マガジンのカバー画像

久恒啓一の「名言との対話」

431
日本近現代の偉人たちのの生涯と絞り出した名言から学ぶマガジンです。 誕生日や命日を切り口に、2016年1月1日から毎朝書き続けています。 2000日を超えてきました。「日本の精神… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

「名言との対話」8月12日。一万田尚登「一かどの人間になっているかの錯覚を無意識に…

一万田尚登(いちまだひさと、1893年(明治26年)8月12日 - 1984年(昭和59年)1月22日)は日…

久恒 啓一
1日前

「名言との対話」8月11日。吉川英治「夫婦の成功は、人生の勝利です。人間の幸福なん…

吉川 英治(よしかわ えいじ、1892年〈明治25年〉8月11日 - 1962年〈昭和37年〉9月7日)は、日…

久恒 啓一
2日前

「名言との対話」8月10日。藤原あき「清い政治、明るい社会、美しい国土」

藤原 あき(ふじわら あき、1897年8月10日 - 1967年8月8日)は、日本のタレント、政治家。享年…

久恒 啓一
3日前

「名言との対話」8月9日。麻生豊「二度と再びこの痛苦を子供や孫に味あわせたくない」

麻生 豊(あそう ゆたか、1898年(明治31年)8月9日 - 1961年(昭和36年)9月12日)は日本の漫…

久恒 啓一
4日前

「名言との対話」8月8日。長谷川周重「人生は一生挑戦の連続である」

長谷川周重(はせがわ のりしげ、 1907年8月8日 - 1998年1月3日)は、日本の実業家。 熊本出…

久恒 啓一
5日前

「名言との対話」8月7日。マタ・ハリ「わたしが求めていたのは幸福などではなく、フラ…

マタ・ハリ(Mata Hari)ことマルハレータ・ヘールトロイダ・ゼレ(Margaretha Geertruida Zel…

久恒 啓一
6日前

「名言との対話」8月6日。長与善郎「人間として一方弱いところがなかったら、人生は分からないでしょう」

長与 善郎(ながよ よしろう、1888年(明治21年)8月6日 - 1961年(昭和36年)10月29日)は、日本の小説家、劇作家、評論家。 東京出身。長与家は肥前大村藩の漢方医の家系。内務省初代衛生局長・長与専斎の五男。長兄は医師で男爵、次兄は実業家、三兄は病理学者で東京帝大総長、四兄は同盟通信社初代社長。 学習院に入り、1911年、に志賀直哉や武者小路実篤らの同人誌『白樺』に参加。東京帝大文学部英文科に入学するが、実篤から熱心に文学の道に進むよう説得されれ、翌年退学し

スキ
6

「名言との対話」8月5日。壺井栄「桃栗3年 柿8年 柚子の大馬鹿18年」

壺井 栄(つぼい さかえ、旧姓:岩井、女性、1899年(明治32年)8月5日 - 1967年(昭和42年)6…

久恒 啓一
8日前

「名言との対話」8月4日。田島ナビ「子・孫・曾孫・玄孫(やしゃご)・来孫(らいそん…

田島 ナビ(たじま ナビ、1900年〈明治33年〉8月4日- 2018年〈平成30年〉4月21日)は、没年117…

久恒 啓一
9日前

「名言との対話」8月3日。岩崎小彌太「資本家は利潤追求を目的とするが、経営者は利潤…

岩崎 小弥太(いわさき こやた、1879年(明治12年)8月3日 - 1945年(昭和20年)12月2日)は、…

久恒 啓一
10日前

「名言との対話」8月2日。速水御舟「梯子の頂上に登る勇気は貴い。再び登り返す勇気を…

速水 御舟(はやみ ぎょしゅう、1894年(明治27年)8月2日 - 1935年(昭和10年)3月20日)は、…

久恒 啓一
11日前

「名言との対話」8月1日。木下杢太郎「科学も芸術も其の結果は世界的のものであり、人…

木下 杢太郎(きのした もくたろう、1885年(明治18年)8月1日 - 1945年(昭和20年)10月15日…

久恒 啓一
12日前

「名言との対話」7月31日。柳田国男「お祝いなぞしてはならん。これを機会に共同研…

柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日…

久恒 啓一
13日前

「名言との対話」7月29日。重光葵「願くは 御國の末の 栄え行き 我が名さけすむ 人の多きを 」

重光 葵(しげみつ まもる、1887年(明治20年)7月29日 - 1957年(昭和32年)1月26日)は、第二次世界大戦期の、日本の外交官・政治家である。 大分県安岐町出身。第五高等学校から東京帝大法学部を卒業し、外交官となる。1929年上海領事。1931年駐華公使(満州事変)。1932年、上海で行われた天長節(天皇誕生日)の祝賀式で「式台に並んだ重光葵公使らが"君が代"の斉唱中、爆弾が投げられた。爆発で下半身を強打され、重光は倒れた。右脚がちぎれるように痛い」(豊田穣「孤

スキ
3