カンヌライオンズ

カンヌで最も価値のあるチタニウム部門グランプリまとめてみた PART 2

前回の記事では2012年のグランプリをまとめたので、このnoteでは2012年~2019年のカンヌライオンズ チタニウム部門グランプリをまとめていきます。

※前回記事はこちら

2013年チタニウムグランプリ:「Real Beauty Sketches」

■Company
Dove

FBIで犯罪捜査用の似顔絵を描いている似顔絵画家に、女性が顔は見せずに、言葉だけで自分の言葉だけで顔を説明して

もっとみる

カンヌで最も価値のあるチタニウム部門グランプリまとめてみた PART 1

この記事ではカンヌライオンズ(正式名称:カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル)の中で最も価値のある部門として知られている「チタニウム部門」のグランプリをすべてまとめています。

そもそもでチタニウム部門とは??

※カンヌライオンズについては以下公式サイトをご覧ください

チタニウム部門は「刺激的かつ、全く新しい次元を切り開く斬新なアイディアを賞賛するため」に2005年から常設

もっとみる

地球人失格な私が考える「善意のエコスシステム」

こんにちは。デジタルマーケティンググループの森川です。

DMGでは、毎週水曜日、チームメンバーでデコンストラクションを行なっています。デコンストラクションって何?って思った方は下記の記事をご参照ください。

今回デコンストラクションしたのは、カンヌライオンズ2019クリエイティブ・イーコマース部門でグランプリを獲得したDoconomy社による「DO BLACK - THE CARBON LIMI

もっとみる
(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡
8

『ブランドフューチャーフィット』と外部不経済

今日は個人的に新しく提唱したい概念について書きます。その概念とは、タイトルの通り『ブランドフューチャーフィット(Brand Future Fit)』です。略称はBFFですかね。

今回はブランドフューチャーフィットについて、どうゆうことかという点と、なぜ意識していかなければいけないのかという点を考察してみます。

※こちらいつもの通りですが、完全なる個人的な見解です。「ファイナンス編まだ?」と思っ

もっとみる
嬉しいです!!シェアも是非!!fromきむかず
7

VR機材の広告の主人公にダチョウが起用されたわけ。

こんにちは!DMG(デジタルマーケティンググループ)の中川です。

ナディアDMG(デジタルマーケティングチーム)では、
週に1度、世界のクリエイティブ事例を題材にしたデコンストラクションを行っています。

今回、2017年のカンヌライオンズにて7つもの賞をとった、SamsungのOstrichという広告についてご紹介致します。

「不可能を可能にせよ」をテーマに作られた広告。

空を飛べない鳥、

もっとみる
レジ袋有料化されましたね。Nadiaエコバッグを使いましょ。
7

カンヌで日本初のデザイン部門グランプリに輝いたのは”ハムスターのかわいい電気”?

コンセプトは「見えない電気に姿を与えるプロジェクト」愛しさを感じる、21の方法で充電された、21本の電池にまつわるが伝えるメッセージ

こんにちは!DMG(デジタルマーケティンググループ)の高橋です。
今回、私は2016年のカンヌライオンズにて日本初のデザイン部門のグランプリを受賞した「Life is electric」(ライフ イズ エレクトリック)をご紹介します。

「Life is elec

もっとみる
おそろいのTシャツをプレゼント!(2019のナディアグッズ)
11

【プレゼン原稿】ヤングカンヌ国内GOLD/日本の採用におけるジェンダー課題

日本のビジネスにおける採用過程でいかにジェンダーバイアスを取り除くか。
…という課題に対するアイディアを、ヤングライオンズコンペティションという広告コンペで検討しました。

結果としてデジタル部門の国内戦で優勝できたので、ここにその時の資料(提出したイメージボードやプレゼン原稿など)を置いておきます。プレゼンは英語で大変でしたが、原稿の日本語訳も載せています。
「私たち人類は、盆栽のように価値を見

もっとみる

「Go back to Africa」ヘイト投稿をAIが自動検出すると…

外国にルーツを持つ人達に、「国へ帰れ」と最低のヘイトスピーチを浴びせかけることは、日本だけではなく世界各国で問題になっています!

DMG(デジタルマーケティンググループ)の佐藤です。
今回は、2019年カンヌライオンズでCreative Data部門でグランプリになった
「Go back to Africa」をご紹介します。

北米地域では、平均するとTwitter上で3分に1回「Go back

もっとみる
ありがとうございます!Nadiaウォーターをどうぞ!
7

cannes LIVEと過去作品で見る未来の広告

カンヌ勉強会2020はリモート開催

毎年有志で開催されているcannes lions勉強会(cannes lionsは以前カンヌ広告祭と呼ばれていました)。今年はcannes自体は中止、受賞作品は来年発表になったのですがcannes LIVE、今流行のウェビナーにて開催されました。(写真は私が2013年カンヌに行った時に撮影)

 https://lionslive.canneslions.co

もっとみる
あなたのスキが創作意欲に繋がります!ありがとうございます
12

難しい事抜きにして広告祭「カンヌライオンズ2019」を写真で振り返る

世界最大規模の国際広告賞であるカンヌライオンズ。
毎年フランスのカンヌ市で開催され、クリエイティブに携わる人々が世界中から集うとても大規模なイベントです。

今年はコロナの影響により現地での開催は中止に…しかし、そこは流石のカンヌライオンズ。誰でも参加可能で閲覧無料のオンラインイベントが22〜26日まで実施されていました。
私は忙しさに感け全くスケジュールを追えていなかったので、他の方のレポートを

もっとみる
わーい!ありがとうございます!
6