久恒 啓一

ひさつね けいいち。

久恒 啓一

ひさつね けいいち。

    マガジン

    • 久恒啓一の「幸福塾」

      「幸福論」の世界的名著を書いた「ヒルティ」「アラン」「ラッセル」。日本人では、「努力論」の幸田露伴、「九幸翁」の杉田玄白、「処世術」の本多静六などをはじめ、内外の3000人にのぼる幸福をめぐる名言とその人の生涯を解説、分析しながら、話し合う参加型の塾です。

    • 久恒啓一の「図解塾」(梅棹文明学)

      図解塾塾長は、久恒啓一(多摩大学特任教授)。 全体と部分、構造と関係を鳥瞰できる「図解」は文章地獄と箇条書き信仰で汚染された世界を一新する基本ソフト(OS)です。図解という新しい武器で理解力・企画力・伝達力を磨き、世界を軽やかに疾走しよう。入門編では、毎回、目からウロコの講義を展開します。

    • 久恒啓一の「名言との対話」

      日本近現代の偉人たちのの生涯と絞り出した名言から学ぶマガジンです。 誕生日や命日を切り口に、2016年1月1日から毎朝書き続けています。 2000日を超えてきました。「日本の精神」がここにあります。 2021年は「大正から昭和へ」がテーマの誕生日編。 2022年は「明治生まれ」がテーマです。

    • 自分出版社協同組合

      • 6本

      本を出したい人は、自分で出版社を作ろう。オンデマンドでも電子書籍でも、コストなしで自分で出版出来ます。

    • 深呼吸学部・参加型社会学科

      • 35本

      深呼吸学部・参加型社会学科 学科長 田原真人 ●日程 2022年1月5日から2月23日まで、毎週水曜日20時30分から22時まで。 第一期8回限定。 ●内容 毎週1回、田原講義(30分)議論(60分)の授業 *橘川は通常は参加しません。質問や背景説明など、ゲストとして呼ばれる日がある時に参加します。 ●参加費 1期8回(2ヶ月)で1万円。 *途中参加でも金額は変わりません。 *深呼吸学部の正規受講生は無料で受講出来ます。 ●開設趣旨 *参加型社会の実践と理論を追求してきた橘川幸夫の書籍を最初から読んで解説と議論を行う。

      • 久恒啓一の「幸福塾」

      • 久恒啓一の「図解塾」(梅棹文明学)

      • 久恒啓一の「名言との対話」

      • 自分出版社協同組合

        • 6本
      • 深呼吸学部・参加型社会学科

        • 35本
      • すべてのマガジンを表示

    最近の記事

    「名言との対話」12月1日。大塚武三郎「これで何か後世に残るもの、我々だけのものでなく、皆さまと共有できるものをつくろう」

    大塚 武三郎(おおつか ぶさぶろう、1891年(明治24年)12月1日 - 1970年(昭和45年)9月30日)は、日本の実業家。 徳島県鳴門市出身。29歳で大塚製薬工業部を創立。長男の正士は5歳の時、「うちの工場ってこんなに小さいのか」と問うと、「おお、今は小さいけれどそのうちに親方の工場より大きくするぞ」と言われている。武三郎は「私の事業歴に後退という記録はない」と言っていたとおり、倒産の危機に見舞われた戦後の混乱期から、50年以上にわたり、不屈の精神で乗り切っている。

      • 「名言との対話」11月30日。長谷川如是閑「日本は職人の国としての国柄を持っている」

        長谷川 如是閑(はせがわ にょぜかん、1875年(明治8年)11月30日 - 1969年(昭和44年)11月11日)は、日本のジャーナリスト、文明批評家、評論家、作家。 東京都江東区木場出身。明治小学校、島本小学校、坪内逍遥の塾、中村正直の同人社、共立学校、明治法律学校、東京英語学校、東京法学院予科、国民英学会、東京法学院英語法学科、そして1898年に東京法学院邦語法学科を卒業。 卒業後、1903年から3年間に陸羯南の日本新聞社で活動、1908年には村山龍平の大阪朝日新聞

        • 「名言との対話」11月29日。田中絹代「私は役をやるうえで、監督から痩せろと言われれば痩せ、太れと言われれば太ることができます」

          田中 絹代(たなか きぬよ、1909年11月29日 - 1977年3月21日)は、日本の女優、映画監督。 山口県下関市出身。琵琶の師匠になるはずが、途中で映画女優を志望するようになり、1924年に松竹に入社。その年に主役に抜擢される。1928年には人気スターになり、1929年、松竹蒲田の看板スター。1931年から始まったトーキー時代も看板スターだった。1938年の『愛染かつら』は空前のヒット作となった。 清純派女優であったが、戦後は汚れ役に挑戦するようになる。日米親善使節

          • 「名言との対話」11月28日。寺田寅彦「興味があるからやるというよりは、やるから興味ができる場合がどうも多いようである」

            寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 - 1935年(昭和10年)12月31日)は、日本の物理学者、随筆家、俳人。 高知県出身。東京帝大物理学科を出て東京帝大教授になる。物理学者でもあったが、熊本の五高時代から夏目漱石門下でもあり随筆家、俳人としても著名な人物である。 寺田寅彦は、1923年の関東大震災以後は、東大の地震研究所に移って地震の研究に没頭した。寺田もまた関東大震災によってその後の生き方に影響を受けた一人だった。寺田の名言「天災を忘

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 久恒啓一の「幸福塾」
            橘川幸夫 他
            ¥1,000 / 月
          • 久恒啓一の「図解塾」(梅棹文明学)
            橘川幸夫 他
            ¥10,000 / 月
          • 久恒啓一の「名言との対話」
            久恒 啓一
          • 自分出版社協同組合
            橘川幸夫 他
          • 深呼吸学部・参加型社会学科
            橘川幸夫 他
            ¥10,000
          • 久恒啓一の「名言との対話」(平成命日編)
            久恒 啓一

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「名言との対話」11月27日。松下幸之助「自分には自分に与えられた道がある」

            松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 - 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家、発明家、著述家。松下電器産業(現・パナソニック)の創業者。 大阪西三荘の松下幸之助メモリアルホールを訪問して感じたことは、松下幸之助は哲学、考え方、そしてそれを表現する言葉がすばらしい、ということだ。「経営の神様」松下幸之助については、経歴を語るよりも、言葉を拾うことにした。名言というより、金言と呼ぶべき言葉の数々である。 以下にその一部をあげ

            「名言との対話」11月25日。石本他家男「トッププレイヤーと言うのは、トップレベルのユーザーである」

            石本他家男(いしもと たかお 1901年11月25日ー1988年5月27日)は、デサントの創業社長。 石川県出身。大阪で丁稚奉公をしたのち、1935年、ツルヤを創業。1957年、デサントブランドを創設。翌年スポーツウェア事業の石本商店を設立。1961年、社名を変更し株式会社デサントとする。当初はスキー、その後野球、スケート、自転車競技などに広げていった。1970年代のプロ野球チームのほとんどはデサントのユニフォームになった。1980年東証第一部に上場。海外ブランドの代理店事

            「名言との対話」11月26日。野村かつ子「戦うところから何かが生まれる」

            野村 かつ子(のむら かつこ、1910年11月26日 - 2010年8月21日)は、生活協同組合の組織など、消費者運動に取り組んだ日本の社会運動家。享年99。 京都市に西陣出身。同志社女子専門学校で学ぶ。在学中に結婚し、卒業後に二人の子をもうける。夫の野村治一葉1937年に亡くなってる。同志社大学では社会事業と倫理学を学び、賀川豊彦らの薫陶を受ける。1942年に卒業。 戦後に、日本生活協同組合、婦人有権者同盟に参加し、主婦連合会の創設にも参加して居る。1957年からは総評

            「名言との対話」11月25日。石本他家男「トッププレイヤーと言うのは、トップレベルのユーザーである」

            石本他家男(いしもと たかお 1901年11月25日ー1988年5月27日)は、デサントの創業社長。 石川県出身。大阪で丁稚奉公をしたのち、1935年、ツルヤを創業。1957年、デサントブランドを創設。翌年スポーツウェア事業の石本商店を設立。1961年、社名を変更し株式会社デサントとする。当初はスキー、その後野球、スケート、自転車競技などに広げていった。1970年代のプロ野球チームのほとんどはデサントのユニフォームになった。1980年東証第一部に上場。海外ブランドの代理店事

            「名言との対話」11月24日。川合玉堂「日曜も絵を描くし、遊ぼうと思えばやはり絵を描く」

            川合 玉堂(かわい ぎょくどう、1873年(明治6年)11月24日 - 1957年(昭和32年)6月30日)は、日本の明治から昭和にかけて活躍した日本画家。 愛知県一宮市出身。筆墨紙商の長男。14歳で京都の四条派・望月玉泉の門に入る。3年後に円山派・幸野楳嶺の画塾「大成義会」に入る。第3回国内勧業博覧会で入選。17歳で「玉堂」と改号。 23歳、上京し橋本雅邦に師事。岡倉天心創立の日本美術院には当初から参加した。1907年、文展審査員。1915年、東京美術学校教授。1917

            「名言との対話」11月23日。久米正雄「微苦笑」

            久米 正雄(くめ まさお、1891年(明治24年)11月23日 - 1952年(昭和27年)3月1日)は、日本の小説家、劇作家、俳人。 一高時代から菊池寛(3つ上)と芥川龍ノ介と親しかった。この3人の師匠は夏目漱石であった。「牛のように図図しく進んで行くのが大事です。文壇にもっと心持の好い愉快な空気を輸入したいと思ひます。それから無闇にカタカナに平伏するくせをやめさせてやりたいと思います」とある。 これは大正五=一九一六=年八月二十四日、芥川龍之介・久米正雄(25歳)宛書簡

            「名言との対話」 11月21日。三原脩「覇権を握るのは難しい。覇権を持続することはさらに難しい。しかし一度失った覇権を奪回することはさらに難しい。」

            三原 脩(みはら おさむ、1911年11月21日 - 1984年2月6日)は、のプロ野球選手・監督・球団経営者。 香川県仲多度郡神野村(現:まんのう町)出身。選手の調子・ツキを見逃さない慧眼の持ち主で、周囲の予想を超える選手起用・戦術で知将とも呼ばれたプロ野球の監督である。 セ・パ両リーグで日本シリーズ制覇、3球団での優勝、監督として最多の3284試合の采配という記録の持ち主である。だが、三原は記録よりも記憶に残る監督だった。 攻守走の三拍子そろった選手ではなく、代走、

            「名言との対話」。11月22日。谷口雅春「考えを発展してくれるなら、我が教えも、我が人生も無駄ではなかったと思う」

            谷口 雅春(たにぐち がしゅん・まさはる、1893年〈明治26年〉11月22日 - 1985年〈昭和60年〉6月17日)は、新宗教「生長の家」創始者。 兵庫県神戸市出身。早稲田大学文学部中退し、大本教の専従活動家となる。出口王に三郎の『霊界物語』の口述速記、機関誌の編集主幹を歴任。1922年の第一次大本事件を機に脱退。1922年、「今起て!」との神の啓示を受けて、『生長の家』の執筆に着手する。ニューソート(自己啓発)流の成功哲学を世界に広めようとした。 1949年、宗教法

            「名言との対話」 11月21日。三原脩「覇権を握るのは難しい。覇権を持続することはさらに難しい。しかし一度失った覇権を奪回することはさらに難しい」

            三原 脩(みはら おさむ、1911年11月21日 - 1984年2月6日)は、のプロ野球選手・監督・球団経営者。 香川県仲多度郡神野村(現:まんのう町)出身。選手の調子・ツキを見逃さない慧眼の持ち主で、周囲の予想を超える選手起用・戦術で知将とも呼ばれたプロ野球の監督である。 セ・パ両リーグで日本シリーズ制覇、3球団での優勝、監督として最多の3284試合の采配という記録の持ち主である。だが、三原は記録よりも記憶に残る監督だった。 攻守走の三拍子そろった選手ではなく、代走、

            「名言との対話」11月20日。田嶋一雄「難有り有難し」

            田嶋 一雄(たしま かずお、1899年11月20日 - 1985年11月19日)は、日本の実業家。ミノルタカメラ(現:コニカミノルタ)創業者。 和歌山県海南市出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本電報通信社(現在の電通)に入社。関東大震災を機に、神戸市で父が経営する田嶋商店に入社した。1927年、父にすすめられて中近東、東欧への日本商品旅商団の一行に入り6カ月の旅に出る。行程終了後、同郷の日疋誠(仏国通商パリ支配人)を訪ねる。フランス第一の光学兵器会社を見学したとき、「光学

            「名言との対話」11月19日。今村善次郎「セメダイン」

            今村善次郎(いまむら ぜんじろう 1890年11月19日ー1971年1月6日)は、発明家、経営者。 富山県高岡市出身。1907年、17歳で上京。仕事を転々としながら夜間中学を卒業した。1910年代に自分で製造した家具用ワックスや靴墨、またイギリス製のメンダインを販売していた。今村は「国産の接着剤」をつくりたいと、このメンダインに対抗してチューブ詰めの化学のりの開発を試みて、1923年に成功した。日本初の合成接着剤として製造販売を開始した。セメダインAは耐水性と耐熱性に弱点が

            「名言との対話」11月18日。ジョージ。ギャラップ「I could prove God statistically. 」

            ジョージ・ホレース・ギャラップ(George Horace Gallup、1901年11月18日 – 1984年7月27日)は、抽出調査の技法を開発したアメリカ合衆国の調査実務家で、世論調査に用いられる抽出調査の統計学的技法によって成功したギャラップ調査(Gallup poll)の創始者。 アメリカアイオワ州出身。応用心理学博士。大学で教えながら、1932年から大手広告会社で、印刷媒体やラジオの需要についての調査にかかわる。どんな広告が影響を与えているかという効果や、コミッ