おおきに有難う御座います(*'▽')
1

東京グランドキャバレー物語★14 お待ちかねのヌードショー

ドラムの激しく鳴り響く合図と共に、ステージの下手から一人の女性が登場した。
華やかな白いジャケットにミニスカート、金銀キラキラしたブーツ、手には、銀色の長いスティックを握っている。
ウェーブのかかった頭には、カントリーハットを被っていて、西部劇でに出て来るイメージなのだろうか。

可愛いい!!

こんな若くて可愛い子がヌードダンサーだなんて、グランドキャバレーのステージのギャラは、破格なのだろうか

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
4

東京グランドキャバレー物語★12 お客さん同士のケンカ騒動

喧嘩が始まるのは、些細な事が原因である。
エレベーターで肩が触れたのに謝りもしないとか、あそこにいる奴が俺を見て笑っているとか、どうでもない事で客同士のこぜりあいが始まる。
そして、それは時に大爆発となるのだが。

どしゃぶりの雨の金曜日、福をいつも指名してくれる金森さんがいらした。
「いらっしゃいませ~。お足元の悪い中ようこそ。」
「福ちゃんの顔を見に来ましたよ!」
金森さんは、ご機嫌で店に入っ

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
6

東京グランドキャバレー物語★11 初めての同伴

皆勤賞で無遅刻の私は、毎晩七時にお店に入る。出勤時、慌ただしく店に近づくごとに鬼の形相に変わって行く女性達の意味がわかった。タイムカードがあり、1分遅れても遅刻になる。機械は正直で温情はない。
私の顔も必死の形相で小走りに。だって遅刻しそうだから!

ある日ゆっくり八時に入って来るホステスさんがいた。お客さんと一緒にお店に入る女性たちは、特別なのかしら?と不思議に思っていたら、それは同伴と言うシス

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
6

東京グランドキャバレー物語★10 ナンバーワンホステス 雀さん

「福ちゃん。」
「ハイ。雀お姉様。」
私は時々、源氏名にわざとお姉様を付けて呼ぶ時があった。
福を可愛がってくれる優しい女性だけに、おねえさまを付けようと決めていて私の見えないランク付けだ。
雀さんは、東北出身で着物姿が艶やかで、数多いホステスの中で群を抜くほど美しい人だった。
雀さんに声をかけられると、わくわくする自分がいる。

今夜の雀さんのお客さんの席に呼ばれるのだろうか?
お客さんを待つ、

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
7

ヴァイマル共和国とキャバレー

寝る前に、ヘカテの頭の中に、いつも出てくるキャバレーがあります。

それが実際にどこの国でいつの時代なのか。

重い腰を上げてしっかりと考えることにしました。

頭の中にあるイメージの多くって、小さい頃にみた映像の影響が大いにあると思うので、映画を元に、調べていきます!!!

ただ、調べているうちに、これ前世でヴァイマル共和国いたんじゃねえかってくらい頭の中にあるキャバレーのイメージとそっくりだっ

もっとみる
今夜、アストラル界でお会いしましょう!
17

第78話 キャバレーに行ってみたかった。

今日は、朝からめちゃめちゃ寒い。

四国は、この秋、最低気温らしい。

こんな日は、やっぱり、温かくしたい。

娘の習い事の送迎のついでに、買い物をすませ、小さな酒宴。

熱燗とポテトお湯割り。

体が、ほんま温まる。

録りだめしている番組。

大好きなドキュメント72時間を観る。

『歌舞伎町 さよなら人情キャバレー』

こんな寒い日に見るには、ちょうどいい。

人情とキャバレー、どちらも惹か

もっとみる
ありがとうございます✨😁この瞬間を大切にします✨
1

東京グランドキャバレー物語★9 昔の恋の話

「実はさ昔、あの娘にね、惚れられちゃって。」
鈴木と言うお客さんが、話しだした。

「ほら、あそこを歩いてる弓香。あの子、凄く情熱的でイヤ~参った、参った。」
「はぁ。」

「彼女も昔は、可愛かったんだよ。今は、もうなんだけどね。あの時代は良かったよ。」
「はぁ。」

「ほら、あそこの今、踊ってる子、澄江だったかな。あの子もね、俺の事を好きだとか言っちゃって、イヤ~困った、困った。」
「はぁ。ずい

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
6

私の居ないCafe Streamline【20.10.12】

day 167

■東京 晴時々曇

ストリームラインは当面の間、臨時休業です。
10月12日は(毎月12日)パンの日でした。コッペパンは日本独自のパンで、戦中から終戦直後にかけて、主食のコメの代用品としてにコッペパンが配給されていました.。配給パンはクーポンと引き換えだったので、クーポンパンと呼ばれ、それが訛ってコッペパンになったという説もあります。

Cafe Streamline is

もっとみる
有難うございます!!
1

東京グランドキャバレー物語★8 ダンス・ダンス・ダンス!

ダンスを踊ろうと決意はしたものの、スポットライトが眩しいフロアーに出る勇気が私にも必要だ。

それも一人ではなく、パートナー、つまりお客さんと一緒に行かなければならない、どうしたものか。

それに、難しいダンスなんて絶対に無理。ゴーゴーとかディスコダンスとかステップなしのでお願いしたい。

しかし心配は無用でありました。よくよくダンス群団を見ていると、体を揺らすだけの簡単な音楽で踊っている。少し難

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
9