入ろうと決めていた。

もっとみる
ありがとうございます。
9

Pearl

恋をください 抱きよせたら
影もなくぼくらは消えてゆくのさ

届くことのない叫び声が
潮騒を切り裂く がらす瓶のように

きらめく季節の終わり
告げるこの夜のとばり
なにもできずに闇のそばにいさせて

恋をください くちづけても
遠ざかる心が しじまをやぶる

廃屋に背をあずけたまま
最果てを待つ呼吸はふるえていた

きらめく季節の終わり
告げるこの夜のとばり
言葉たくみに き

もっとみる

ナルシス

だって泣いたってしょうがないじゃん
シャレんなってない
ダメなんだもん

もうね 笑われたって
そんなイミないんじゃない
しゃくだけど

ナンデナンデきみはナンデ
んんgirl
魔法みたいに光ってるの
ぼくからぜんぶとってくの
hey! うらやまshe ジェラシー

ザンゲザンゲきみにザンゲ
んんgirl
火星みたいに光ってるの
ぼくからぜんぶとってくの
hey! なれなれshe ア

もっとみる

FRUIT WATCHING

雨あがりをすべりだそう
水しぶきときみを背に
まわれよ ふたつの車輪
さびついた夏がきしむ

無邪気なフルーツの かぐわしさ クラクラ
ありふれたゆうまぐれ 8月末

右曲がりにくだる道
さるすべりは影の波
戻れよ ふたつの針 んんララ
よみがえる あの日のきみ

みだらなフルーツで からだをよじらせて
ふりむけばきまぐれ 秋がせまる

虹色果実をくれ あまいベイビー
きたいはずれ

もっとみる

オカルト

せつない日曜日 アイスを一口
葡萄に染まる 家路をたどる
ジェミニをさがして 見上げりゃアダムスキー
きみも見たかい 砂漠の雪のように消えたのさ

まわり道をして帰ろうよ
でこぼこ道もいとわない
日本沈没を回避せよ
愛のぬけがら ユウ ・エフ・オー

気だるい陽射しを浴びて駆け出し
未来世紀の影を追うのか
最後の林檎をほおばるきみが好き
ミルクセーキの思い出こぼれてゆく
この夜に

もっとみる

ベッドタウンボーイ

あなたの言葉が まだ耳にのこる
すべり堕ちていけたら どんなにいい
さらなる未来のことなど 歌いたくはない

奈落の底からにじんでくるような ナーヴァス・ブレイクダウン
計画都市にかかる未曾有の虹をさがして
ひとりでに歩きだすよ

まぶしげに僕は その髪にさわる
すべてを途切れさせる気がしたのに
結局はわすれてしまう 明日がくれば

砂漠の底から笑いかけるような ナーヴァス・ブレイクダ

もっとみる

サンダーソニアの黄色い太陽

ボウリング場のゲートから
涙のビーズをバラまいて
灼けつく夜までひとりきり
ああ ぼくはひとりきり

Yellow
そ、そんなばかな話はないね
Yellow
こ、こんなハズじゃないハズなのに

正気じゃないのさ この針は
あの娘の土手までつづいてる
ミサイルずくしの空のうえ
ああ ぼくはひとりきり

見えないぼくのお日さま
消えないぼくのお日さま

関越シャドウ

あちらに見えますのは 白い団地のようだ
遠くにそびえるのは ほの暗い昼下がり

んんララ 退屈ばかり
んんララ 関越ドライブ

あきらめかけてるような 顔つきの運転手
奇々怪々なかばんを ヒザに乗せている少女

んんララ 相づちばかり
んんララ 酸欠ドライブ

左車線に恋がながれ
追い越し車線に愛がせめぐ
踊りませんと誘うは雨
もうきみをおもいだせない

ぼんやりと描く空 まだ

もっとみる

市営住宅〜Dystopia Lovesong〜

はいベイビー 今日もまだ燃えたぎってるのさ
たいていはいつも消えかかったりして
次のお休み 昼には起きてファミレスいこうよ

はいベイビー カラダもクルマも錆びてる
庭の植木もヒゲをのばしてる
たまに晴れたら テレビはやめて空を飛ぼうじゃない

ぜいたくに悩みたい
ぼくのそばにおいでよ
退屈しのぎを待ってるあの娘と
いびつなプレシャス
計画はからまわり
でもちょっと笑っておいてよ
退屈しの

もっとみる